« ひとつのレズビアン的結婚生活 | トップページ | 大雨と愛のむだづかい »

トルコ更新局2 計画編

こんばんは、圭です。

トルコ旅行前に浮かれてる記事の2本目です。


はじめから読む方はこちら↓
トルコ更新局1 旅のきっかけ


ネットで見つかる海外旅行記て、「行ってきましたー」つって、飛行機やら機内食やら、もうどんどん旅を思い出す形式が多いのだけれども。

わたしの場合、なにをおいてもまず、じぶんのための記録という意味あいが強いので。
行く前のわくわくとか、準備とか、あとで読んでにやにやするために、なるべくリアルタイムで洗いざらい書いていこうとおもいます。

レズ話はありませんが、興味のある方はどうぞ続きを。


※冗長なので分けます。










トルコに行くことをば決めたら、さっそく旅のなかみを計画。

とりあえずネットで「トルコ 旅行記」を検索しまくったよね。
ここ3ヶ月というもの、実にさまざまな方の旅行記にお世話になりました。
インターネットばんざい。

特に、特に参考にして読みふけった方のブログには、旅行後にお礼のコメントを残すことにします。



さてまず。
ツアーで行くか、個人で好き勝手に行くかを検討します。

あきらさんは、前回ツアーで行ったので、今度は自由に動きたいと言いました。

もっと長居したかったのに、早々に引きずり出されてしまったところが多かったそうで、そうだよね、ツアーってそういうもんだよね。
宿も、5つ星でなくていい、そこそこ手ごろな値段で泊まれる、地元臭のあるところがいい。

答えはすぐに出ました。
個人旅行といたしましょう。

トルコは比較的治安も良くて、常識的なことにきちんと気をつければ女性だけの旅でも問題ないってよ。
よしよし、ツアーでなくていいね。



では、と。
トルコのどこに行きましょう?

トルコ国土は宏大。日本の2倍。世界遺産も11ヶ所ある!

ちなみにあきらさんが前回行ったのは?



あ「イスタンブールだけ。1都市満喫ツアーだったよ」



首都アンカラをさしおいて、トルコ最大の都市イスタンブール。
観光の定番です。どのガイドブックにも、筆頭で載っています。

そして彼女は、こうも言ったのです。



あ「でも、ぜんぜん時間が足りなかった」



ふむ、では。
行き先は、イスタンブールにしぼりましょう。
トルコ国内をあっちへこっちへ周遊し、世界遺産をつまみ食いするのは、やめましょう。
…とおもってた矢先に、あーあ、見つけちまうんだなあ。


エフェス。


トルコのガイドブックをひらくまでさっぱり知らなかったのだけれど、
知らなかったなんて言うと世界史をまじめに勉強しなかったのがモロバレだけれど、
古代ギリシャ・ローマの遺跡が、保存状態よく見られる場所ですって。
青い空に白い遺跡がどんどんどどん。写真が大迫力。

なかでも、図書館の遺跡が有名なんですってよ。
となったら、もう、4000年ぶん降り積もった叡智のかけらを吸い込みに、行きたくなるではないか。

イスタンブール発エフェス日帰りの現地ツアーもあるようなので、ではそれを申込みましょ。

ところが。
あきらさんの「待った」がかかりました。

なにかとおもえば、この手のツアー、必ず英語ガイドさんがついてくるのが気に食わないと言わしゃるのです。



あ「英語じゃ細かいことがわからないし、日本語ガイドを頼むと料金がはね上がるよ。そんなの無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!」



というわけで、イスタンブール~エフェスの往復移動も、がっつり個人手配となりました。
わたし、遊びで海外に行くのはじめてなんだけどね。だいじょうぶかね。


ともあれ、だいたいできました、1週間の予定表。


1日目 AM成田発 PMイスタンブール着
2日目 イスタンブール観光
3日目 イスタンブール観光
4日目 エフェス日帰り観光
5日目 イスタンブール観光
6日目 AMおみやげ物色 PMイスタンブール発
7日目 AM成田着 PM帰宅

 
たのしみ!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


前へ→1 旅のきっかけ

続き→3 手配編

« ひとつのレズビアン的結婚生活 | トップページ | 大雨と愛のむだづかい »

11.トルコ更新局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/56512067

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ更新局2 計画編:

« ひとつのレズビアン的結婚生活 | トップページ | 大雨と愛のむだづかい »