« R18バイオレンス百合 | トップページ | ふたりの仲まで低温注意報 »

10年前の分かれ道

こんばんは、圭です。

ダイエットを始めました。
とは新年の記事に書いたことだけれど、やっているのは摂取カロリーのゆるい管理と、かるい筋トレ、かるいジョギング。

高カロリーの食いものであろうとも、食べたくなったらがまんしない。
頻度の問題なんだ!

というわけで、よく行くこってりラーメン屋へ。
ツイッターでときどき限定メニューの告知がされるんですが、これがね、もうね。

「ひつまぶし仕立てのうなぎまぜそば」

麵の上にはうなぎがどっさり、
白髪ねぎと糸とうがらしが山盛り、
山椒にわさびも添えられて。

ごくり。



「歩いて行けば、さらに運動になるよ」



という彼女のことばは、天使のひらめきか、悪魔のささやきか。

我々の自宅からは、うーん、この距離を歩いて行くひとは、あんまりいないだろうな。
すこしは脂肪も燃えるでしょうってんで、行っちまいました。


ラーメン屋は、陽東豚骨 YOTON。
凝りまくった濃厚な味が苦手なひとには勧めないが、
ラーメン好きで未踏のひとは、ぜひ行ってほしい。

しっとり鶏チャーシュー、ほんのり辛みそ、
無料でいただける辛子高菜や柚子胡椒、
鮭とバターの追い飯、背脂がゴロゴロ入ったまぜそば。
月ごとに味の変わる替え玉も、だいすき。中毒です。


これはアナンダマイドなんだろうか、脳内麻薬の多幸感に包まれて、帰りももちろん徒歩です。
よし、夕飯のボリュームをおさえつつ、野菜を多めにとれば、とんとんかな。
 
ところが。



「なんか、甘いもの食べたくならない?」



おかしいな、うちの彼女、傾世元禳を持ってましたっけ。
誘惑の術、使えるんでしたっけ。



「あ、でも、そうだよね、ダイエット中だもんね」



押したら、引く。テクニシャンだなあ。

なんか、デザートに走ってもいいかも、という気もちが、うっすら湧いてきた。
このあとの我々、速足で自宅をめざしつつ、互いを牽制しまくります。
 
どっちだ、どっちが決めるんだ。
だれが、「今日は甘いもの食べちゃおうよ」と言うんだ。



「パフェとか、いいよねえ」

「いや、でも、お昼にラーメン食べたし」

「でも、毎日ラーメンってわけではないし。こういう日があっても」

「ラーメンを食べたぶん、パフェをがまんしてこそダイエットは続くのだ」

「食べたいものを食べて得る満足感も、だいじだよね」



さんざんやり合ったあとで、ふと、彼女が言いました。



「圭さんと、つきあおうって決めたとき。みたいだね」



ああ。
「友だち」から「彼女」へ、踏み込むのはどっちだ。
だれが告白するんだ。 そもそも、踏み込まないのか。

そんなことがありましたね、10年前に。

それで、そのときは、どうしたか。
その道を選んだ結果、未来は、いまの我々は、どうなっているのか。

ま、パフェ、食べたよね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« R18バイオレンス百合 | トップページ | ふたりの仲まで低温注意報 »

04.ふたり暮らし記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/72736199

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前の分かれ道:

« R18バイオレンス百合 | トップページ | ふたりの仲まで低温注意報 »