« 若さ葬る花見酒 | トップページ | 間合いをはかる »

黄昏魔道の終焉

こんばんは、圭です。

もうね、上位亜種はね、落ちないってことで結論づけました。
図鑑埋めたかったけど!

でも、これ以上ゲームしてると、あきらさんと過ごす時間が…

あれ、あきらさん?



あ「あたしレベル40しかないのにレベル200くらいの敵がいるところに連れて来られてるううう」



あきらさん、アイフォンを横向きに持ってぴこぴこぴこ。

最近、我が彼女は、先輩レズに誘われて、新しいソシャゲに手を出したのでした。

精神状態が著しく不調のときは、あたまをつかうのも難しいのだと言って、
しばらくゲームしていなかったからね。

ゲームに興じる彼女の姿を見ると、わたしはとても嬉しい。
よかった、よかった。



あ「あー、死ぬ死ぬ死ぬごめんなさいごめんなさいごめんなさい」



…よかった、のか?



あ「見てみて、アイテムもらったよー」



…よかった、のだろう。



さて、ここまで、リアルタイムの我が家ね。前置きね。
って言って、本題に入ろうとおもったのだけれど

ひいこら言いながらゲームしているあきらさんに抱きついたり
タックルかましたり背中をつんつんしたりするほうが
たのしい気がしてきたので離脱します。

ではまたー。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

我ながらなんなんだこの記事

« 若さ葬る花見酒 | トップページ | 間合いをはかる »

04.ふたり暮らし記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/64944166

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏魔道の終焉:

« 若さ葬る花見酒 | トップページ | 間合いをはかる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ