« トルコ見聞録45 大がかりな聖地巡礼 | トップページ | トヨタに乗ってハイデガー »

トルコ見聞録46 テルマエ・トゥルキイエ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない










トルコ旅行5日め。15時10分。

トルコの銭湯「ハマム」に来ています。
異文化体験。

湯船はなく、サウナのような雰囲気。
壁沿いにカランが並んでいるのは、日本の銭湯と同じです。

浴室のどまんなか、高い天井の下には、
あたためたでかい石がでんと鎮座。


Hamam_2
画像は拾いものです


これの上に寝転がってまったりしていると、
三助が来てくれて、あとはすべてお任せというシステムでした。

三助はトルコ語で「ケセジ」というので、
以下「ケセジ」で通しますね。


ケセジは、明るいおばちゃんでした。


ケ「あなたたち似てるわね。姉妹?」


めんどくさいので、肯定します。
イエスイエス、ウィーアーシスターズ。

高校生のころから言われているけれど
大人になっても我々は似ているらしい。

あ「じぶんに似ているひとがこいびとだなんて、とんだナルシストだね!」

…言うな。


さて。

 
ケ「わたしはジャッキー。あなたのお名前は?」


あ、「姉妹」て答えはスルーなのね。


圭「ケイです」

あ「アキです」


「あきら」では発音しづらかろうと配慮したあきらさん、
「あき」と名乗ります。
と、ケセジさんは手を打って大笑い。大ウケ。


ケ「AKI、KEI、AKI、KEI、早口ことばみたいね。それであなたたち、姉妹なのね。実におもしろい!」


おばちゃんの笑いのツボと話の脈絡がわからないよ。

ケセジはひとりにひとつずつついてくれます。
遅れて登場したもうひとりのケセジに向かって、ジャッキー、叫ぶ。


「ねえ、聞いて、このふたり、姉妹なんですって。それで名前がAKI、KEI、AKI、KEIなんですって」

「あら、おもしろい!」
 

やっぱりおもしろいのか。
トルコ語でなにかあるのかな。


そして、ここから先はもう完全になすがまま。されるがまま。

じんわりあったかい石に寝そべっている間に、
泡立てネットでこんもりバブリーになった石鹸で
全身まる洗いとマッサージ。

ああ…
寝そう…

シャンプーがエキゾチックでいいにおい…

リンス仕上げで送り出してもらったあとは、
ロビーでお菓子とお茶をいただきました。

お菓子もばらの味がする!


あたまの上から顔面から、ばんばん洗面器のお湯をかけられるので
ガイドブックに書かれている「姫きぶん」は大げさな気がするけれど
乾燥がはげしい中東の地で、とてもすっきり。

受付のお姉さんの無愛想でちょっといいかげんな接客も、もはやいい思い出です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→45 大がかりな聖地巡礼

続き→47 魔のグランバザール

はじめから→1 まだ着いてない 

« トルコ見聞録45 大がかりな聖地巡礼 | トップページ | トヨタに乗ってハイデガー »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/68254837

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ見聞録46 テルマエ・トゥルキイエ:

« トルコ見聞録45 大がかりな聖地巡礼 | トップページ | トヨタに乗ってハイデガー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ