« トルコ見聞録9 ケバブランチ | トップページ | 冬のほたる »

トルコ見聞録10 虹の見える店

はじめから読むかたはこちら↓
トルコ見聞録1 まだ着いてない





2日め。13時。


昼ごはんを食べて、さて、このあとは。



あ「さっきのひとたちが教えてくれた、おみやげもの屋さんがすぐそこだよ。行ってみる?」



きゃー!
来たばっかりで、もうおみやげ見てしまいますか。
もしすてきなものがあったりしたら、どうするの。
買っちまう。絶対買っちまうよ。資金には限度というものがあってだな。



あ「はいはい、行きたいのね、行くよ」



ちょっとした階段を上がって、がらすの扉を開けて。



「こんにちは。どうぞ、どうぞ」



わあ、また日本語だ。

トプカプ宮殿で出会った青年たちは、この店が日本人に人気だと話していたけれど
スタッフが日本語できるってことも、きっと多分に影響していますね。


レース編みのネックレス。棚にびっしり、グラスや絵皿。

茶器あり。ストールあり。
トルコ雑貨が品よく陳列されています。

ああ、ここは、高い店だな。ということは一目でわかりますが、買いに来たわけじゃなし。
買いに…来た…わけじゃ…


壁にかけられていたネックレスに一目惚れ。


まだ観光初日だしなあ。あんまりお金をつかいたくないなあ。でもほしいなあ。
どたばた悩むわたしをにやにや見ながら、店員さんはあきらさんにも声をかけました。



店「あなたは、どうですか? なにか見ていきますか?」

あ「いいです、この子が喜んで付けてるのを見てるだけで」



この子って、わたしかい。がきんちょか。



すると。



店「…怒ったらごめんなさい、でも、ふたり、つきあってますか?」



\(^o^)/



トルコまで来てレズバレ。
 
隠すつもりは毛頭なく
ただ国によっては同性愛=犯罪だったりするわけで
べたべたいちゃいちゃしていたわけではもちろんなく。

それでも、訊かれてしまいました。
歩くカミングアウト、あきらさん。



「そうだとおもいました! とってもお似合い。いいカップルですね。こうしてふたりで旅もして。いっしょにたのしめることがあるって、いいことです」



ふふふ
満面の笑みでそう言っていただきまして、悪い気はしませんとも。
例え営業トークであっても、だ。恐らくこのおっちゃん、結構な商売上手です。

レズビアンであることを認めようか、すこし迷ったせいでしょうか、彼は続けました。



「他のひとがどうおもうか、関係ありません。ふたりがお互いをどうおもうか、これがだいじです」



やあ、あらためてこういうこと言われると照れくさくなるなあ。
お互いをどうおもうかって? あきらさんが好きよ。あきらさんがだいじよ。



「人生を、たのしんでください」



じぶんを肯定できずにいるひとに、聞かせたいことばでありました。



「一度しかない人生、一度しかない出会い、お買い物も出会いです!」



おっちゃん、いいこと言ったw

結局、さっきのネックレスは買いました。ついでに、同系色の指環も。


037ring


ピンぼけなのは、下に写っているわたしの指が
年齢の割にごにょごにょ…察してください。

いい記念になりました。


店を出ると、あらら、雨。
おっちゃんが追いかけてきて、ビニル傘を貸してくれました。

 
これはたぶん、にわか雨。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→9 ケバブランチ

続き→11 アヤソフィア

はじめから→1 まだ着いてない


お店の名前は意図的に書きませんでした。
というのも、帰国後にネットで調べると、数年前の情報とは言え、
「あの店はぼったくり」と怒りの声が見つかったから。

わたしは
「じぶんがほんとうにほしいもの」を「このためになら払ってもいい額」で
買ったのである限り、あとで似たようなものをもっと安く見つけたとしても
ぼったくりだと息まくのはおかしいとおもっています。

お買い物は出会い。それで良いではないですか。

« トルコ見聞録9 ケバブランチ | トップページ | 冬のほたる »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/57586340

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ見聞録10 虹の見える店:

« トルコ見聞録9 ケバブランチ | トップページ | 冬のほたる »