« 文字の記憶をかみしめる | トップページ | それぞれの新年 »

なめんな、「マンネリ」

こんばんは、圭です。

前回のブックレビューは、わたしひとりの暴走。
このブログの第一の読者である、我が彼女あきらさんには、別におもしろくもなんともなかったことでしょう。

ね、そうでしょう、あきらさん?


あ「うん、別に」


ひじょうにすなおな感想を、いただきました。





クリスマスは、特別にクリスマスらしい雰囲気づくりをしないまま終了。
あきらさんがチョコレートケーキを調達してきてくれて、紙皿でぱくぱく食べました。

チキン?

ええ、まあ、食べましたけれど。

あぶら菜といっしょに、塩とみりんで味つけした鶏もも肉のみぞれ煮をね。
和食クリスマスでした。





今日は、年末デート。
と、称しまして、年賀状を投函するついでに、
あした遊びに来る友だちカップルのため、スリッパを買いに出ました。

ふたりとも化粧しないまま。
ふたりとも財布はポケットにつっこみ、かばんを持たぬまま。





これを。

この気楽さを。

マンネリと呼びたいひとは、そう呼ぶのかもしれません。





でも。

彼女が。


ふとんに入ると毎晩、あきらさん好き!好き!とばたばた騒ぎ立てるわたしを。

はいはい、圭さんは、あれだねえ、ギャルゲ慣れしていなくても、簡単に攻略できるねえ。ちょろいねえ。
あたしも好きだよ好きだよって、ひとつ覚えみたいに返していれば、エンディングまでいっちゃうもんねえ。

苦笑しながら撫でてくれる時間。



彼女が。

 
読書中のわたしのとなりでこたつにもぐり、携帯電話をいじっていたはずなのに。

突然。

「きのこ!」と奇声を発して、まあるいクッションを傘のようにかぶり、おどける時間。



片づけられて、たまるか。
マンネリという、否定的な響きを帯びたことばで。


あきらさんは今日、わたしがこのクリスマスにプレゼントした、赤いコートを着ていました。
わたしは今日、あきらさんとつきあってはじめての冬に慌てて買った白いコートを着ていました。


紅白だね。
おめでたい、おめでたい、お正月がやってくるね。

ふたり暮らし、二度めの年越しです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 文字の記憶をかみしめる | トップページ | それぞれの新年 »

04.ふたり暮らし記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54437056

この記事へのトラックバック一覧です: なめんな、「マンネリ」:

« 文字の記憶をかみしめる | トップページ | それぞれの新年 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ