« トルコ見聞録23 ささやかなる異文化の積み重ぬるを | トップページ | トルコの味に還る »

喰ってゆけるし愛もあります

こんばんは、圭です。

週末はあきらさんと東京デート。
都会に出るというのにめずらしく本屋には行かず、ここ、ここへ行ってきました。


中国茶舘2号店。


Entrance



店の名前だけで、ぴぴーんとくるひとには、きてしまうのではないかしら。

よしながふみのまんが『愛がなくても喰ってゆけます』に登場した、中華の食べ放題がうまい店です。
 

念のため知らない方向けに…
"食べることを愛してやまない漫画家YながFみ"を軸に、
都内に実在する店での飲食と周囲の人間もようをなんとなく描く
とりあえずメシウマなまんが。読めばわかる。



出版されたのは10年前。でも、お店はちゃあんとありました。

池袋駅の西口を出てすぐ、飲み屋の看板が連なる一角。
階段をのぼってなかに入ると、うわあ、人気店だ。

ちょうどお昼どきではあったけれど、満席。
開店から30分しか経っていませんがな。

「おいしそうだからふらっと入った」とかいう立地ではない、
これは「知っていて来てる」ひとたちだ。期待が高まります。


席に案内されるまで、40分ほど待ち。
さあ食べ放題、いただきまあす。

の前に、まずはお茶を1杯。
お茶の専門店だそうですから。
ボトルキープならぬ茶葉キープシステムがある店なんてはじめて見たわ。

菊花茶を頼みました。
おばさまがテーブルまで来てお茶を淹れてくれます。


で。
食べたものは、食べたものは、ええっと。


季節の青菜炒め

豚耳

鶏のしょうゆ煮

えびチリ

ニラ饅頭

翡翠餃子

ほたてしうまい

焼き小籠包

大根もち

春巻き

レバーの唐揚げ

炒飯

ウーロンゼリー

ごま団子



せっかくのブログネタだっつーのに、メモもなければ写真も撮っていやしねえ。


写真はこれだけ
Tea



うーん、もっと食べたような気もするなあ。
はて、あきらさん、どうだったかしら?と訊きたいところだけれど、
彼女はこたつでぬくぬくと爆睡しているのでやめておこう。ふひひ天使の寝顔。


味は。
うむ、うまい。

ったってね、「おいしい中華」はほかにもあるわけです。
しかし「あのすばらしい味をもう一度」と後々思い出しそうなメニューがね、あったってのは、これはもうすてきなこと。


それすなわち、焼き小籠包とウーロンゼリー。

小籠包は、むちっと厚い皮に具がみちみち。
香ばしくて、とぅるっとぅるの皮を熱いスープとともにじゅるっといただくあの小籠包とはもはや別の点心でした。これは当たり。


そして、まんがのなかでYながさんも食べていたウーロンゼリー!

まず大きさが嬉しい。
スーパーで売っている、白桃やみかんの大ぶりのゼリーくらいあるの。

甘くないウーロンゼリーの上に、粘度の弱い練乳のような甘い甘いミルク。
スプーンを入れると、ミルクがゼリーに流れこんでゆく。絶景かな。

油多めの食事のあとで、口のなかが喜んでいるのがわかるね!
甘みの度合いが好みでした。

あとやっぱり文句なしお茶がおいしかった。
お湯をポットで置いていってくれるので、たっぷり飲めたし。

なにより愛する彼女とうまいもんを食べる時間を共有できたことがね、もう最高っすね。

 







あ、あきらさんが起きました。
おはよう、おはよう。よく寝てたねえ。



あ「ラジオのゲストに呼ばれて、『レズが堂々と生きていくのは意外とむずかしいんですよー』とか熱く語る夢をみてた」









レズブログとしてはそっちを掘り下げて書くべきでしたかね?
御免下され候。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« トルコ見聞録23 ささやかなる異文化の積み重ぬるを | トップページ | トルコの味に還る »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

まぁー!
あのお店、行かれたんですね~~ヽ(・ヮ・)ノ
私もYなが先生、好きですよ^^*
というか、食漫画大好きですw

ぼーっと見てましたが、そうか、池袋なんですね。
めちゃご近所に、そんなうま店が…!!
今度ぜひ、お邪魔してみたいと思います( ̄人 ̄)
美味しいものは、やっぱり1人より、大好きな人と、ですよね^^**

あきらさんの夢のお話も、
気になりますね笑面白い夢(〃∇〃)

saki*さん

池袋がご近所ですと。
いろいろとうらやましい環境です。ジュンク堂とかジュンク堂とか…

食まんがは比較的集まっているほうですが、
Yなが、やっぱりいいですよねえ。

連投すみません;
名前が変わったの、言ってませんでした;aya→sakiに変わりました;;
突然不審者なコメントをしてしまい、申し訳ありません;;

池袋は、本当、本には困らない場所ですよね^^*
でも住処は、川を一本挟んでるんで、しっかり住宅街です笑

…などと、コメントを書いてるうちに、次の記事が更新されてる!!Σ(°-°*)
次回も、楽しみにしております(u u*)

saki*さん

読んでくださる方のほとんどすべては見知らぬひとですので
不審者だなんてそんなそんな。お気になさらず。

たのしみにしていただけるのはありがたいことです。
ぬるくおつきあいくだされませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/58701367

この記事へのトラックバック一覧です: 喰ってゆけるし愛もあります:

« トルコ見聞録23 ささやかなる異文化の積み重ぬるを | トップページ | トルコの味に還る »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ