« 5年越しの告白 | トップページ | トルコ見聞録12 アヤソフィアⅡ »

百合の宝石箱

こんばんは、圭です。

読みかけでどこかへいってしまった塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』が
あきらさんの枕もとに積み上げられた32冊のなかに眠っているのを発掘しました。

これ地震がきたらおだぶつじゃね?

我が恩師は「せめて安らかに眠れるように枕もとの本棚には仏教書を入れている」と
開きなおっていましたが、いやはや我々も真剣に検討せねばなるまいよ。


さて
この夏に我が家の蔵書の仲間入りを果たした百合まんがをご紹介。


西UKO『宝石色の恋』


※未読のひと向けですが、念のため分けます。










同じ作者の『Collectors』が、わたしにとって至高の百合まんが。
期待値は高く、装幀だけで「即買い」でした。うっふふ、このカバーの紙質たまらん。


中身は極上でした。

女子高生のふわふわ百合もかわいいけれど
かわいいおとなのお姉さんだって、見たい。

という欲をみっちり満たしてくれます。

かわいいひとも
かっこいいひとも
すたいりっしゅ。
って、万年ユニクロとっくりセーターのわたしが言うのもあれだけども。


女性同士の恋愛模様が、これでもか、これでもかと繰り広げられ。
でも短篇集だから、胃にもたれない。
最初の1話なんて、タイトルページも含めてたった4ページです。

せりふの量もちょうどいい。
行間を読ませてくれる、西UKOの手練手管。


小粒でぴりっと上質な百合がきらきらころころ18個入って、
なあるほどねえ、宝石色、か。


わたしが特に好きなのは、「baby you」という中盤の小品です。

職場の同僚(というか後輩っぽい)である和田さんからの
まっすぐな「好きです」をきちんと処理する落合さんの、ことばづかい。

「…泣きそう」と言う和田さんの、やたらリアルな突っ伏しかた。

失恋までスタイリッシュ。
「こんなかわいい子をふっちゃうなんてもったいない」という決まり文句などくそくらえである。


ただし
彼女たちの恋に「共感」はもちません。

「恋愛あるある」「レズあるある」がまぶしてはあるのだろうけれど
膝を打って、ほんとそれ!という性質のものではなかったとです。

透明な、きれいな壁の向こうでの出来事。

現実味をともなう共感ではなく、ポエミーな憧憬。


銀色夏生の詩集のような、百合作品でした。


『私の世界を構成する塵のような何か。』はつらいけれど
『ふ~ふ』じゃ甘すぎるというときのおともに。

 
西UKO 『宝石色の恋』
白泉社 2014年8月


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 5年越しの告白 | トップページ | トルコ見聞録12 アヤソフィアⅡ »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

宝石色の恋とcollectors購入しました。

どちらも大好きになりました。

素敵な作品を紹介して下さってありがとうございました(*^^*)

紀夏さん

わああ買われたのですね。
紀夏さんと作品との橋渡しができたなら本望です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/57890397

この記事へのトラックバック一覧です: 百合の宝石箱:

« 5年越しの告白 | トップページ | トルコ見聞録12 アヤソフィアⅡ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ