« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

想いはでっかい白い恋人たち

こんばんは、圭です。

「今日は飲み会で遅くなるよ」と言っていた我が彼女。
その「飲み会」が始まったのが1時間くらい前だっていうんだけど、どうしましょ。



送別会に次ぐ送別会。

期末の残業まつり。

夜つきの出張。

彼女の夜勤。



ふたりとも、きちんと自炊する余裕のない日々がつづいています。
ここ1週間ちかく、外で食べてから帰ってくるかコンビニ弁当かの2択だもんよ。

ふたりの時間も満足にとれていない気がする。
明日とて、わたしが送別会に行っちまうので、夕ごはんはべつべつです。


そんなおり。
これは昨日の話だけれど。

仕事帰りに寄ったショッピングセンターで、北海道物産展がやっているのを見止めました。

よし。
がんばるあきらさんに、おみやげを買おう。
ふたりでおいしいものを食べて、ちょっとしあわせな時間をつくろう。
 

マルセイのバターサンドを買いました。
たしか、たしかあきらさんはこれが好きだって言っていたはず!

買いもの袋を提げてお店を出ようとしたとき、
あきらさんからメールが届きました。



「北海道物産展やってたので、がんばる圭さんにチーズケーキがあるよ」



同じことを、考えてくれていたのね。


今日。
あきらさんの帰りを待ちながら、ケーキを開封しました。

札幌わらく堂のかご盛りレアチーズケーキ。
四半世紀生きてきて、いちばんおいしいレアチーズケーキだわ、これ。

生クリーム? ヨーグルト? おとうふ? くしゅくしゅの食感に。
チーズのぺたぺたした風味が合う合う。


大ごちそうでした。
ぜんぶ食べたわけじゃないわよ。
 

しかしどんなごちそうよりもだ、あきらさんの帰宅のほうがおいしいのであって。
早く帰ってこないかなー。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

凶器はおっぱい

こんばんは、圭です。

春ですね。
我が彼女あきらさんは、3日前から寝間着を春仕様にお召し替えされました。

ふふ
ふふふ

わたし好きだな。
あきらさんの、この寝間着、好きだな。

相好をくずして、抱きつき抱きつき。



あ「なにが好きなの。なんで好きなの」



春物はすこし薄手だもの。
つまり、あなたとわたしとの間を遮るものが薄いってことですよ。

ね、それってうれしいことでしょう?



…(;´_ゝ`)



照れたのか、呆れたのか。
彼女は無言でわたしを引き寄せ、胸でどさりとわたしの顔を覆いました。

わーい! おっぱい!


などと言っている場合ではありません。


い、命の危機。


うほっと喜んで昇天するひともいるかもしれないが、いやまじ彼女のおっぱいはひとを窒息死にいたらしめるしろものです。笑いごとじゃないのよ。

やわらかに、しなやかに隙間なく鼻と口が塞がれ。
大重量のプレス。もう鼻なんかぺしゃんこになってしまうんである。

あ、鼻の骨がゴリッて鳴った。



あ「チチだけで1.5kgあるよ」



彼女が猫背になるのもむべなるかな。

しかし、さあ、背を伸ばして。
春の空気を吸おうではないか。


かく言うわたしのいちばん嫌いな季節は、春。
そして彼女は、花粉症。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

アンテナに引っかかるもの全て

こんばんは、圭です。

ものまねタレント コロッケ と 声優 山寺宏一 との、
対談というか仕事の舞台裏暴露というか、NHKのそういう番組にぐいぐい惹きつけられて、
なにを書こうとしていたのか、けろっと忘れてしまいました。


 
「アナと雪の女王」を観に行ったときに流れた、
別の映画「マレフィセント」の予告も百合っぽかったなあ、

って話だっけ。



発売されたばかりの『パレス・メイヂ』2巻では、
うら若き男装の女帝が1巻に輪をかけてかわいくなったなあ、

って話だっけ。



『もやしもん』最終巻はすばらしい安定のBLだったなあ、

って話だっけ。



中学の女性教諭が、女子生徒に対する
4回の不適切な接触(ほっぺたにキス)で処分された。

っていう千葉のニュースの話だっけ。



ほんとうに忘れてしまった。

思い出したら、また。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ホワイトデーの勘違い

こんばんは、圭です。

週末は、映画だけでなく、買い物にも行ったんですの。


買ったのは、牛乳と本棚です。
へへ、本棚、買っちまった。

収納家具は、買ったら負け。
「しまう場所がある安心感からさらに買う」ループが発生するから、買ったら負け。

そんなこたーわかってる、でも止められなかったの。
アジア雑貨のお店で、インドネシアで買いつけたという軽い木製の棚に一目惚れ。
さっさと我がものにしてしまいました。



あ「すごい衝動買いしたね」



ほんとにね。でも後悔がないから、これでいいのです。



ほくほくでれでれ歩いていたら。

ばったり友人(♀)に出くわしました。
チョコレートだのクッキーだの、菓子類をいくつも手に提げています。


そうか、金曜日はホワイトデーだったものね。
お返しをいっぱい用意しているところなんだね。

モテまくりだな、このこのー。

と。
言おうとして。
かろうじて言う前に気づいたのだけど。


一般的に言って、日本でホワイトデーにお菓子を買うのは男性だね、女性ではないね!?



あぶねーあぶねー。
レズ生活も長くなって、わからなくなってきたよ。

復習。
バレンタインは、女性から男性へ。ホワイトデーは、そのお返し。
これが王道たる図式だね? あれ、合ってるよね?


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

姉妹百合「アナと雪の女王」

こんばんは、圭です。

あきらさんと、映画「アナと雪の女王」を観てきました。
これは、5つ星。わたし大好き。


※未見のひと向け。でもストーリー紹介とネタばれとの境界線はひとによって違うので閲覧注意!

続きを読む "姉妹百合「アナと雪の女王」" »

トルコの夢みる現実逃避

こんばんは、圭です。

年度末は、仕事がどたばたと忙しく。
先週は帰宅が毎日22時から23時で、体力のないわたしにはつらい日々でした。

プレッシャーも厳しくて、ああ、こんなときは。


家にいるときだけでも、現実逃避しなくっちゃ。


最近のわたくしの現実逃避法は、「トルコに想いを馳せること」だったりします。

去年の今ごろ、あきらさんが訪れてから、
俄然わたしにとって「行きたい国」となったトルコ。

旅行ガイド本を読み、写真を眺め、動画を見まくって、トルコ語にうっとりしていると、
忘れられるのよ仕事の悩みをな!



さて。
先ほど、ハードディスクにたまった録画リストを見ていましたら。

ん?

なんか、あれ、ずいぶんたくさん録ってあるね?
銀.魂と緊.取とサムメンコ以外に、録画してるものあったの、あきらさん?



あ「番組表を見て、海外ネタの出てきそうな番組を、片っぱしから予約しておいたんだよ」



それはもしかして。



あ「もしかしたら、トルコが取り上げられるかもしれないからね」



やっぱり。



あ「圭さんの癒しのために」



つきあって何年経っても、彼女のサプライズ上手は変わりません。

まじ天使!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

抱かせてあげられなかろうと

こんばんは、圭です。

あきらさんのご実家に、おじゃましてきました。
彼女は、ちょくちょく実家に顔を出しに行くのですが、
今回はわたしもついていった…というか、連れていかれました。

お茶をいただいて、お菓子をいただいて、
あきらさんのおばあさまと小一時間おしゃべり。

 
孫に会うこと、ひとと話すこと。
お年寄りの顔をかがやかせるものなのですな。
 

そして帰り道。



圭「あきらさんは、おばあちゃん孝行してるよね」



「でしょ」と得意げなあきらさん。



うん、ほんとに、りっぱに孝行しているとおもうよ。
見方によれば、レズだってことが、「不孝」かもしれないけれど。

20代後半にさしかかった孫が結婚することはなく、
ひ孫が生まれることもない。

ある種の価値観をもつひとにとっては、きっとそれは、不孝だわね。



あ「ひ孫? いいんだよ、そんなの」



あきらさんは、即座に否定してみせました。



あ「ひ孫は抱かせてあげられないけど、かわいい孫をもうひとり作ってあげたんだから」



わたしがおじゃますると、いつでもにこにこふわふわ歓待してくださるおばあさま。
まさに、かわいい孫の扱いを受けます。



あきらさんは、おばあさまにカムアウトしていません。
すべきだとも、してほしいとも、おもいません。
 
わたしは、彼女とわたしとのほんとうの関係を知らせないまま、
穏やかに健康的に築くことのできた、この目上の方との新しい人間関係を、
たいせつにおもっています。

だって、おばあちゃんって、もうおばあちゃんやってるだけで敬えるし、かわいいよね!

 

あ「圭さんに対するばあちゃんの態度みてると、『あなたの孫はあたしなんですけどー!』 って、おもう」



帰宅後の冷蔵庫は、おばあさまからのいただきもので贅沢に膨れました。
野菜がたくさん。うれしい。


夕飯には、きのこたっぷりの鍋と、さしみこんにゃくを食べ。
今週のお弁当のおかずも、野菜をどっさり使ったものになりました。


・レタスとツナの塩こんぶサラダ

・かぼちゃのハニーマスタード和え

・ブロッコリの塩バターレモン蒸し

・にんじんとごぼうのきんぴら

・さといもの煮っころがし

・鶏肉と大根とちんげん菜と豆苗の炒めもの



さ、明日からきっと残業また残業。
栄養をしっかり摂って、期末を乗りきります。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

中性おじさんと男の子の旅行記

こんばんは、圭です。

こんなまんがが出版されました。

『アジアをふたりで歩いてみた ~中性おじさんと男の子の旅行記~』


 
「中性おじさん」とは、作者の新井祥さんのこと。
「男の子」とは、新井祥さんのアシスタントを務める「こうくん」のこと。

ふたりの旅ルポまんがです。


 
新井祥さんは、30歳までは女性として暮らしてきたけれど、ある日からだが男性化を始め、
それがどうやら染色体のせいらしいと判明、今では男性として暮らしている、
しかし戸籍は女性だという、中性というか両性というか、そういう方です。
 
『性別が、ない!』というシリーズを描いているので、
セクシャルマイノリティ関連本に強い方は、よくご存じだとはおもいつつ。



アシスタントのこうくんは、男性。うん、男性。
新井祥さんのまんがには、男と女とのはざまに生きるいろんなひとが登場しますが、
こうくんは、祥さんのことばを借りれば「普通の男の子」で、ただ見目が麗しすぎる、男性。
 
気になる方は「宇佐木巧」でぐぐって、彼の女装写真をご覧くださいませ。
 


閑話休題。
 


この本ね、すっげおもしろかったの。
タイ、台湾、シンガポール、インドネシア、沖縄、ハワイの旅行雑記なんですが。

性別適合手術大国であるタイもあることですし、
やっぱり新井祥さんの得意分野なのでしょうね、
ちょいちょいセクマイネタを差し挟みつつ、
仕上がりは、エキゾチックな旅行エッセイ。

ガイドブックの類とは編集方針がぜんぜんちがうので、わくわく読めました。
グルメも盛りだくさんだよー。
 


中身もおもしろかったし、
もうひとつ、にやりとうれしかったことがありましてね。
 
このまんが、うちの近所の本屋では。
 
東村アキコやオタリーマンなどなどが置いてある「エッセイまんが」のコーナーではなく。
杉山文野や椿姫彩菜といったセクシャルマイノリティ関連本の棚でもなく。

旅行の本のところに、置いてありました。

ことりっぷや、るるぶと並んで、これ。


こういう配架なら、
東南アジアのガイドブックを求めて来店しただけで、
セクマイについて特に詳しくはないというようなひとにも、
新しい世界が開ける可能性がありますな。

にやり。


それにしても、海外旅行に出たくなる本です。
新井祥さん、罪なひと。


新井 祥 『アジアをふたりで歩いてみた ~中性おじさんと男の子の旅行記~』
実業之日本社 2014年2月


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

女子高生とつながる(合法)

こんばんは、圭です。

昨日あたたかくじっとりした雨が降ったので、家の周囲の雪がほとんど溶けました。

春ですね。

明日はまた雪が降るらしいけれどね。

   

脈絡はないけれど、ハルさんと遊んできました。

零式インデックス」の杜崎ハルさん、同郷のうら若きレズビアンブロガーです。


相談事があると言われ、どうも恋バナが聞けるらしく、
きゃー若レズに頼られるようになっちまった、でもアドバイスらしいことなんて言えないよ!
だって我々カップルのつきあいはじめなんて酒の勢いだもの!

などとおもっていたのですが。


うむ。
年上だからって、こちらはカップルだからって、気負う必要はなかったのだね。

杜崎さんは、悩んでいる内容も、相談の方向性も、とっても前向きで、わたしが逆に元気をもらいました。


セクシャルマイノリティであることに苦しむ青少年が存在するのは、きっと事実で、そのためのサポート・フォローは必要だとしても、それでも、日ごろからわたしがおもっていることがあるの。

「セクマイの若者」イコール「暗くて複雑で大変」なわけじゃないんだぞー。


さてその悩ましくもポジティブな恋バナはあっという間に終わり、
あれ、宝.塚だの、風.男.塾だの、あの、なんかそういう話ばっかりしていたような…?



セクマイであるおかげで、異なる世代の方と出会いました。
お話をしてみたら、趣味にもゆるい共通点がありました。


今日はほんとに若い娘のエナジィ(ポーの一族ふう)をもらったよ。

ありがとう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ