« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

トルコ見聞録18 地下宮殿へ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。18時20分。

考古学博物館からホテルへの帰り道。
道沿いの塀に開いた口から、ひとが大量に吐き出されてくるのに出くわしました。

ん、これは?



あ「ああ、地下宮殿の出口だよ」



地・下・宮・殿!!

旅行前の下調べでわたしの心を揺さぶった筆頭は地下宮殿でございますよ。
行こう、あきらさん、行こう! いや待てそもそもまだ開いているのか?


入口と出口は別にあるという地下宮殿。
急ぎたどり着いた入口には、「18時半まで」の文字が掲げてありました。

ぎゃー間に合わん。
あきらさん、だめだ、ここは、もう。遅すぎたんだ。



あ「いまなら行列なしで入れるね!」



超前向きな彼女さま。
よ、よし、行ってしまいましょう。

係のおっちゃんが「10分で出てこいよ」と念を押してきます。
オーケイ、オーケイ、タマム。

そして階段を下りると、これだ。



074underground1



ただの貯水池だってんですけども、なんという幻想空間。
ぬーんと見上げる石柱には凝った細工、柱の足もとに溜まった水はおもいのほか清らか。

何百もの小さな灯りに照らされて、柱の間を進みます。

わたしが愛してやまぬ栃木県は宇都宮の「大谷資料館」もたいそうロマンチックな地下空間でございますが、か、敵わねえ。


しかし「るろうに剣心 京都大火編」や板野友美のソロ曲PVの撮影でもつかわれた資料館です、おすすめ。



閑話休題。

これは三次元ダンジョンです。
ゲーマーのテンションがぶち上がりそうですね。


075undergorund2


 
覚えていてよかった「フォートーラフムズ チェケル ムスヌス?(写真を撮ってくれませんか)」
076underground3



あ「いちばん奥に、土台がメドゥーサの首になっている柱があるんだよ」


ああ、それ、ガイドブックで見たな。
ダンジョンの深奥に眠るなんとやら、たどり着いたらボス戦開始か。

いざ、参る。



圭「あきらさーん、カメラの電池が死にましたー」



メドゥーサに睨まれたのは、我がカメラでした。



まあでも。
地下宮殿の「見どころ」扱いされているメドゥーサより、
空間の雰囲気そのものがとてもとても好みだったので、
それが写真に残せてよかった。

酸っぱいぶどうじゃないんだからねっ



駆け足で鑑賞したけれど、10分では見きらず。
でも、閉じ込められることはありませんでした。ほっ
つーか、我々カップの後からもどんどんひとが入ってきてたな。

地下には「あと10ぷーん(laaaast teeeen minuuuuuuuuuuuutes!!)」の声が響いているけれども、わたしたちが入場したときすでに「あと10分」だったわけで。

3時になったとたん、並んでいるひとがいても眼前でシャッターを閉める地元の銀行の窓口ェ


ほど良いルーズさに感謝の祈りを捧げつつ、ホテルに向かいます。
さすがに空が暗くなってきました。

さて、夕飯は、どうしようか?


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→17 タイル博物館

続き→19 夕食で大問題

はじめから→1 まだ着いてない

いい夫婦が試されるケーキ

こんばんは、圭です。

我々カップル、今週末はまともな連休です。
あきらさんは土曜日にお仕事があったけれども、
日曜・月曜はしっかり休み。ほっぽらかしていた家のことができるね。

しかし家事三昧にするのも味気ない、なにかやりたいことはありますか?
あきらさんに訊いてみました。
 


あ「ミ○ドのドーナツが食べたい」



甘党らしい返答です。

んではふたりで買いに行きますか。
と、話していたのに、朝起きてみたらあきらさん発熱。

出かけたくない、買い物の元気がない。

となれば、わたしがひとりで買いに出ましょう。
甘いドーナツとおかずパイ、あなたの好きなものを。


あきらさんが好きなのは、キャラメル系。生クリーム。
うむ、こんなもんでよかろう。

レジに向かいかけて、おや、やたらカラフルなものが目につきました。

そう言えば。
あきらさんが。



あ「今度、新商品でカップケーキが出るんだよ」



と、ちらしを見せてくれたっけ。
ははあ、これだな。ニューヨークカップケーキ。

自分へのご褒美として。
デートでのスイーツとして。
女子会の手みやげとして。

利用してくれと言うておる。

甘党な彼女のおやつとして、利用させてもらおうじゃないの。
彼女のリクエストにはなかったけれど、きっと喜ぶんでないかしら。
あ、ついでにじぶんのぶんも買っちまお。



帰宅して、彼女の鼻先に袋をぶらさげてみます。

あ「わあ、ケーキがある( ゚∀゚)」



ほうら、ほらほら、この顔よ。
おもいがけずいいことがあったときに彼女が見せる、子犬のような笑顔。

ドーナツはめしがわりに食べるとして、ケーキは3時のおやつにしましょうね。



そうして午後3時。

お待ちかね、スプーンを入れます。
あきらさんはチョコレートの。わたしは抹茶の。

いただきます。
 










待って。

ちょっと待って。

これ、ちょっと、あれ?



圭「あきらさん! これ、びっくりするくらいまずいね!!」

あ「一口食べて無言になったもんね! 超まずいね!!」



そーなのよ、まずいのよ。

なにがどうしてこんなまずいものが平気で棚に並んでいるの。
「クリスマス向けカワイイ新商品☆」なのではなかったの。

女子会の手みやげに持っていったら、空気が凍る恐れがあります。

 
生地はパッサハサのボロッボロのモッサモサ。
味はほとんどなく、彼女に言わせれば「紙粘土」。

クリームはかちかちのべとべと。
バタークリームのような濃さと、すかすかの生地がなじまない。

あ、食べているときは味がないのに
食べ終えてから、むせるように口内に広がる強烈な甘味。

う、き、きさま、アメリカン仕様なのだな。



日本の外食・中食産業は著しい進化を遂げたはずで、
消費者の舌も肥えまくってきたからして全体的なレベルは底上げ必至、
コンビニスイーツなどはその典型で、100円のシュークリームとて侮れぬ…

というこの時代に。

なぜ、これにゴーサインが出てしまったのか、理解に苦しむ、いや、珍しくほんとうに「おいしくない」ものを食べました。1個200円近くするっつーのに。


 
これ。
「デートでのスイーツとして」とも書いてあったわけだけれど。

はっきり言っておく。


Bible


上級者向けです。


「好きなひとといっしょにおいしいものを食べる」という状況は、わたしにとって、いつだってすばらしいものだけれど
「好きなひとといっしょに食べたものがまずい」という状況は、きっと、つきあいはじめだったら気まずく感ぜられたとおもうのです。

そんでさ、あきらさん側はさ、「せっかく買ってきてもらったんだから」って、まずいのをがまんして食べきって「まずいよね?」と申し訳なさそうに問われれば「そ、そんなことないよ!」とか返しちゃうわけよ。

いらんおもいやりによって心がすれ違ってゆく音が聞こえるようだね。



このケーキ、食べた彼女が「お、おいしいよ!」と言ったら要注意。


※味覚には個人差があります。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

トルコ見聞録17 タイル博物館

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。17時40分。

考古学博物館に来ています。
本館の向かいには、別館の一、装飾タイル博物館。

500年ほど前には、スポーツ観戦の東屋だったんですって。贅沢だなあ。

071museum


この建物がまたばかでかい。入口だけでこれだもんよ。


072entrance


19時まで開いているとは言え、夕方遅くともなれば館内はがらんとしています。
ステンドグラスからぽろぽろこぼれる陽を受け止めるタイルたち。
落ち着いて観られるのは、モザイク博物館に同じでした。


073in P9060108

P9060111 P9060110



あ「この絵皿描いたひとは、まさか何百年も後にこうして飾られるなんて思いもしなかっただろうね」


ちがう、ちがうんだ、わたしはもっと上手い絵だって描けたんだ。
それは黒歴史なんだ、頼む、片づけてくれええええ (亡者の叫びごっこ)



壁のへこみのなかに、孔雀。不滅の象徴だとかなんとか。
P9060112


おや、絵のなかの彼が立っている場所は。
P9060113



ひとわたり観終わって。

考古学博物館の別館には、もうひとつ「古代東方博物館」がある。と
ガイドブックが言っておる。

でもぼちぼち、足が痛くなってきたね。
時間もすっかり夜。とは言っても空は明るいのだけれど。


ね、明るいでしょう? ベンチのふたりはカップルってことでよろしく。
P9060117

さあ、帰ろう。


トルコには、きっとまた来る。
そのころには、改修中だったところも観られるようになっているだろう。

そのときまで、別館はお預け。
名残惜しいくらいで帰るほうが、旅はいいって言うじゃない。


誰に言うともない言い訳をつぶやいて、ようようホテルへ足を向けた我々カップル。
長かった1日も、あとは夕飯を残すのみ…

なわけは、なかった。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→16 考古学博物館

続き→18 地下宮殿へ

はじめから→1 まだ着いてない

トルコ見聞録16 考古学博物館

こんばんは、圭です。

昨日のブログを読んだあきらさんが、眉根にしわを寄せています。



あ「この旅行記ほんとに終わるの? まだ2日めだよね?」



目標は、来年の9月までに終結させることです。

さてでは続きをば。


はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない


続きを読む "トルコ見聞録16 考古学博物館" »

トルコ見聞録15 晒せないものにはモザイクを

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。15時55分。

お茶を飲んで、モザイク博物館に向かいます。

ビザンチン帝国の宮殿を飾っていたモザイクが展示された、小さな博物館。
ツアー客はどう見ても来ない。ゆっくりまったり静かに鑑賞できます。

いいねえ、穴場だねえ。
個人旅行で来てるって感じだねえ。


そう、穴場と言えば。


朝、ミュージアムパスを買ったのは、この博物館でした。
ここのチケットカウンターに行列などない!

パスは買ったけれども、今は入場しませんよ、
後で必ず来ます、先にトプカプ宮殿とかアヤソフィアに行ってきます、

そう説明すると、大らかに見送ってくれたお兄さん。
午後ふたたび現れた我々を見て、お、ほんとに来たね、とにっこり迎えてくれました。



お兄さん「どうぞー」

お姉さん「開いてまーす」



ふたりともナチュラルな日本語。すげえなあ。



鍛えていない腕を晒して、なにをやっておるのか、わたしは。Mosaiq



虎狩りの様子であったり。
龍退治のような絵図であったり。

獣が血を流したり。
食いちぎられたり。
木の上に追い詰められたり。



物騒な躍動的なモチーフが多かったね。
Gfloor



発掘調査のパネル展もありました。

決して触りはしないけれど、触ることができてしまう距離と方法で展示された史料。
小さいながら、見ごたえある博物館でした。



博物館の出口で。おまえさん、そのクッションカバーは売りものだよ。Catonthecover



そしてのどの渇きはすいかで癒す。
Watermelon



時計を見ると、間もなく17時。
そろそろ観光を終わらせて、ホテルに帰るひとたちもいるころでしょうか。

しかしイスタンブルは日が長い。
もうそんな時間なの? こんなに明るいのに!


そしてわたし、余計なことに気がついたよね。


「あきらさん、トプカプ宮殿の裏道を下りたところにある考古学博物館、19時閉館だって」



2日めは、まだまだ続く…


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


前へ→14 リッチなホテルの最上階でむふふ

続き→16 考古学博物館

はじめから→1 まだ着いてない

トルコ見聞録14 リッチなホテルの最上階でむふふ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。15時10分。

客引きのあんちゃんをあきらさんが華麗に撃退、
午後の紅茶を飲みに、セブ○ヒル○ホテルへ向かいます。

広場から歩いて5分くらいだったかな。
着いてみると、入口は狭く、う、ちょっと入りづらい。



「レストラン利用かい? 入って正面右のエレベータで最上階だよ」



すかさず、ホテル前で立ち話をしていたおじさんが助けてくれました。
トルコでは、実に何度も、何度も、あちこちから助け舟が出てきて、
とっぽい観光客はすっかりトルコの虜。


で、この景色だ。


057seaside

054withbluemosque


055withayasofya



向かい合って立っているアヤソフィアとブルーモスクが、両方拝めます。特等席。

でも、これきっと夜になってモスクのライトアップが始まったら、なおのこときれいなんじゃなかろか。
メシマズだとは聞いたけれど、夜景の付加価値でおいしくいけるんじゃなかろか。



風が心地よい。
鷗が飛んでいる。
野良犬の昼寝を見下ろす。

さてね、次はどこへ行きましょうか。



大活躍だった昭文社のガイドブック。左はメニュー
058menubook



モザイク博物館に歩みを進めることにして、ティータイム終了です。


 
チャイ(紅茶)は200~300円くらいでした
056cay

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→13 アヤソフィアⅢ

続き→15 晒せないものにはモザイクを

はじめから→1 まだ着いてない

トルコ見聞録13 アヤソフィアⅢ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。14時50分。

アヤソフィア博物館の2階をぐるっとめぐります。


窓から向かいのブルーモスクが見えます
048bluemosque


ひととおり鑑賞を終えたら、1階に下ります。


でもだがしかし。
まだ外には出ないのだよ、これ、これをやらなきゃあ。
 


「願いの柱」



柱のくぼみに指を突っ込んでみて、その指が湿ったら、
視力が回復するとか子どもを授かるとか、そんな伝説の柱です。
 
この「~できたら○○になる」の条件&ご利益伝説にはもう1パターンあって、
「突っ込んだ親指を軸に、残りの4本指でぐるっと円を描ければ願いが叶う」
というもの。


やるしかない( ゚Д゚)つ


真実の口には手を突っ込み、ブレーメンではロバ像の足をさすり、
日光滝尾神社に行ったら石鳥居に向かって石を3個ぶん投げる、
これぞ観光客のたしなみです。



あ「去年来たときは、『今度は圭さんといっしょにトルコに来られますように』って願ったんだよ」



ちゃんと実現させているひとが、身近にいました。
でもそれ、ご利益というよりあきらさんの行動力…


いざ。



あ「じゃあ、あたしは圭さんの勇姿をカメラにおさめてあげよう」



049wishing


これまでに、すさまじい数のひとが、この柱に指を突っ込んできたのですね。
くぼみの周囲はまるっきり表面が禿げて変色しています。
てか、くぼみと言うより、もはや穴。

穴に指を…おっと自重、自重。



あ「圭さんすごい勢いでぶん回すから、写真がブレちゃったよ」



だって行列ができているんだもの。ささっと回して、ささっと次の方に順番を譲らねば。



あ「で、なにをお願いしたの?」












忘れた。



衆人環視のなか、とにかく急いで手を一回転させることに集中していたわたくし。
えーっと、なにを、なにを願ったんでせうか。



あ「(^_^#)」



やれやれ
050cat



こ、これでやり残したことはないので、アヤソフィアを出ます。


053ayasofyalast


アヤソフィアとブルーモスクの間にある広場でひと休み。


噴水があって
052sultanahmetsquare


ごまパンがうまい
051simit



このごまパン「シミット」には、トルコ滞在中、何度も何度もお世話になりました。
ちょうど輪投げができそうなサイズのパンに、ごまがまぶしてあるの。

ぎしぎしもちもちの歯ごたえに、ごまが香ばしい。
おやつとしてはかなりしっかり腹もちがいい感じなのに、何個も食べたくなる!



あ「おやつも食べたことだし、教えてもらった○ブン○ルズホテルでお茶でも飲まない?」



いい考えだ。
でも、どうして「おやつも食べたことだし」なの?



あ「食べものはまずいって話だったでしょ。だけど、お腹が空いたまま行ったら、絶対なにか頼んじゃう」



やっぱあきらさん、あなたに一生ついていくわ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→12 アヤソフィアⅡ

続き→14 リッチなホテルの最上階でむふふ

はじめから→1 まだ着いてない

トルコ見聞録12 アヤソフィアⅡ

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。14時。
アヤソフィア博物館に来ています。

写真を撮り撮り、2階へ。


2階へ上がる道は、階段ではなく、坂でした。


044staircase


足もとの、てろってろに角がとれた石を見よ。
何百年もかけて、何百万ものひとに踏まれて、どんどん擦り減っていっているのね。



あ「圭さんうれしくっても踊っちゃだめだよ。滑るからね」


心得た!

位のお高い方々は、この道を馬車で上ったんだそうです。



到着。

046ayasofya7



お、この写真なら、1階から見上げていた円盤の大きさがわかるかな。

045ayasofya6



セラフィム!

047angel

セラフィム姉弟ほしさに課金して、初10連でほんとにセラフィム姉弟を当ててしまった先月初めのよき思い出…ごほんごほん



アヤソフィアの見どころと言えば、どのガイドブックにも必ず出てくる壁画。

P1010793


拡大すると、ちゃんとモザイクでした。


P1010792

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→11 アヤソフィア

続き→13 アヤソフィアⅢ

はじめから→1 まだ着いてない

百合の宝石箱

こんばんは、圭です。

読みかけでどこかへいってしまった塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』が
あきらさんの枕もとに積み上げられた32冊のなかに眠っているのを発掘しました。

これ地震がきたらおだぶつじゃね?

我が恩師は「せめて安らかに眠れるように枕もとの本棚には仏教書を入れている」と
開きなおっていましたが、いやはや我々も真剣に検討せねばなるまいよ。


さて
この夏に我が家の蔵書の仲間入りを果たした百合まんがをご紹介。


西UKO『宝石色の恋』


※未読のひと向けですが、念のため分けます。

続きを読む "百合の宝石箱" »

5年越しの告白

こんばんは、圭です。

我が彼女あきらさん、職場の先輩に、訊かれてしまったそうです。



「あきらさんは、いつ結婚するの」


※ちょっとまじめな話。分けます。

続きを読む "5年越しの告白" »

トルコ見聞録11 アヤソフィア

はじめから読む方はこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。13時20分。

観光1日めにして、早々にみやげを買ってしまいました。
しかもじぶん用。

彼女とふたりで海外旅行というだけでとっくにハイテンションなのに
さらに煽るようなことしちゃって、まったく。
 

で、次に向かうは?



あ「アヤソフィアか、ブルーモスクに行ってみようよ」



ブルーモスクのほうが近いね。
行ってみましょう。

あ、なんかとんでもない大行列ができていますね。
明日にまわしましょう。

やあ、ディズニーランドより長い列、はじめて見たわー。
「絵になる世界遺産」の集客力、恐るべし。



さあアヤソフィアに来ましたよっと。
 
ここにもそれなりの長さの行列があったけれど、ふふふ、我らには秘密兵器があるんである。

その名は「ミュージアム・パス」
持っていると、特定の博物館・美術館にさくさく入ることができ、入場列も一般列とは別。
ディズニーにおけるファストパスぞ。
 
3日間有効のもので、日本円にして4,250円。
アヤソフィア以外にもちょこちょこミュージアムをまわって、あっという間に元が取れました。

このパスを買うための列もやっぱりあるのだけれど、そこは、「列などできない小さな博物館でパスを買っておいて、アヤソフィアに入る」という作戦で解決です。
 


まずは博物館の門番、グリ氏にごあいさつ。

038ayasofya


お、おじゃまするッス、グリさん。
ついでに1枚、写真を撮らせておくんなせえ。


039guri


グリさん、目を合わせてくれないッス。しぶいッス。



なかに入ると。

040ayasofyainside


絵はがきのような世界。


042ayasofya4

   
正面に向かって左手は、修復作業中かなにかで足場が組まれていました。

041ayasofya3


6世紀の建物だっていうんだもの、そりゃメンテが必要よなあ。
何年後かはわからないけれど、工事が終わってからぜひ再訪したいなあ。


それにしても規模に圧倒されます。

怪しげなアラビア文字の書かれた円盤が見えましょうか、
あれ、直径は2階建て家屋の高さ以上あるんだそうな。

見上げていると、遠すぎて大きさがわかりません。
 

ああっマリアさまっ!!
043ayasofya5



あ「2階に上がれるよ」



きゃー上がる!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→10 虹の見える店

続き→12 アヤソフィアⅡ

はじめから→1 まだ着いてない

冬のほたる

こんばんは、圭です。

久しぶり久しぶり。
ブログ村のランキングも、あら、知らないブログがこんなに増えています。

トルコ旅行記は遅々として進まず、仕事でまた海外に飛ばされ。
10月はもともと繁忙期、お弁当づくりなどとっくに諦め、コンビニめしのごみが台所を埋めてゆき。
 

ばたばたしているうちに、11月。
年賀状の、発売日ですって。


そんな日に、あきらさんが言いました。



「おデートしませんか」


「うずま冬ほたる、観に行かない?」



栃木県南部、栃木市の冬季名物である、うずま冬ほたる

市内を流れる川の欄干を飾る、白一色のイルミネーションです。

「うずま」というのは川の名前。
「巴波川」と書いて「うずまがわ」と読みます。覚えて帰ってね。



イカニモ系観光地のような浮かれた雰囲気はなく、土蔵と石畳の静かな栃木市。
いつかは観たいとおもっていた冬ほたる、今年、今年行っちゃいますか。



「圭さん観たいって言ってたから。今日は初日だよ」



調べていてくれたなんて。
 
点灯は夕方17時~23時。
おもったより遅くまで灯りがついていることがわかったので、のんびり17時に家を出ます。

デートなんて、いつ以来だろう。
ちょっとがんばって秋服の重ね着を工夫。
雨が降っているけれど、なんのそのこれしき。
観光駐車場に車を入れて、相合傘。



しかし。

Uzuma


あれ?

光ってるの、街頭だけですよね、これ?
橋にびっしり絡みついたライトは、闇に沈んでいます。


開催日、変更になったの?
雨の日は、点灯しないの?

市の観光協会に、問い合わせてみました。



「すみません、機材トラブルで、消えてしまって…いま復旧作業中なんです…」



うわあ…
うわあ……
うわあ………



同じ県内とは言え、はるばる栃木まで来て、
真っ暗な川面だけ眺めて帰れるかってんだ、
めしだ、めしだ!
 

どーん


Pizzapazza



惜しみないモッツァレラチーズやリコッタチーズ。
ほほ肉のベーコンはカリッ、とろとろ。

きめ細かな小麦粉が特徴だという生地はしっとり。



イルミネーションこそ見られなかったけれど
こんなことでもなきゃ栃木でごはん食べよう、なんてことはなかったでしょう。

おいしいピザ屋さん。
儲け、儲け。



「せっかく圭さんに見せてあげようとおもったのになあ。運がわるかったなあ」



あきらさんはしきりに悔しがってくれました。


でも。
ふだん着の本屋めぐりを除けば、デート、久しぶりだったもの。
ちょっとおしゃれして、わくわく出かける、それだけでじゅうぶん特別でたのしかったもの。
 
結果が伴わなくとも、過程の1分1秒がいとしいのだから参る。

 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ