« トルコ見聞録34 命を救われる | トップページ | 翼をくださいっていう »

トルコ見聞録35 図書館を仰ぐ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





トルコ旅行4日め。13時。

エフェスの遺跡を観に、セルチュクという街に来たところです。
すでに午後ですが、まだ遺跡には到達しておらず。

これから乗合バスに乗らねばなりません。が。



おっちゃん「なあなあ、遺跡まで行くんだろ。乗せてってやるよ。安くするぜ」



駅のまわりにはこんなタクシーがうようよ。



おっちゃん「なあ、にーちゃん、女の子を歩かしちゃいけねえよ、タクシー乗んな」



おっちゃんは、ひとり旅の韓国人男性を我々の連れだと勘違いし、
熱く迫っていました。うわあ、お兄さん迷惑そう。

勧誘を振り切って、バスに乗ります。バスと言ってもワゴン車ね。
満席になったら出発するスタイル。時刻表はないそうな。


扉、開いたまま走ってますけどいいんですかね?
P1010977



がたごと走ること5分ほどで。
着きました、世界屈指の古代遺跡、エフェス。

入場料を払って立ち入ります。


ああ、来て、よかった。


夏の空に映える白い石。
猛烈な照り返しと、4000年前の文明の熱気。


エフェスでございまーす
Nike


ぎらぎら暑いのだけれど、活力が漲ってくる。


Efes2


Efes3



この像はレプリカだと知っているけれど、それでも、それでも。


Efes4


そして旅慣れた雰囲気が漂いすぎるあきらさん。


Efes5


上の2枚は、紀元2世紀の図書館の遺跡です。
全体像は、こんな感じ。


Biblio2


ずいぶん立派な図書館です。

このころ日本は弥生時代。
人々は竪穴住居に住んでいて、稲作は始まっている…と、そんな時期でしょうか。


で。

はるばるエフェスまで来たのは、この図書館が見たかったから。

ガイドブックの扉を飾っている、「図書館の柱を下から見上げた図」の写真を撮りたかったから。だったのでした。

ちゃんと目的を果たしてきたよー。


Bibliotek


文化に寄する感慨も、
憧れたものをじぶんの足で手に入れる征服感も、

ここまで来るのにかかった労苦と不安を補って余りあるものでした。



あ「圭さん、ここで喜びの舞をひとつ」



よしきた、くるくる…ぜーはー

だめです、ここ、まじ、すばらしい場所だけれど、
はっきり言って日射病の危険と隣り合わせ。

帽子と日焼け止めと飲み物は必携だね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→34 命を救われる

続き→36 水気の多い夕日

はじめから→1 まだ着いてない

« トルコ見聞録34 命を救われる | トップページ | 翼をくださいっていう »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/61162322

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ見聞録35 図書館を仰ぐ:

« トルコ見聞録34 命を救われる | トップページ | 翼をくださいっていう »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ