« 伊勢いよく鳥羽志摩す | トップページ | セイウチと赤福とセイウチ »

いざ覚悟、セイウチ三昧

こんばんは、圭です。

しばらく更新をさぼっていたブログを再び書き始めるとき
とにかく連日なんかしら書くのが、習慣復活への近道。

だとおもわれるので、今日も三重県旅行の話を書きまあす。
セイウチばかりですが、興味のある方はよろしくおつきあいくださいませ。


※写真べたべた旅の記録です。

はじめから読む方はこちら↓
1 伊勢いよく鳥羽志摩す









二見シーパラダイスにて。
いよいよ、セイウチショーの時間です。

最前列に陣取って、と言ってもお客さんがあまり多くないので2列めが最後尾ですが、
ともかく最前列、セイウチ嬢の巨躯の正面にしゃがみます。

え、椅子?
そんなものはないよ。

ほら、文字どおり目と鼻の先に現れたセイウチたち!


Popo


ロープも、手すりも、遮るものなにもなし。
「触っていいですよ」と言っていただき、わあ、わあ、すべすべだ。

セイウチのひげはゆでる前のスパゲティのような感触だと聞いてはいたけれど、
まじスパゲティ。透ける黄色に太さまで、まさしくスパゲティ。

ひまわりさん、たんぽぽさん、こんにちは。とでれでれあいさつをすれば、
お返しに手首までじゅっぽり吸われました。うひょー

セイウチの口内から救出した我が手が
スパンコールのようにきらめているのは、
ああ、彼女たちが食した生魚の鱗ね。生ぐせえ。だが勲章である。


ショーではセイウチたちと「おーちた おちた」と手遊びをし。


手ばたき中
Hima1


照れるおなごをにやにや見守り。

 
Po2


括目せよ、しなやかな筋肉。

 
Hima3


腹筋したり。


Fukkin


らっぱ吹いたり。


Rappa_2


そしてこのセクシーなくすくす笑いが最高だった。

 
Hima2


最後はお手を拝借、一本締め。


Ipponjime


幼い子どもたちが、セイウチのでかさにびくびく引いたり泣き叫んだりしているもので、
ふふふ、きみたちにはまだ早いようだね。セイウチの魅力には、まだ気づけないんだね。

大のおとなが遠慮なく、前列でばっしばっし写真を撮りました。


壁面もかわいい水族館
P7030153


書きながら、またセイウチに会いたくなっている。
飼育員さんのブログを読んで、セイウチ欲を満たすことといたしましょう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 伊勢いよく鳥羽志摩す | トップページ | セイウチと赤福とセイウチ »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/60742167

この記事へのトラックバック一覧です: いざ覚悟、セイウチ三昧:

« 伊勢いよく鳥羽志摩す | トップページ | セイウチと赤福とセイウチ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ