カテゴリー「07.あきらと出歩く」の記事

熊本の手引き vol.1

こんばんは、圭です。

「今日は熊本旅行の記事を書きます」と
夕飯の鱈ちりをつつきながら宣言したところ、
我が彼女あきらさんから。



「さあて、ほんとに書けるかなー」

と、「書けないに賭ける」かのような所感をちょうだいしました。
きのう記事を仕上げずに
寝落ちしたことを根にもっているご様子。

たのしみにしてくれていたんだよね、すまぬ。


※熊本旅行の記事は日記100%、レズ臭ひかえめです。

続きを読む "熊本の手引き vol.1" »

ドラクエライブスペクタクル

こんばんは、圭です。

題のとおりですが、テレビでも大々的に宣伝されていた、
かのライブツアーに行ってきました。

我が彼女あきらさんは、ドラクエ大好き。
一方わたしは、けちょんけちょんの未プレイ勢。

ライブとして、ショーとして、
ゲームを知らないひともたのしめるものだと信じつつ、
ここはドラクエを知っているひとを巻き込んだほうがもっとたのしいだろうと、
「HEAVEN'S??」のネバヤさん&ユキちゃんカップルをお誘いします。

応じていただいて、レズ4人で観劇。
あきらさんは、ドラクエのパーティと人数が同じだとて、大喜びです。


そうだ、我がブログに
「ネバヤ ブログ どうなった」で検索して飛び込んでくる方々、
少なくないんですけれども、ここは本家ではありませんよ! ごめんね!


物販のために前夜入りして、朝7時半から並びます。
なんの気なしに記念で買ったTシャツは、
場内で服の上から重ねて着ると
寒がりのわたしにはちょうど良かった。ほかほか。


※すこし内容に触れるので、閲覧注意!

続きを読む "ドラクエライブスペクタクル" »

酔ってかないと

こんばんは、圭です。

この週末はほとんど雨が降らず
やっとまともに洗濯物が干せた気がします。
取水制限するほど水不足だとメディアは言うけれどほんとうかいな。実感ないな。

さて、そんな夜。



あ「圭さん、これに行きたいです」



あきらさんが、新聞の切り抜きを持ってやってきました。
我らが居住区から電車で数駅、地元のひと向けの小さな催しの案内です。


「ビアガーデンde酔って夏夜バザール」


「夏」は「か」、「夜」は「ナイト」と読ませ、「よってかないと」ですって。

場所の助詞「で」とフランス語の前置詞「de」
酒に「酔って」と立ち「寄って」

掛けて凝って、ずいぶんとこんぐらがった名称のイベントだけれど
それはさておき、ビアガーデンとな。ビアガーデン!


Sakura_2

 
近所の人々がゆるりと集まり、小さな屋台がぽつぽつ。

大車輪で唐揚げや焼き鳥を売るおじさんのとなりで
手作り雑貨や手相見が風呂敷を広げているのです。

生演奏のジャズを聴きながら
大人はプラスチックカップでビールを呷る。
子どもはポケモンを探して走り回る。

我々は、ほんのりアウェー。
そんなイベントでした。
 


あ「いい夕涼みだね」

圭「外で飲むビールうまい」



夕飯の用意はしなくて良いし、祭り、最高。
あとあれね、ビールうまい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

レズ、若者のコンサートに行く

こんばんは、圭です。

あきらさんと、地元大学の管弦楽団の演奏会を聴きに行ってきました。

直接の縁は皆無、まああえて言えば「地元の」という意味で地縁がありますけれども、それだけの団体。ふたりのどちらにとっても、母校でもなんでもなく。

ただ、あきらさんの就職祝いを食べに行った焼き肉屋で
レジの女の子が「良かったら行きませんか?」とチケットを譲ってくれたのでね。

そのかわいさに釣られてせっかくのいただきもの、有効活用しようとおもいまして。
クラシックのコンサートなんて、久しく行っていないし。



あ「それに曲目も『ニュルンベルクのマイスタージンガー』だしね」



そうだね!

我が彼女あきらさんは、友人に
「あきらさんの顔を見るとニュルンベルク!って感じがする」と言わしめたゲルマン式の骨太さを誇ります。
故郷の音楽、聴きに行きましょ。


で。
むろん主役は学生なので、客席はほとんど学生さんたちの親世代、友人世代。
我々くらいの半端なアラサーはあまりいなかった印象です。


演奏が若い! わたしら、もう彼らと10も年が違うんだよ。

第2幕は金管が疲れてきていた気がするけど、がんばっていたねえ。

いまの若い方々はどんどん足が長くなっているね、もはや日本人体型とは…て絶望するよね。

客演のアンコール長すぎじゃない? 舞台上で待ち続けた学生さん偉い。

指揮者の先生の愛を感じるなあ、特に良かったのはホルンです、トランペットです、さあ起立して、ああもうみんな良かったよ良かったよ、ていう盛り上げ方がさあ。



あ「部外者なのに、完全に親戚のおばちゃん的な見方をしちゃったね」



子どもをもたぬ我々は。
今日ものんびりと、地域に溶け込むおばさんでいるよ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

そのデート観に異議なし

こんばんは、圭です。

あきらさんと、上京デートしてきました。

行き先は、六本木。
目的は、舞台鑑賞。

ゲームを舞台化した「ダンガンロンパ THE STAGE」を観たのであります。


※いつにも増してマニアックです。

続きを読む "そのデート観に異議なし" »

横浜市にぎわいづくり委員会

こんばんは、圭です。

ここ1年くらい、我が彼女あきらさんと、ちょくちょく寄席に行っています。

小学生のころから落語が好きだった、
でも「ものがたり」として好きだったのであって、
生で聴いたことはなかったのだけれど、
彼女のおとうさんが連れ出してくださって、
今ではすっかり定期行事になっているのです。

あきらさんの好きな落語まんが『昭和元禄落語心中』の
作者が栃木県出身で、そのことにまた縁を感じてしまったりなんかして。


で。
昨日もまた、出かけましたる横浜にぎわい座。

「大型連休だってのに、こんなにたくさんお運びいただいて、他に行くところねえのか!」と噺家にいじられながら、ぞんぶんに笑って笑って。

「任侠流山動物園」、これが特にね。

虎の餌として動物園に連れて来られながら「頭からでも尻からでも、好きなところから食いやがれ」と啖呵を切った豚を、上野のボスパンダが気に入って子分に取り立ててやって、さてその後、道は分かれ、豚は別の動物園で…気になる方は寄席へどうぞ。


終わったあとは、ほんとうはまっすぐ帰るはずだったのが
ハマレズ(横浜に住むレズ)に声をかけていただいて押しかける狼藉。

ビール飲み散らかし、ピザ食べ散らかし。
立つ鳥跡を濁しまくりだったのに、もう、レズ、やさしすぎて泣ける。

帰宅すれば愛兎のうれしょん祭りが開幕し、実ににぎやかな1日となったのでした。


ふてくされ
Bee


落語もまた聴きに行こう。
レズ仲間ともまた会おう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前哨戦詰め合わせ

こんばんは、圭です。

ゴールデンウィークに入りました。
わたしは暦どおり休みで、毎日あきらさんといっしょです。快哉。

なにする?
どこか行く?
なんて言っても、どうせどこもかしこも混んでいるんでしょう?

で、先週、フライングして遊んでおきました。


あきらさんの誕生日に
Disneysea_2


初めて乗ったけど二度と乗らねえ
Neverevator


浅草なんぞも
Asakusa


和服で街歩きというわかりやすいおのぼりさん
Kimono


あきらさんが「男ものの着物を着たいのですが…」と申し出ると
すかさず店員さん。



「あら、男装ね! オッケー、オッケー、よくあるのよ、カップルで来て、ひとりは男装っていうね!」



完全にバレてやがる。


家ではあきらさんがかぼちゃのスコーンを焼き。


Scone


今日のお昼は、かぼちゃたっぷりカレーうどんで。


Curry


申しぶんないね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ノープランだ!

こんばんは、圭です。

週末は、あきらさんとふたりでふらりと県内旅行をしてきました。

きっかけは、よく行く居酒屋のマスターの一言。



「那珂川に、うまい蕎麦屋があるんだよ」



麺類はうどんがいちばん!なわたくし、
「ほんとうにうまい蕎麦を食べてから言え」というお説教もあって、
っしゃおらあ、行ってみっぺ。



「と言うか、あすこは天ぷらがうまい」



あれ。蕎麦じゃないんかい。

考えてみれば我々カップル、あんまり車で旅行しないのよね。
なんでかって、それはわたしの運転が下手すぎて、
代わってさしあげられないからなんですけども。

彼女の疲労を考えると、二の足なんですのよね。


でも、珍しく気が向きました。
で、那珂川です。


Nakagawa


これ、栃木県。
那珂川は、黄色い点のあたりです。

山を切り開いたような道を、のぼったり下ったり。
かれこれ1時間半のドライブで、ふう、着いた。

場所は大きな道沿いでわかりやすいけども、
うん、ここまで来るのはけっこう手間だね!

雰囲気は良好、開店とともに地元人とおぼしき方々がどっと入店したので、
まさに「うまい」と知られたお店なんだろうなあ。


マスターの指南に従い、天ぷらを頼みます。
彼女はえび天そば。わたくしは野菜天そば。

これは。
おいしかった。

季節を感じるふきのとう、なすやかぼちゃはほんのり甘く。
天つゆが、またいい出汁で。
蕎麦は、正直なところうどん派の心が覆るほどではなかったが。

忘れがたい天ぷらであったよ。

個人的には、ささやかな地元名物をメニューに取り入れているところも好きなお店でした。
猪の肉とか。海のない栃木でがんばって養殖した温泉トラフグとか。


しかし。



あ「ほんとに蕎麦だけ食べに来ちゃったね」


だね。


あ「ノープランだね」


だね。


Matsu_2


あ「このまま帰る? どこか寄る?」


どこか寄る!


というわけで、予定外に水族館へ。

海なし県にもね、あるんですのよ、水族館。
なかがわ水遊園つってね、川魚を展示しています。


水がきれい
Clean


アイフォンカメラの性能にもわたしゃびっくりだよ。

 
期間限定展示はシュールな雛壇
Hinamatsuri


角質を食らわれるあきらさん
Garrarufa


器用な擬態
Gitai


オスのいない魚
Lesles


オスのいない魚!?


なんでも。

フェロモンをふりまいて
他の魚のオスに精子を放出させ
それを刺激にちゃっかり受精卵を為しつつも
卵子が細胞分裂していく過程で精子を捨てる んだとか。

生まれるのは、母の遺伝子オンリーの生体。クローン。

メ、メスだけの世界か…
テンペストの宣伝文が頭をよぎります。Y染色体、消滅。男子、滅亡。

みんな違ってみんないいと言った金子みすずが泣きますなあ。
いや、様々な生物に、それぞれ見合った生殖方法があるという意味で
ちゃんと「みんな違う」のかもしれない。



あ「圭さん、食いつきすぎです」



いやはは、むだにアンテナ高くしようとしているレズですから。
小林ゆみ議員の発言について書いてもいいのだけれど、
あ、ねえねえ、ミジンコも基本的にメスがメスを産むだけらしいぜ!


イルカもらっこもペンギンもいなくても、子どもらは目を輝かして見学していた。
セイウチがいなくても、わたしもちゃんと楽しかった。

そのあとも
道の駅ででっかいほうれん草を買ったり、
日帰り温泉でぼーっと川を眺めたり。
風呂上がりのびん牛乳がひんやりうまうま。


こんな週末も、ありだね。充実していたね。
と、ブログを書きながらふと見ますと、あきらさんはSiriに向かって

「同性愛ってどうおもう?」

などと訊ねておりました。

あーたもアンテナ高めのレズかしら?


ちなみにSiriの答えは

「我思う、ゆえに我あり、デカルトさんのことばは深いですね」







深すぎてわかりません。
という浅い記事でした、おそ松。
 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

雪降る銀山温泉 

こんばんは、圭です。

落語のDVDを見ながら書いているもので
すこしも集中できないんですがね。

ともかくも
今日は夜勤のあきらさんと約束したのです。



あ「あたしは仕事だけど、圭さんは家事なんてなにもやらなくていいから、ゆっくり休みなさいね」

圭「ありがとう。でも、ブログだけは書くね」



というわけで。

だいぶ引っ張ってしまったけれども、銀山温泉旅行、終幕です。


はじめから読む方はこちら↓
星降る銀山温泉 1

続きを読む "雪降る銀山温泉 " »

星降る銀山温泉 4

こんばんは、圭です。

おとといの夜。
あきらさんから「豆、買ってきた?」と訊かれてはじめて思い出す、ああ節分!

代わりとしてペットサークル内に散らばった愛兎の糞を「鬼は外♪」とぶん投げ、
あきらさんにお目玉を食いました。

かくて2月になったわけですが、引き続き12月の銀山温泉旅行記です。


はじめから読む方はこちら↓
星降る銀山温泉 1

続きを読む "星降る銀山温泉 4" »

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ