« トルコ見聞録38 記憶の塔 | トップページ | 嫌いだということになった »

トルコ見聞録39 見下ろす思い出

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない






トルコ旅行5日め。10時10分。

イスタンブルの街並みを眼下におさめに、
ガラタ塔にのぼります。

現存するものは20世紀に整備されたものだそうですが
起源はとおく6世紀にまでさかのぼる、石造りの塔。


Photo



Galata2


展望台は、塔を囲んでぐるっと360度。
風の色、雲の色、海の色、
陽当たりによってずいぶん写りがちがいます。


かいしんのいちげき
View


塔自体が観光スポットではあるけれど、
なにしろ見晴らしが良いので、
「昨日行ったあの場所」をつくってから
のぼったのは正解でした。

初日に見たよね、ブルーモスク。

もう一度、工事が終わってから再訪したいね、アヤ・ソフィア。

あの橋を渡って、こないだは地下鉄に乗ったんだ。


いかにも、旅の集大成。
イスタンブルで眠るのは、この日が最後です。

観覧料が高くてびっくらこいたけど、行って良かった。
石造りだからメンテ費用がかかるのだろう、とおもっておきます。


せまい通路と強い風にびびり、そろそろと下降。
さ、塔の足元には、おみやげを買えるようなお店が、何軒かあるってよ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→38 記憶の塔

続き→40 消息を想う

はじめから→1 まだ着いてない

« トルコ見聞録38 記憶の塔 | トップページ | 嫌いだということになった »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/67754808

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ見聞録39 見下ろす思い出:

« トルコ見聞録38 記憶の塔 | トップページ | 嫌いだということになった »