« ゲイだからというわけではなく | トップページ | やってみようなんでも結婚 »

糖分を摂りすぎたくないお年頃

こんばんは、圭です。

今日は彼女よりわたしのほうが早く仕事が終わりました。
家に着いて、こたつでごろごろすること半時間。
ようやっと、彼女からのメールを受信しました。


 
「いまから帰るよー」



はい、お疲れさん。
あきらさんの職場はうちからバイクで5分ほどです。すぐに帰ってくるでしょう。

と。
おもったのに。

おやおや、30分が経った。


どうしたかな。
帰り際にこわい先輩に呼び止められてしまったかな。


さらに10分ほど待つと、やっとこやっとこ彼女が帰宅しました。



あ「ただいま。圭さん、はいこれ」



はいどれ?



それって。


Presents



あ「プレゼントもフライングだったけど、ケーキも」

 
圭さんの誕生日、当日は、早く帰れなそうだから。
忙しくてなにもできなそうだから。

先にあげちゃうね。



花束に。

梅酒に。

チーズケーキをいただきました。

わーいわーい。



冬はふたりそろって暗い色ばかり着ているし、花を飾ると部屋があかるくなっていい。



あ「ポインセチアと迷ったんだけど、クリスマスっぽすぎるからやめた」



これはあくまで、わたしの誕生日のためのお花なんですってよ。うっふっふ。
わたくし12月生まれだけれども、彼女とつきあってこのかた、「クリスマスと誕生日まとめて1回」という祝われ方をしたことがありません。

分けて祝ってしかるべきだとは1ミリもおもわないけれど、すとんとすなおに、うれしいね。



そしてケーキ。
誕生日と言えば、おともは生クリームのショートケーキ? チョコレートケーキ?
それもそれですてき。大好き。
でも、チーズケーキワンホールなんてなかなかもらう機会ないよ! 大好物なのに!

さっそく切り分け、食後にぱくぱく。
「濃厚 窯出しチーズケーキ」は、濃厚というほど濃くはなく、
チーズがほんのり塩っぽさを感じさせて、美味。
ぺろりと食べられてしまいました。

や、ワンホール食べ尽くしたわけではありませんぞ。
味わうたのしみはまだもうすこし続くのだ。



そんでもって、梅酒。
これ、なんかめちゃめちゃうまそうですよ。てろんとした琥珀色に期待が高まります。
「日経新聞 おすすめの梅酒ランキング1位」とか書いてあるし!

でも、チーズケーキとは合わない気がするから、今夜は飲まずにとっておこうっと。



あ「そうだ、圭さん、お花には長もちさせる薬が付いてるからね。お水に入れてね」



花を活けて、薬を水に溶きます。

ぽちゃん。とぽん。

くるくるくる。

アイスティーにシロップをたらしたときのように、とろりと渦が生まれます。

くるくるくる。

この薬も、甘いのでしょうか。
花にとっては、甘いのでしょうか。
 


あきらさんは、「5年も6年もつきあってきて甘いことなんかやってられるか」と顔をしかめることが最近たびたびあるけれど、こうしてさりげなく糖分を補給してくれるんだね。

ありがとう。


ゆったりと長もちするのは、我々の関係。
浮かれて花咲くのは、わたしの恋ごころ。
 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« ゲイだからというわけではなく | トップページ | やってみようなんでも結婚 »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54171066

この記事へのトラックバック一覧です: 糖分を摂りすぎたくないお年頃:

« ゲイだからというわけではなく | トップページ | やってみようなんでも結婚 »