« 職場でにじみ出る本性 | トップページ | 糖分を摂りすぎたくないお年頃 »

ゲイだからというわけではなく

こんばんは、圭です。

つきあいたてから今まで、我々のデート、行き先の定番は本屋です。
ふたりとも、紙が大好き。

わたしは本屋という空間そのものが好きで
紙とインクのにおいを嗅げるだけ嗅いだら満足して帰るひと。
本はほとんど図書館で借りて読みます。

一方の我が彼女。
本屋空間を愛するのは同じですが、あきらさんは実際にね、買うんだね。
 
買い集めるのは主にまんがで、まじで1日に40冊とか増殖します。


こないだお会いしたヨコさんが、おっしゃっていました。



「まんがって、あいつら子ども生むよね」



そう、新しい作品に目を止め、出ている限りの続刊を食らい、
同じ作者の別シリーズや同じジャンルの別の作者をそろえ始め、
その漫画家がリスペクトしている別のあの方、おっと、この出版社からも出していたのかあ。
あ、なつかしい、これむかし読んで実家に置いてきたやつ!

エンドレス、エンドレス。



この現象について、では、わたしがなにを申しているかと言うと。

じぶんひとりの狭い好みでは決して出会えないような1冊と、邂逅できていいよね。
ということです。

賃貸で床をぶち抜いたらどうするんだろ。



思い返せば、奇才よしながふみとも、そうやって出会ったのでした。
あきらさんの持っていたまんが『西洋骨董洋菓子店』が入口だったなあ。


さあ、なんの話かおわかりですね。出ましたね出ましたね新刊。


『きのう何食べた?』の8巻。

シロさんとケンちゃんというゲイカップルの日常まんがですね。



あ「前から似てる似てるとおもってたけど、8巻のケンちゃんてほんと圭さんとそっくりだよね」



…ぼさっとした黒髪に、黒ぶちめがねをかけているからですか。



さておき。

こいびととのふたりごはんがうれしくて、じわりと涙を浮かべるところ。

やきもちの焼きどころ。

旅行に出ようというときのはしゃぎっぷり。

食事のしたくは手伝い専門で、たまに張り切るともたもたするところ。

うんうん、自覚、ある。じぶんで言っちまうけど、似ているよね。



あ「このさ、焼きたてのケーキのつまみ食いを我慢させられた顔、ああ、圭さんて感じ」













いや、そこは似ていないな。


なぜならわたしは、そんなとき、ケンちゃんのようにちゃんと我慢したりせずに、つまみ食いをしてしまうからだ。

そしてあなたは、シロさんのようにつまみ食いを厳禁したりせずに、わたしといっしょにつまみ食いをするだろう。

でぶまっしぐらーwと、げらげら笑いながら。


そうやってまた。

年を越えて、いっしょにいようね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ところで8巻は、
おいしいものをおいしく作るシーンだけではなく
「おいしく食べる」シーンが多めでうれしい。

« 職場でにじみ出る本性 | トップページ | 糖分を摂りすぎたくないお年頃 »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54160373

この記事へのトラックバック一覧です: ゲイだからというわけではなく:

« 職場でにじみ出る本性 | トップページ | 糖分を摂りすぎたくないお年頃 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ