« 一挙両得のバスタイム | トップページ | 生きろ、そなたは »

見知らぬ彼女とこんなに近くで

こんばんは、圭です。

年末のあいさつのため、どなたかよくわからんお客さまが次々に職場を訪れる季節になりました。


皆さま、ひとの顔と名前を覚えるのは、得意ですか。


わたしは、比較的得意なほう。
そしてあきらさんは、致命的に苦手なひと。


今年は年越しをカップル友だちと過ごすことにしているのですが、彼女は

「待ち合わせは圭さん頼みだよ」

などと言ってわたしの度肝を抜きました。


え、年に2回くらい会うだけじゃ、友だちの顔、覚えていられない?



あ「頻度とか回数は関係ないよ。あたし弟の顔もはっきり覚えてないもん」



ま じ で !?

生き別れた弟じゃあるまいに!
ちょっと、あーた、実家を出るまで約20年、弟とひとつ屋根の下に暮らしていたでしょう。
ま、まさかとはおもうけれど、親の顔も…?



あ「親は写真があるから、じぶんの親はこういう顔をしているってのをアルバムで見てるわけ。でも弟は、あいつ写真嫌いで全然写ってなくてさー」



お、おう…
 


あ「あ、そうそう、遠距離恋愛してたときも、圭さんの顔はおぼろげだったよ」



やっぱりか! そんな気がしたわ!



あ「だからね、休み明けに『あ、髪切った?』みたいな会話できるひとはすごいなっておもう。じぶんの記憶にある相手の顔と、髪型が違うって気づくから指摘できるわけでしょ」



あなたほど「ひとの顔を覚えるのが苦手」なひとを、わたしは他に知らないよ。


 







髪を、切ってきました。

もともとショートだったのを、さらにざっくり。

台所で皿洗いをしていると、あきらさんが帰ってきました。

お帰り、と言って振り向きます。



あ「あれ、圭さん、髪ずいぶん短くなったね」



わたし、あきらさんに、顔を覚えてもらったみたいです。
わたし、彼女の、「特別」になれているんだって、そうおもって、いいかな。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 一挙両得のバスタイム | トップページ | 生きろ、そなたは »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54281513

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ彼女とこんなに近くで:

« 一挙両得のバスタイム | トップページ | 生きろ、そなたは »