« 東京レインボープライドに寄す | トップページ | 飽きない »

いつものメリークリスマス

こんばんは、圭です。

つい先日、あきらさんから小包が贈られました。
なんだなんだ、これはどうしたことだ。
 


あ「こないだ、クリスマスになにもあげなかったから」



そんな、律儀な。


なかみは、セイウチの形のイヤリングでした。


わたしセイウチ大好きなので、しかしそれを知っているひとは多くはないので、
これは彼女にしか選べないプレゼント。

彼女といっしょにいると、プレゼントて「あなたのために」という想いの具現化なのだと実感させられてばかりだよ。



かわいかろ。

Walrus1_3



セイウチの背中の皺まで再現されているの。
じゃまにはならないけれど存在感のある大きさ。

あと文句なし顔がかわいい。





わたしが子どものころ好きで読みまくった本の筆頭は「大草原の小さな家」シリーズでした。
シリーズ3巻『プラム川の土手で』の一節が思い出されます。

主人公の少女ローラに、かあさんが語って聞かせるクリスマスのこころ。


サンタクロースは、いつでもいるし、どこにでもいる。
じぶんの欲やわがままを忘れ、ほかのだれかのしあわせをいちばんに願うとき、そこには必ずサンタクロースがいる。

「じゃあ、みんながみんな、いつもいつもほかのひとのしあわせを願ったら、いつもいつもクリスマスなの?」

「そうですよ、ローラ」


(文言はうろ覚え)



あきらさんが、わたしのしあわせを願ってセイウチをくれたから、4月にクリスマスがきたんだね。
さあ、今度はわたしがあなたの誕生日プレゼントを選ばねば。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 東京レインボープライドに寄す | トップページ | 飽きない »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

圭さん こんばんは。いつもながら、あきらさんの心の寄せ方にはしびれますね!
今日のエントリー見てたら、なんだか昔みた映画の一幕を思い出しました。ある演者が「幸せになるにはどうしたらいいの?」と問い、主人公が答えました。「幸せになるのは簡単よ。目の前にあることを愛せばいいの」というやりとりです。

圭さんとあきらさんは、お互いにそんな気持ちなのかな。いや〜、なんか癒されました!次回の記事も楽しみにしてます。

satoさん

コメントありがとうございます。
目の前にあるあきらさんとの日常を今日も愛して暮らします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/55977271

この記事へのトラックバック一覧です: いつものメリークリスマス:

« 東京レインボープライドに寄す | トップページ | 飽きない »