« パートナーシップは百合の香り | トップページ | 有頂天な雨天なう »

世にも奇妙な例の探知機

数日前に放送された、「世にも奇妙な物語」。
「運命探知機」という小篇を、見た方はいますかしら。

ざっくり言うと


「運命の恋なんて信じない」男性が、
道端で「運命の人のところまで導いてくれる機械」を拾い、
機械音声の指示する方向へ進むたびに
同じ女性と「運命のような」「偶然の再会」をし、
デートを重ね、ライバルの出現にもめげずに
結果として結ばれる。
「おれたち運命だよ!」



という話。


これを見ながら
我が彼女あきらさんに、さんざん弄ばれました。

 

「あたしの運命のひとは、ピピピッ、あ、右方向に30m、ということは、圭さんではありませーん」



(゜Д゜) !?

それ誤作動! 絶対、誤作動!



「どんなひとかな、あたしの運命のひと。わくわく」



σ(゜Д゜)

いるでしょうが、ここに、ほら!



眼中なし。



う、う、こんなのってひどい、
裏があるに決まってるんだ。

あきらさんに憧れるどこかの女の子が、
運命にハッキングしてるんだ。
 
あなたからわたしを無理やり引き離そうと。

そうだ、金。
金を払っている可能性もある。

あきらさんだって
もうずいぶん前だけど、言ってくれたじゃない。

どんな選択をしても、世界線をまたいでも、必ず出会うひとがいるって。
あなたにとって、わたしが、そういう存在だって。

わたしうれしくて、ブログに書いた記憶があるもの。

見て、ほら、あなたにとって、わたしが。

言ってなかった。
「そういう存在だったらいい」としか、言ってなかった。
 
ブログとは、時としてなんと残酷な媒体だろう。
くそ、事実を改竄したい。



などと泣いていたら。

あ。
ああ。

ありましたね、裏。
 
あんな腕時計みたいな、
物理的にごついものが
運命をはかってくれるわけは、なかったのよ。
 
砂漠が美しいのは
星があんなに美しいのは
どうしてだった?


あなたは探知機なんて持っていなかったけれど


たくさんの出会いの中から私を
見つけてくれたこと感謝したい


(藤田麻衣子)


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« パートナーシップは百合の香り | トップページ | 有頂天な雨天なう »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/72001358

この記事へのトラックバック一覧です: 世にも奇妙な例の探知機:

« パートナーシップは百合の香り | トップページ | 有頂天な雨天なう »