« あなたの百合はどこから? | トップページ | 勇者を誑かす方法 »

打上花火は下から見ません

こんばんは、圭です。

今日は宇都宮花火大会の開催日です。

何年か前に、観に行こうとしたけれど
街中から会場までは、ほぼ一本道で。
たちまち渋滞に巻き込まれ、途中でリタイア。

会場から離れる車線はがらがらに空いていて
まるで早く現地入りしたおかげで
早く帰って来られた上級者のように、
軽快に帰宅した思い出ばかりが残ります。
以来、無縁。

しかし
さきほど
花火の上がる音があまりに近く聞こえるので
あきらさんが言いました。



「もしかして、うちの窓から見えるんじゃない?」



カーテンを開けてベランダに出てみれば。
お、おおお。なんか、見える、見えるぞ。

低く上がった小粒の花火が
遠く垂れこめた雲を染めています。

せっせとカメラを向けていたあきらさんは
デジタルの画面いっぱいに煙った朱色を指して
「どうしても山火事みたいになっちゃう」と笑いました。

でも、ちょっとばかし高さのある大輪は
ほら、ほら、ちゃんと観覧車のような花火の姿をしている。

5年住んでいるのに、気づかなかったね。
ここから、見えるんだね。



一番大切なものを 一番大切にしたい

そんな単純なことが 今は一番出来ない

 


これは、「嘘の火花」。



あ「車で行くと、渋滞につかまっちゃうからさあ、自転車で行くのが、きっといちばん賢いよね」

市街地からだと、距離は10km超といったところか。
お盆の湿気。夕涼み。10km超のバイクライド。
青春のにおいがぷんぷんするね。



パッと光って 咲いた 花火を見ていた
きっとまだ終わらない夏だ




これは、「打上花火」。


ふたりで、くもり空に透ける花火を見る。
横から見るってことで、いいんじゃないかな。

明日は、あきらさんと東北へ足を伸ばします。
移動の車内では、さて、異議あり!と叫ぼうか、過ぎ去りし時を求めようか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« あなたの百合はどこから? | トップページ | 勇者を誑かす方法 »

04.ふたり暮らし記」カテゴリの記事

コメント

花火がお家から見えるのいいですね〜

我が彼女に「花火見に行きたくない?」と言われ、「音が苦手だから、、」と断った私です。
思い出作りもしなきゃと思うのに^^;
そのあと、「線香花火でもしようか」と言ってくれた彼女に優しさを感じました。

東北の旅?楽しんできてください!

薫さん

爆音のしない線香花火、思いやりですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/71404468

この記事へのトラックバック一覧です: 打上花火は下から見ません:

« あなたの百合はどこから? | トップページ | 勇者を誑かす方法 »