« 冬の仙台戦記 3 | トップページ | おいしい朝ごはんを食べよう »

冬の仙台戦記 4(終)

こんばんは、圭です。

宮城県旅行記を書きすすめます。

クリスマスの話がそこらじゅうで咲いていますけれど、
わたしは空気を読むなんて、そんなこと


いたしません。


Daimon_3



さ、水産市場でおいしい朝ごはんを食べ終わったところであります。


旅行記をはじめから読む方はこちら↓
冬の仙台戦記 


※とりとめもないので分けます。










食後、宿に戻ってごろごろしてから、ゆっくりチェックアウト。

おかみさんが窓の外を見ながら、心配そうにおっしゃいました。



「つい今まで止んでたんですけどね、降ってきてしまいましたね」



また、雪。
だんだん激しくなる、朝の雪。

わたしは雨女ですが、雪女でもあるのかしら。
肌白く、うつくしい黒髪を背中に流していなくとも、雪女になれるものなのかしら。
 
一方、あきらさんは晴れ女ではありますが。


「冬は力が出ない」


だ、そうです。

わたし冬生まれだから、この季節は、わたしの雲を引き寄せる力のほうが、あきらさんの雲を払う力より強いんだね、きっと。



あ「この雪、ひょっとして、冬将軍から圭さんへの誕生日プレゼントなんじゃない?」



突如、あきらさんが芝居がかった身ぶりで両腕を広げました。
もったいぶった声色で、冬将軍を演じます。



「圭くんのね、誕生日だからね、多めに雪を用意したのさ!」



舞台の天井裏から紙吹雪をまく黒衣のように、踊るような手つきで、雪を降らせる真似をするあきらさん。



「圭くんにはね、冬をね、満喫してもらわないとね!」



そしてふだんの声に戻って、



あ「圭さんは雲に愛されてるね」



あきらさんがあんまり楽しげなので、こんな天気だけれど気が滅入ることはなく。
雪でもへっちゃら…



あ「でも、降れば降るほどあたしから圭さんへの愛が減っていくことに、冬将軍は気づいているのかしら」



直訴、直訴!
将軍、雪は、もうけっこうです。止めて、いま、すぐ!


 
これがね、止むんだよ。ぱたっと。
我々が駅に着いた途端に、ね。
あまつさえ、陽も射してきました。



「圭くんは、屋内に入ってしまったようだね…」



電車で仙台に戻り、街なかに出ていくと、ああ、ほら、また降ってきた。



「仙台駅前にて圭くんを発見、全軍、ただちに降雪を再開せよ!」


 
あきらさんが言うたび、わたしは彼女からわたしへの愛の減量にびくびく。

な、なにか。なにかないか。
彼女のこころを上向かせるものは、ないか。


 
あ、本屋がある。

しめた、これだ。

我々のデートの行き先は本屋が定番ですから、
旅先でもついつい寄り道してしまいます。

 

あ「本屋さん入ろう!」



あきらさんの瞳がかがやきましたよ。良い兆候です。

この本屋は、入ってみるとなかなかどうして品揃えに特徴のある店でした。
趣味・教養系の書籍が充実しているというか、目につくところに配架されている本がなにかと「ちょっとニッチ」でありながらオトナの趣味人向けという感じ。

営業方針なのか、この店舗の味なのか。
商店街のなかにある平屋のさりげないチェーン本屋だけれど、これは長居できてしまう。


わたしはここで、ほしいほしいと願いながら、地元では出会うことのなかった単行本を発見し、迷わず購入。
あきらさんも、探していたまんがが見つかってご満悦でした。よかったよかった。


上機嫌を取り戻したあきらさんと、すこしぷらぷらしてから、
仙台の駅弁を手に、帰ります栃木へ。


あきらさん、はじめての宮城県はどうだった?


 
「DSのすれ違い通信いっぱいやったー。東北の県がだいぶ埋まったうまったよー」



寒波と戦い、空腹と戦い、彼女の低血圧と戦い、雪と戦った宮城県旅行。
最後が笑顔なら、言うことなしです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 冬の仙台戦記 3 | トップページ | おいしい朝ごはんを食べよう »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54368758

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の仙台戦記 4(終):

« 冬の仙台戦記 3 | トップページ | おいしい朝ごはんを食べよう »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ