« トルコ見聞録21 嫁にアイスを猫にはえさを | トップページ | いい子いい嫁いいドレズ »

レズに見合いの勧めらるる事

こんばんは、圭です。

仕事、納めました。
この1年、あっという間だったなあ。

年をとるごとに1年が短く感じられるようになってゆくのは
1年という時間の人生に占める割合が小さくなってゆくからだと
聞いたことがありますが、果たして。


そう、わたしにとって1年とは人生27分の1、
27年生きてきたっつったら、もう子どもではないとかそういうレベルではなく、
ごらんよ、周囲には結婚したり子ども産んだり転職したりしているひとがいるわけ、だ。


そして忘年会の場でぶっこまれる、50代上司からの一言。



「圭さん、お見合いする気、ない?」



うひょー



知人のご子息かどなたかに、
だれぞ紹介してくれと依頼されてでもいらさるのでありましょうか。

上司さまにとって比較的身近な「テキレーキ」の女性、
しかもさっぱり男っけがないわたくしに、
とりあえずお声がけくださったというところでありましょうか。

どうも。
どうも。
恭悦至極に存じ奉り。

しかしわたくし、泣く子もさらに泣くドレズでございます。
「する気、ない?」の問いには、むろん斯様に即答いたしました。



「ありません! おつきあいしている方がおりますので!」



好奇心の強い方であれば興味本位で「見合い? やってみるみる」
という反応もあるでしょうが、わたしは失礼にあたるとおもっています、
本気で結婚を考えている男性の前に、レズがしゃあしゃあと出ばるのは。



「そうか、そうかあ。あれ、もしかしてけっこう長いんだっけ?」


ややほっとしたような表情の上司さま。
わたくしなんぞを紹介せねばならぬとしたら、
やはり、キューピッドとしては力不足という評価を受けてしまいますものね。

そうですね、6年以上つきあっています。



「たしか女の子と暮らしてたよね?」


はい、よくご記憶で。



「住居届で名前を見たときは、彼氏と同居かとおもってどきどきしたなあ」


ああ、「あきら」ってたしかに男性の名前でもありますものね。

うふふ

おほほ



かくて、見合いの提案をさっくりお断りしたわたくし。

これはこれでいいのであるが、そのうち実の親から突っつかれるようになるかもしれず。
同じように明快に切り捨てていくまでだけれども、精神的負担は推して知るべし。

いっそ「あの子レズかもしれない…怖くて訊けないからなにも言わないでおこう…」とでもおもっていてくれれば平和。なのかな。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« トルコ見聞録21 嫁にアイスを猫にはえさを | トップページ | いい子いい嫁いいドレズ »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/58394552

この記事へのトラックバック一覧です: レズに見合いの勧めらるる事:

« トルコ見聞録21 嫁にアイスを猫にはえさを | トップページ | いい子いい嫁いいドレズ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ