« 飽きられてしまうまえに | トップページ | 秋の狂気 »

えるじーびーてぃー入門の書

こんばんは、圭です。

iPhoneの発売、2007年だったね。
昨日のブログに書いたことは、誤り、誤り。

かやうにいいかげんなことを書き散らかすブログで
この本を紹介してしまっていいかな。どうかな。

まじめに ていねいに 慎重に
つくってある、この本。


『先生と親のためのLGBTガイド もしあなたがカミングアウトされたなら』

 










先生と親。

子どもと接することが仕事だったり
子どもと接する機会が多かったり
する大人。

のための、セクシャルマイノリティ教則本
であるけれど、内容はそれほど限定的ではなく、
セクシャルマイノリティ全般を取り扱っています。


ときに「心無い」と言われる素朴な疑問や主張
に対する回答や反論が載っていたりね。

「やはり異性を愛するのが自然だと思うのですが」

「同性カップルには『男役』『女役』があるのですか」

「同性愛と性同一性障害の違いがわかりません」

「LGBTは治療すれば治るのでしょうか」


もちろん表題のとおり、学校内に関することも、大ボリューム。
 
あなたが日ごろ接している子どものなかにも
当事者がいるかもしれないよ、という意識をもってね。

当事者は、たとえばこんなことで悩んでいたりするよ。
当事者は、たとえばこんなふうに関わってもらえるとうれしかったりするよ。
もしカミングアウトされたら、こういうふうに接すると良いかもしれない。

気づきを促し、アイデアを寄せる。そういう内容です。


この本のすごいところは、ことばのえらび方。
事態を繊細にくるもうという、意識の高さがうかがえます。

傷ついているひとの救いになるために、
今後、不要に不当に傷つくひとが減るように、
この本の表現によって傷つくひとが、なるべく出ないように。

ひとつひとつカギカッコで括られた「普通」「正常」「男らしさ」などの単語や、
「~かもしれません」「~かどうかは意見が分かれています」などの文末表現を見ながら、
どれほどの注意がはらわれたことか…と
著者の愛、編者のくふうを感ぜずにはおれません。


もうひとつ、すごいとおもうところは、参考情報のゆたかさ。
「生徒から相談されたときのために」とか、
「より詳しく知りたいひとのために」とか、
掲載されている資料は、ずばりそのまま、当事者にとっても宝の山。

「授業や研修で使えそうな」書籍、DVD、
相談先たるサポート団体。

40代ゲイカップルの日常まんが、
みんな大好き『きのう何食べた?』もラインナップされています。
 

著者はトランスジェンダーの当事者。

ひとによって、
求めるもの、からだとこころの状態、千差万別なのだと
くりかえしくりかえし言いながら、
あくまで提案として説明文や対応方法を置きつつ、
参考資料をたっぷりと載せる、そういう書き方は、
まさに、「10代のころじぶんがほしかった本」の在り方なのかもしれません。


当事者にも、そうでないひとにも。
興味があるひとにも、興味はないが組織の方針として勉強せざるを得ないひとにも。

まろやかな入門書として、どこかしら実りがあるのではないでしょうか。


遠藤 まめた 『先生と親のためのLGBTガイド もしあなたがカミングアウトされたなら』
合同出版株式会社 2016年7月



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 飽きられてしまうまえに | トップページ | 秋の狂気 »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

Sさん

コメントをありがとうございます。
非公開にするのが遅くなり、申し訳ありません。

傍目には履歴が残らないかたちとなりますが
きちんとこちらに届いています。

情けないなどとごじぶんを責めることなく
理解をひろめたいという想いの擁卵期を
誇れますように。

圭さま

コメントの件では、当方の我が儘を聞いてくださったこと、
感謝申し上げます。

「擁卵期」とのお言葉、胸に沁みました。
思い切ってお話してよかったです。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/67321433

この記事へのトラックバック一覧です: えるじーびーてぃー入門の書:

« 飽きられてしまうまえに | トップページ | 秋の狂気 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ