« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

前哨戦詰め合わせ

こんばんは、圭です。

ゴールデンウィークに入りました。
わたしは暦どおり休みで、毎日あきらさんといっしょです。快哉。

なにする?
どこか行く?
なんて言っても、どうせどこもかしこも混んでいるんでしょう?

で、先週、フライングして遊んでおきました。


あきらさんの誕生日に
Disneysea_2


初めて乗ったけど二度と乗らねえ
Neverevator


浅草なんぞも
Asakusa


和服で街歩きというわかりやすいおのぼりさん
Kimono


あきらさんが「男ものの着物を着たいのですが…」と申し出ると
すかさず店員さん。



「あら、男装ね! オッケー、オッケー、よくあるのよ、カップルで来て、ひとりは男装っていうね!」



完全にバレてやがる。


家ではあきらさんがかぼちゃのスコーンを焼き。


Scone


今日のお昼は、かぼちゃたっぷりカレーうどんで。


Curry


申しぶんないね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

気高き胡蝶

こんばんは、圭です。

なんだか今月はこのネタばっかりだな、
我が彼女のあきらさんが仕事を辞めたって、その話なんだけれど。


彼女が退職して1ヶ月半。
最近は、新しい生活リズムを刻めるようになってきたあきらさんですが、
辞めたばかりは、やはり、もうすこし底のほうを漂っていました。

わたしもわたしで、あきらさん本人のことを心配するのはもちろん、
いままで折半してきた家賃、どのくらいの期間ならわたしひとりで背負えるだろう?と考えたりして、もよもよと落ち着かず。

そんなとき。
辞めて3日めくらい、辞めたての朝に。

起きてきた彼女が、言いました。



あ「なんだかいい夢をみたよ」



それは、すてき。
どんな夢だったか聞いてみると。

なんでも、あきらさんは、某国のプリンセスに謁見したんだそうな。
で、あたまを撫でてもらって、「だいじょうぶですよ」と、言ってもらったんだそうな。
 


あ「それで、夢占いを見てみたんだけど」



出ました、あきらさんの大好きな夢占い
さてさて、その夢は、どういう解釈ができるのかな?



あ「良い転職先が見つかる」



ピンポイントだな! これは吉夢。



あ「あと、身近な女性が強力にバックアップしてくれる」



そしてあきらさんは言ったのです。



あ「ああ、あたしを救ってくれるのは、圭さんなんだなあ、とおもったよ」



んもう!
んもう!
なんてかわいいんだ!


夢など所詮、夢。
占いは所詮、占い。

話のネタであり、それ以上では、ない。

それでも、このときの夢占いは、心強く感じました。



あきらさんは、知らなかったみたいだけれど。
わたしは、知っていたのよ。

あきらさんが会ったというプリンセス、わたしと、誕生日が同じだってこと。

あなたのあたまを撫でて!
だいじょうぶよ、と言ってあげられる!
そういう彼女に! 嫁に! わたしなるから! なるから!



あ「はいはい、わかったわかった、よしよし」



あたまを撫でられるのは、わたしのほうなのであるよ。なぜだ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カムアウトせずに攻略

こんばんは、圭です。

この週末は、あきらさんのご家族と、ごはんを食べて来ました。
一足早い、あきらさんの誕生日祝い。

行ってらっしゃい、と彼女を送り出すつもりだったのだけれど
「圭さんも、ぜひ」と、あちらからお誘いいただいたのでした。


あきらさんは、ご家族にカムアウトを済ませています。
だから、わたしが何者なのか、知ったうえでの、お誘いでした。

レズで、あきらさんの彼女。
いっしょに、住んでいる。
ふたりで、暮らしている。

あきらさんは、とてもていねいにカムアウトのタイミングを選び。
あきらさんのご家族は、いつの間にかしょっちゅう出入りする、よその小娘に屈託なく接するひとびとで。
わたしは、拒否されるのではないか、という恐怖を抱いたことがない。

あきらさんのご家族と、ありがたいことに、穏やかに関わっています。
世界のまるいこと、まるいこと。



が。



そんなわたしにもね、お会いすると、どきどきする相手が、いる。
緊張するってほどでは、ないよ、ないけどね、あきらさんの家族のなかで、ただひとり、あきらさんがカムアウトしていないお方。



あ「年齢を考えると、なにも知らないまま、旅立ってもらってもいいかなって」



その者、白きみぐしをまといて
下野の野に降り立つべし

大ばばさまです。

小柄で、色白で、品よく、日々の筋トレを欠かさない、食欲旺盛な、孫を愛する、おばあちゃん。

この日も、祝い膳のフルコースをもりもり召し上がりながら
あきらさんの退職についてせっせと語ります。









ほんとうは、すこし、気になっていたんだ。

これがもし、友だち同士のルームシェアだったなら。
ひとりが、精神的な不調から、仕事を辞めたとき、
それは、ルームシェアの解消につながる可能性を孕む。と、おもう。

「実家でゆっくり休みなさい」

「友だちに迷惑をかけないように」







わたしたちの関係を、「友だち同士のルームシェア」だとおもっている
おばあさまは、事態をどんなふうに見ているのだろう、と。

気になっていたんだ。



でも。



あ「あたしには、休息が必要なんだよ。それで、いちばん落ち着いて休める場所は、圭さんと暮らしている、いまの家なんだよ」

ば「あら、そう。無二の親友ってのは、いいもんだねえ」



無二の親友!
鼻が高いぜ!

あきらさん、おばあさまをさっさと攻略。


あきらさんのことは、その親友が、ちゃあんとしあわせにします。
ご家族の皆さま、どうかご安心なされますよう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ぐうの音はぐの音

こんばんは、圭です。

レズの皆さま、彼女とのハグ、お好きですか?

わたしは大好きですよ。


ハグにはストレス軽減の効果もあると言います。

疲れたとき 悲しいとき つらいとき
なんとなく情緒不安定なとき 病めるとき

まずは彼女にしがみつき。
道具もなにも要らない、身ひとつのおくすりです。



昨日は。
彼女の玉のお肌が恋しくなったと言いますか。
ええ、いつもはしないんです、しないんですけどね、
彼女の服の裾から腕を突っ込んで、お背中を直接さすりまくりました。

すると、あきらさん。



あ「ソフトタッチでかゆい」


あ、すみません、ずうずうしかったですね。
お背中から急いで手を撤退させます。



あ「おい、待て、掻いてから帰れ」


あ、すみません、掻いてよかったんですね。
いや参ったな、すぐ手を引っこめねばとおもったものですら。

じゃあ、ちょっと失礼して、いかがでしょうか、
孫の手ならぬ嫁の手ですけれども



あ「掻けてない! 爪がないんだよ、レズ!!」









なんも言えねえ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

大地の瞋り 寧らかに。
雨催いの天 泰らかに。

間合いをはかる

こんばんは、圭です。

昨日の記事を読んだあきらさんが
「なんなんだ、この中身のなさは」と驚愕しています。

ちなみに昨日書こうとしていた本題のほうも、
実は全然中身がないんだけど、書いちまうもんね!


あのね。わたし自転車通勤なんですが。

いつも通る裏道って、学生さんもたくさん通るのです。通勤時間帯は、ちょっとしたカオス。
狭い道をわちゃわちゃ縦列、いかに対向チャリに迷惑をかけずスムーズに前のやつを抜かすか、みんな緊張感ぴりぴりで走ってるのです。

そんなときに、前の自転車が突然ブレーキをかけたりするとね、
痛ましい自転車同士の追突がちょくちょく起こったり、
あの耳障りなキキキーッっていう音が響いたり、
ああ、平日の朝だなあって感じ。爽やかな殺意が生まれます。


急ブレーキの主たる原因は、これがまあ、進行方向と垂直に信号を渡るためってだけのことが多い。
前のやつを追いかけて走ることに夢中で、やべやべ、ここで渡るんだった、みたいな。


そこで。

わたくし、覚えました。
じぶんの前をゆく自転車が、どこの路地で曲がるか見分ける方法を。

もったいぶったりいたしません、さっさと公開します。
学生の自転車特有、後部に貼ってある学校のシールで、ルートを予測する!


かくて的確な車間距離を見極め、会社に快適に通っています。

どや!





っていう記事を書く予定だったの、昨日は。

うむ、これだとさすがに連日内容なさすぎですか。
ちょっとレズブログっぽい話につなげてしまいますか。


この、車間距離をとるってやつ、車の運転だとさっぱりできないわたくし。
っていうか、前後の距離だけでなくて、えーと、あれ、車体感覚っていうの?
 
ない。
わたしに、そんなものは、ない。


あきらさんの通院に付き添うときも、
運転しているのは病人のほうです。
ではわたしは付き添ってなにしているかって言ったら、
医師の話をとなりでいっしょに聞いているだけ。

でも、あきらさんを診てくだすっている先生は、
わたしをあきらさんの妻として認識しているので、
その点ひじょうに楽ちんであります。

家族が精神的に不調なとき、どういうふうに接すると良いか。
冷静でていねいなアドバイスをいつもありがとう、先生。
 
じっくり治していこうね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

黄昏魔道の終焉

こんばんは、圭です。

もうね、上位亜種はね、落ちないってことで結論づけました。
図鑑埋めたかったけど!

でも、これ以上ゲームしてると、あきらさんと過ごす時間が…

あれ、あきらさん?



あ「あたしレベル40しかないのにレベル200くらいの敵がいるところに連れて来られてるううう」



あきらさん、アイフォンを横向きに持ってぴこぴこぴこ。

最近、我が彼女は、先輩レズに誘われて、新しいソシャゲに手を出したのでした。

精神状態が著しく不調のときは、あたまをつかうのも難しいのだと言って、
しばらくゲームしていなかったからね。

ゲームに興じる彼女の姿を見ると、わたしはとても嬉しい。
よかった、よかった。



あ「あー、死ぬ死ぬ死ぬごめんなさいごめんなさいごめんなさい」



…よかった、のか?



あ「見てみて、アイテムもらったよー」



…よかった、のだろう。



さて、ここまで、リアルタイムの我が家ね。前置きね。
って言って、本題に入ろうとおもったのだけれど

ひいこら言いながらゲームしているあきらさんに抱きついたり
タックルかましたり背中をつんつんしたりするほうが
たのしい気がしてきたので離脱します。

ではまたー。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

我ながらなんなんだこの記事

若さ葬る花見酒

こんばんは、圭です。

前にも書いたけれど、わたしはさくらの花が苦手です。
花見客は弔問客に見えてしようがないの。

誰かに誘われなければ、花見には行きません。
率先して見に行こうとはおもいません。

だから、昨日はちょうどよかった。
レズカップル友だちからの、「飲もう、ついでに花見もしよう」というお誘い。

 
満開は過ぎているから、弔問客は少なかろう。
花がメインでなく、酒がメインなら、これはきっとたのしいぞ。おいしいぞ。
酒! 酒!


まずは、さくら

Cherry


繁華街の裏通り、風そよぐ川沿いに枝垂れざくらの並木がありました。
川床が設置してあったりして、それなりに風流です。

橋を一本わたって、ぐるりと歩いたところで。



友「花見終わり! で、どこでごはん食べる?」



わーい、花より団子。
ビールやハイボールを手に、ピザやハムカツをもりもり食いました。

二次会は屋台のカウンターに4人で並び、きゅうりをかじりながら
レズが子どもをもつことについてとか、「LGBT」ということばの台頭についてとか、わあ、ほんと、わたしら知り合ったころより話題が所帯じみているね。

そのうち、酔っぱらった友だちが、彼女に「トイレ連れてって」と甘えかかって去ると
あきらさんが、すうっと身を寄せてきました。うふふ、どうした?



「圭さん、気づいたことがある」



な、なにごと。



「店員さんも、他のお客さんも、みんなあたしたちより年下だ」



わあお。

「若者向けの店は入りづらくてさあ」などと言い出すようになる前に
たくさんおいしいものを食べに行こう、とおもった夜でした。

ま、あきらさんの手料理がいちばんおいしいのだけれど。
十銭の愛が行ったり来たりして、こいつぁ、むだがねえや。


本日のお献立は

春きゃべつとあぶらげのおみおつけ
ぶた肉の生姜焼きときゃべつの繊切り
かぼちゃの煮つけ
もやしのスイートチリソースナムル

でした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

春は短しつきあい長し

こんばんは、圭です。

栃木は春が短い。と、常々おもっています。

冬はいつまでも長く、やっと暖かくなったとおもったら、もう強烈な陽射しがやってくる。
今日はわたし半袖です。

ゴールデンウィークには真夏日でしょうから
本日、衣替えを兼ね、あきらさんとふたりで手持ちの洋服をばっさばっさと整理しました。


着るものよりは食べるものにお金を遣う実家で、
わたし自身も衣類には無頓着な性格。
無造作なママブランドで育ったわたくし、
じぶんでまともに洋服を買ったのは、あきらさんとつきあってからです。

ええ、20歳からです。
引けよ笑えよ高らかに!


このコートは、あきらさんとつきあって初めての冬に買った。
ってことは、8年ものか。

このTシャツは、初めて新宿2丁目に行ったときに着ていた。
あのときいっしょに行ったカップル、別れたって言ってたね。今ごろどうしているだろう。

おっと、この下着は、あきらさんとつきあって初めての

あ、あきらさん、そのカーディガンは、ふたりで買いに行ったね。
ずいぶん縮んじゃったね。

これは、男装アイドルを追っかけていたときのツアーTシャツだね。
推しメンが卒業してしまってから、とんとご無沙汰。

遂にこのシャツも、お役御免のときが来たんだね。
それを着ているあきらさんが好きすぎて、デートのとき頻繁に着てもらった。



あ「何度となく圭さんの涙に濡れた服たちだねえ」

離れ離れだったもんねえ。
遠距離というほど遠くはなかったんだけれど、あのころはつらかったねえ。



あ「そして圭さんのよだれにも濡れた服だねえ」

すいませんね腕枕してもらって寝るとどうしてもね。


 
着たい服 似合う服
年を重ねて、変わってゆく。
ふたりで、変わってゆく。

これからもわたしを彩る生活そのものであれかし。


いい話っぽくまとめてみたけど、もっと早くきちんきちんと処分しろって話ですよ!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

そして母になる

こんばんは、圭です。

退職後、あきらさんは基本的に家にいます。

友だちと遊びに行ったり、まめまめしく買い物に出たりはするよ、
するんだけれど、まあ基本的には、在宅です。

この「平日の昼間にひとが家にいる」ってのは
なかなかどうして便利なもので。

「男は外で働き、女は家を守る」というのはつまらない考えだとおもうけれど、
いま、彼女が家にいてくれる状態、つまり、パートナーが専業主婦である状態、
楽じゃないと言ったら嘘ですな。

宅配便とか、受け取ってくれるし。
平日の9時~17時しかつながらないような電話、対応しておいてくれるし。


今日も。



あ「圭さん、最近、保険屋さんの応対した?」

いいえ。
記憶にありません。



あ「今日、訪ねて来た保険屋さんがね、『あれ、前に出たひとは…?』って」

おや。
じゃあ、応対したんだったっけか。
営業とか勧誘は、扉を開けずに断ることがほとんどなんだけれど。



あ「『あれ、前に出たひとは……おかあさんかな? おうちのひとは、今日はいないの?』だって」

おうちの!ひと! なんかこの響きなつかしいな、おうちのひと。
ってだれがおかあさんだ!



あ「だから元気よく、『かーさんは、いません!』って答えておいた」

これだからボーイッシュレズは年齢不詳だってんだよ。

とりあえず、来客対応ありがとう。


体調や睡眠欲、こころの安定ぐあいに依るけれど、
ここのところ、夕飯も彼女が作ってくれています。

本日のお献立は

とうふとわかめとえのき茸のおみおつけ
焼いた鰤のねぎポン酢ソース
にんじんと韮のきんぴら
ちんげん菜と春玉ねぎのサラダ

緑がいっぱい。
わたしの体をつくってくれる、あなたこそ母かもしれぬ。


おたがいが
おたがいの

母であり 妻であり
姉であり 妹であり

収入が半分以下になっても
ゆったりレズ暮らしは変わりません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

うさぎと出歯亀

こんばんは、圭です。

あの、上位亜種ってほんとに落ちるんですかね。
図鑑が埋まる気がしないよ。

いえ、こっちの話。


さて。

我が家の居間は、一角をうさぎ部屋としてサークルで囲っています。


柵の一辺
1


オスですから、おしっこを飛ばすことがあるので
古い毛布でカバーしてるんですが。

これだとね、彼の居住区からは、我々が見えないんですな。
あきらさんとわたしが、きゃっきゃうふふしている声がしても、その姿はなく。
甘えんぼうの彼からすれば、これがおもしろくない。
 

で、柵の中に置いてある小屋の屋根にのぼったりする。


4


こっちをじろじろ見たりする。


5


あ「べえやんって、あたしと圭さんがいちゃいちゃしていると見てくるよね」


昨日は、遂に。


2


ここに来ていました。
おい、この毛布、めくれないように、はしっこをクリップで留めてあるんだぞ。
おまえさんの執念はすごい。
混ぜてもらおうという意気込みはすごい。

これも群れ意識の表れなのかしら。


3


しかし鼻を突っ込むのはやめなさい。


春になり、彼はそわそわ発情期。
もともと甘えたなのが、エスカレートしています。


6


あきらさんのおみ足。
べえやん、そこは、わたしの居場所なんだがな。


カテゴリを作ってはあるけれど、出番の少ない我が息子。
人間で言えば壮年のおっさん、もう1年も経てばシニアフードに切り替えかな。

今までより多めに、記録を残す努力をしようとおもいます。


すけべえやん
8


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

続きを読む "うさぎと出歯亀" »

定期報告2016

はじめての方はこちらからどうぞ → あきらとつきあうまで≪1≫


こんばんは、圭です。

更新頻度はだいぶ落ちてしまいましたが、
まだまだ便利な電子記録として、ブログを活用し続けていく所存です。
Facebook? なにそれ?

というわけでさっそく。
我がブログ恒例、過去1年間の振り返り記事を。


じぶんのための記録です。
おつきあいくださる方はよろしくどうぞ。


…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…


2015年4月

あきらさんの誕生日に、春服をプレゼント。
買ったお店は、今は閉店してしまいました。時の流れって残酷。

 
5月

○栃木開催、セクシャルマイノリティ向けイベントRainbow Wishに参加。
ブログに書こうとおもっていたのに流してしまった…いやまじ恰好のネタだったのに…

おつきあい7年記念にはでっかいケーキ。ちょ、これ、どこから食べよう。

○ふたりでダイエットに目覚める。運動するよ。

 
6月

○レズカップル友だちとたこ焼きパーティ。

 
7月

2泊3日の伊勢・志摩旅行。セイウチ三昧でした。

○新井祥先生のトークライブへ。
新井祥氏は中性のまんが家ですね。これも良いブログネタだったのに書いてない…


8月

○圭、股関節がずれて整形外科へ。
運動を控えるようにしたら、あっという間にダイエットが遠のきました。


9月


○衝撃の関東・東北豪雨。これが激務の始まりでした。

○逆転裁判リアル脱出ゲームで現実逃避。

○ふたりで歯列矯正を始める。硬いものが食べられないことにも慣れました。

○愛兎の放し飼いを始める。ますます甘ったれプリンスになっていく息子。

 
10月

○友だちの結婚式で「婦妻扱い」してもらい、うはうは。

 
11月

○渋谷区と世田谷区の同性間パートナーシップ証明書、交付開始。


12

「夫婦別姓を規定している民法は合憲」の最高裁判断。

○クリスマスプレゼントに美顔器を贈り、財布とかばんをもらう。

1泊2日の銀山温泉旅行。雪見酒最高! 木造の旅館最高!


2016年1月

○レズカップル友だちと飲んで午前さま。深夜にケバブを2個かっ食らう。


2月

○ふらり県内那珂川旅行。栃木にも水族館は、ある。


3月

○あきらさん、そっと退職。


…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…


この1年の出来事としては、やっぱり、これ、うん、これが大きかったな。

あきらさんの退職。

彼女の過酷な労働環境は承知していたつもりだったけれど、
わたしが察する以上に、彼女は職場で消耗していたのね。

精神科で診断が下り、ぽきんと折れるように、
しかし淡々と静かに、あきらさんは仕事を辞めました。

これから失業保険の申請手続きなど、事務的な作業をして、
あとは、ゆっくりゆっくり治していこうというところです。

共働きのあいだ、気にもしたことがなかったのだけれど
ああ、こういうとき、扶養手当とかさくっともらえるのが
結婚という便利システムなのだなあ、ということをおもったりもいたしましたよ。
やっぱだいじだよな、金。
 
とは言え、「女性が輝く社会」の早期実現のためとか言って、
この扶養手当も見直されたりする気配があったりなかったりしてるけども。

という話は、別の記事でまたじっくり書くとして。


彼女の病気を喜ぶものではないけれど
いっしょにいられる時間が増えたこと、
夜勤がなくなったので独り寝せずにすむようになったことを
シンプルに喜び、のんびりとすべり出した2016年度。


あなたは心の向くまま
これまで時間がなくてできなかったことを、たくさんたくさんやってね。


6年間お疲れさまあきらさん!
でも、わたくしめの彼女業のほうは、永久就職でよろしく!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

そして8年記念日へ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ