« ゲームワンダーランド | トップページ | やっつけ仕事はうさぎの糞 »

我がいとしのゆうれい

こんばんは、圭です。
 
ブログの記事にしてから本棚にしまおうとおもって
積んでおいた本やまんが。

ある日、きれいになくなっていました。

あきらさんが片してくれたのね。ありがとうね。
つうか散らかしすぎてすまん。
 
しかし、記録に残しておきたい気もちのほうは片されていないので
本棚より再び発掘したものから、随時書いていこうとおもいます。

まずはこちら、『13月のゆうれい』

13_3


※あらすじ説明のため少々ネタばれあり。


 










まんがです。

主人公は働く女性、ネリ。
「女の子」を引き受けさせられることを徹底的に嫌いつつ、それでも男性にモテたい。
 
あるとき街なかで、じぶんと同じ顔の女性に出くわすが
そのひとは、数年間会っていなかったネリの双子の弟、キリでありました。
 
「キリはいつ女の子になっちゃったの?」

「これは女装なだけだから」

そんな姉弟と、「女装姿のキリに惚れつつネリに惚れられる男」が描く三角関係。


これ、話題作でもなんでもない(失礼)のですけれど
性的に倒錯した関係を描く作品が好物のわたくしとしては
シンプルに好きでした。
 
「生きたいように生きて、なにがわるい!」という勢いが好き。
時に幼稚と見下されそうな、その勢いが好き。


そして。

ネリの話し方が、身近なんです。
わたしもこういう話し方するし、こういうことばの選び方をするし、というか、わたしの周囲にいる友人連中も、だいたいこんな感じ。

「あら、タイが曲がっていてよ」ということば遣いは、
空想小説として読むことはできても、身近な共感には程遠いのだよ。


ネリの想いも、「男にモテてえ」を除き、わかるわかる。

わたしだって
ブラは「女の子のするものだから」と高校に入るまで抵抗しつづけたし、
ほんとうは男物を着たいのだけど、体格のせいできれいに着こなせないし、
今でも毎月女をやめたくてしようがない週間があるし、ピンクとフリルは大嫌いである。
 
性自認が女性であることと、もちろんまったく矛盾しない。
だけどつい断っちゃう、だってセクマイブログだもん。
 
 
ネリの恋ごころは男性に向かい、
わたしは女性に向かいましたが、
にやりと膝を打ちながら、寄り添って読める作品でした。

かたく嗅ぎ慣れない印刷のにおいで武装したこじらせ女子、おひとつ、いかがですか。


高野 雀 『13月のゆうれい』 1巻
祥伝社 2016年2月



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« ゲームワンダーランド | トップページ | やっつけ仕事はうさぎの糞 »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/65316220

この記事へのトラックバック一覧です: 我がいとしのゆうれい:

« ゲームワンダーランド | トップページ | やっつけ仕事はうさぎの糞 »