« 入らなければ濡らせばいいよ | トップページ | それはまるで浮気 »

トルコ見聞録41 時計じかけの

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





トルコ旅行5日め。10時50分。

ガラタ塔から坂道を下り、
海峡にかかる橋を渡って
ホテルがある方の旧市街に戻ります。

橋を渡ると言っても、
橋の上ではなく、橋の下を。

海をぼうっとながめながらごはんを食べるのにうってつけ、
橋の下にはレストランがいくつもありました。


Bridge



団体客向けなのかな。
これでもかと通路にはみ出して、
大きなテーブルに大量のいすが並べてあります。

がらがらに空いていたけど。



ただいま、旧市街。
P1020022



その足で、おみやげものの宝庫、
エジプシャン・バザールに向かいます。

徒歩2、3分。
鼻から感じる異国。
 
なんとなく全体的にきらきら華やかなバザールの中では
乾物や香辛料が山積みで売られていました。


Egyp


わたしは箱入りのお茶をたくさん購入。
アップルティとか。
オレンジティとか。
自宅用にも。
ひとにあげる用にも。


そう、オレンジ!

飲むヨーグルトが道端で売られていた話を書いたけれど、
道端の屋台と言えば、ジュース屋さんもちょいちょいあってね。

トルコで飲んだオレンジジュースが、わたしはまた好きでね。

あきらさんといっしょだから。
たのしい海外旅行中だから。
2年も前のことで、記憶が美化されているから。
 
そういった事由による補正をさっぴいても、
やっぱり、トルコのくだものはおいしかった。

石だたみを歩いて疲れたからだに、
酸味ほどよく、コップにたっぷり、日本円にして50円の。

オレンジジュース。

侮るなかれ。


梶井基次郎のレモン。
バージェスのオレンジ。

トルコへの愛著で揺さぶりをかけてくる
わたしの時限爆弾。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→40 消息を想う

続き→42 にわか鉄子

はじめから→1 まだ着いてない

« 入らなければ濡らせばいいよ | トップページ | それはまるで浮気 »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/67815440

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ見聞録41 時計じかけの:

« 入らなければ濡らせばいいよ | トップページ | それはまるで浮気 »