« くすり指を見たまえ | トップページ | 駄々っ子の夏休み »

レズ、若者のコンサートに行く

こんばんは、圭です。

あきらさんと、地元大学の管弦楽団の演奏会を聴きに行ってきました。

直接の縁は皆無、まああえて言えば「地元の」という意味で地縁がありますけれども、それだけの団体。ふたりのどちらにとっても、母校でもなんでもなく。

ただ、あきらさんの就職祝いを食べに行った焼き肉屋で
レジの女の子が「良かったら行きませんか?」とチケットを譲ってくれたのでね。

そのかわいさに釣られてせっかくのいただきもの、有効活用しようとおもいまして。
クラシックのコンサートなんて、久しく行っていないし。



あ「それに曲目も『ニュルンベルクのマイスタージンガー』だしね」



そうだね!

我が彼女あきらさんは、友人に
「あきらさんの顔を見るとニュルンベルク!って感じがする」と言わしめたゲルマン式の骨太さを誇ります。
故郷の音楽、聴きに行きましょ。


で。
むろん主役は学生なので、客席はほとんど学生さんたちの親世代、友人世代。
我々くらいの半端なアラサーはあまりいなかった印象です。


演奏が若い! わたしら、もう彼らと10も年が違うんだよ。

第2幕は金管が疲れてきていた気がするけど、がんばっていたねえ。

いまの若い方々はどんどん足が長くなっているね、もはや日本人体型とは…て絶望するよね。

客演のアンコール長すぎじゃない? 舞台上で待ち続けた学生さん偉い。

指揮者の先生の愛を感じるなあ、特に良かったのはホルンです、トランペットです、さあ起立して、ああもうみんな良かったよ良かったよ、ていう盛り上げ方がさあ。



あ「部外者なのに、完全に親戚のおばちゃん的な見方をしちゃったね」



子どもをもたぬ我々は。
今日ものんびりと、地域に溶け込むおばさんでいるよ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« くすり指を見たまえ | トップページ | 駄々っ子の夏休み »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/66427064

この記事へのトラックバック一覧です: レズ、若者のコンサートに行く:

« くすり指を見たまえ | トップページ | 駄々っ子の夏休み »