« 語り継ぐことばをもつひとよ | トップページ | 同性婚と役所の宿命 »

英雄だって腹は減る

こんばんは、圭です。

押し入れからPSPを発掘した我が彼女あきらさん。
ここ最近、こたつでぴこぴこゲームをする姿がよく目撃されています。

ぴこぴこってもしかして死語?



あ「これね、HP回復するときはホテルに泊まるんだよ」



あ、ほんとだ。
キャラクタがちゃんとふとんをかぶった。

グラフィックがかわいいから、もう一回おふとんに入ってよ。



あ「やだ。金かかる」



ペリカだかゴールドだか知らないが、吝しまれてしまいました。ちぇ。



さても世知辛いRPGワールド、ファンタジーの世界を日常に引きずりおろした怪文書ならぬ怪まんがを、今日はご紹介します。


こちら、九井諒子 『ダンジョン飯』


※未読の方向けですが、念のため分けます。











表紙に在るは、鎧をまとった「勇者」である。

黄金が眠るダンジョンに仲間とともにもぐりこみ、しかしドラゴンを倒しそびれ、あまつさえ妹をドラゴンの腹の中に奪われて「パーティ全滅」するところから物語は始まる。

「勇者」ライオスは
①ダンジョンの外で目を覚まし
②仲間もほとんど失い
③無一文

ああこれ全滅時のお約束。
そこはあれか、最後にセーブした場所なのか。


状況は悲惨だが、蘇生魔法が存在するこの世界。
妹はたぶんまだ救える…はず…!


というわけで、再びダンジョンにもぐることにするが、食糧を調達する金はない。
消化されてしまっては蘇生魔法も効かないかもしれず、つまり時間もない。

ならば。


と、ここで表紙を見返してみる。

ライオスが手に持っているもの。

剣ではない。勇者なのに。

フライパンと、フライ返しだ!


彼は宣言する。
ダンジョン内にうようよいる魔物・魔法生物を、切って火にかけて食べまくろう。
いざ往け、愛する妹を救わん。


 
ってね、そういうまんが。

足のはえたきのこ、バジリスク、窒息を狙ってくるスライム。
ファンタジー小説やRPGでおなじみのあいつらが、絶妙にうまそうな料理に化けるさまを、口あんぐり開けて読みすすむことになります。

あく抜きだとか、ダンジョン内で長持ちするよう干して持ち歩くとか、
さばき方・扱い方が、整然と、至極もっともらしく語られてゆく。


あのはい、そうですか。リアルですね。
いやリアルと言っていいのかわからないけれども! 人食い植物とか食ったことねえし!

でもここはやはり現実的ということばを使っておきたいとおもいます。
調理法に、分量メモに、栄養の六角チャートまであるんだもの、なんなのこれ。


 
絵が見やすくかわいらしいので、グロの心配は無用。
そしてわたしは内容はもちろん、キャラクタの表情がとても好き。

すこしだけ後ろめたい顔とか、
みんなの役に立とうと必死な顔とか、
イラついてるけど辛抱づよく話す顔とか、

彼らのちょっとしたこころの動きが、目新しいストーリーにぐいぐい引き込んでくれる。

同じ作者さんの『ひきだしにテラリウム』もおもしろかったとです。



お取り寄せや食べ歩き、料理まんがなどなど食いもの作品には事欠かない昨今。
毛色のちがうグルメが見たいなら、本作いちおしです。続きがとてもたのしみ。



九井諒子 『ダンジョン飯 1』
エンターブレイン BEAM COMIX 2015年1月



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 語り継ぐことばをもつひとよ | トップページ | 同性婚と役所の宿命 »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ゆんと申します。
いつも楽しく読ませていただいてます。
ちょうどダンジョン飯を読み終わったところだったので、タイムリーさに驚きつつコメントさせていただきます(*^^*)

舞台は思いっきりファンタジーなのに、
逐一現実的に書いてあって面白いですよね。
マルシルが魔物は嫌!不衛生なのも嫌!と騒ぐところも、渋々食べたら美味しさに負けてしまうところも女の子らしくてかわいかったですし(*´∀`*)
妙にリアルで庶民的な感じが、深沢美潮さんの「フォーチュンクエスト」っぽくて懐かしくなりました!

ゆんさん

いつも読んでいただきありがとうございます。
マルシルが目を見開いて「イヤーッ」と叫ぶコマが大好きですわ。

「フォーチュンクエスト」は知らないのですが
雰囲気が似ているのであれば、きっとわたし好き…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/58843857

この記事へのトラックバック一覧です: 英雄だって腹は減る:

« 語り継ぐことばをもつひとよ | トップページ | 同性婚と役所の宿命 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ