« トルコ見聞録10 虹の見える店 | トップページ | トルコ見聞録11 アヤソフィア »

冬のほたる

こんばんは、圭です。

久しぶり久しぶり。
ブログ村のランキングも、あら、知らないブログがこんなに増えています。

トルコ旅行記は遅々として進まず、仕事でまた海外に飛ばされ。
10月はもともと繁忙期、お弁当づくりなどとっくに諦め、コンビニめしのごみが台所を埋めてゆき。
 

ばたばたしているうちに、11月。
年賀状の、発売日ですって。


そんな日に、あきらさんが言いました。



「おデートしませんか」


「うずま冬ほたる、観に行かない?」



栃木県南部、栃木市の冬季名物である、うずま冬ほたる

市内を流れる川の欄干を飾る、白一色のイルミネーションです。

「うずま」というのは川の名前。
「巴波川」と書いて「うずまがわ」と読みます。覚えて帰ってね。



イカニモ系観光地のような浮かれた雰囲気はなく、土蔵と石畳の静かな栃木市。
いつかは観たいとおもっていた冬ほたる、今年、今年行っちゃいますか。



「圭さん観たいって言ってたから。今日は初日だよ」



調べていてくれたなんて。
 
点灯は夕方17時~23時。
おもったより遅くまで灯りがついていることがわかったので、のんびり17時に家を出ます。

デートなんて、いつ以来だろう。
ちょっとがんばって秋服の重ね着を工夫。
雨が降っているけれど、なんのそのこれしき。
観光駐車場に車を入れて、相合傘。



しかし。

Uzuma


あれ?

光ってるの、街頭だけですよね、これ?
橋にびっしり絡みついたライトは、闇に沈んでいます。


開催日、変更になったの?
雨の日は、点灯しないの?

市の観光協会に、問い合わせてみました。



「すみません、機材トラブルで、消えてしまって…いま復旧作業中なんです…」



うわあ…
うわあ……
うわあ………



同じ県内とは言え、はるばる栃木まで来て、
真っ暗な川面だけ眺めて帰れるかってんだ、
めしだ、めしだ!
 

どーん


Pizzapazza



惜しみないモッツァレラチーズやリコッタチーズ。
ほほ肉のベーコンはカリッ、とろとろ。

きめ細かな小麦粉が特徴だという生地はしっとり。



イルミネーションこそ見られなかったけれど
こんなことでもなきゃ栃木でごはん食べよう、なんてことはなかったでしょう。

おいしいピザ屋さん。
儲け、儲け。



「せっかく圭さんに見せてあげようとおもったのになあ。運がわるかったなあ」



あきらさんはしきりに悔しがってくれました。


でも。
ふだん着の本屋めぐりを除けば、デート、久しぶりだったもの。
ちょっとおしゃれして、わくわく出かける、それだけでじゅうぶん特別でたのしかったもの。
 
結果が伴わなくとも、過程の1分1秒がいとしいのだから参る。

 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« トルコ見聞録10 虹の見える店 | トップページ | トルコ見聞録11 アヤソフィア »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/57860327

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のほたる:

« トルコ見聞録10 虹の見える店 | トップページ | トルコ見聞録11 アヤソフィア »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ