« 内陸県民は海に憧れるらしい3 | トップページ | 凍りつくほどあったかい関係 »

内陸県民は海に憧れるらしい4

こんばんは、圭です。

前回は、あきらさんからセイウチのポーチをもらったところまででしたね。

はじめから読む方はこちら↓
「内陸県民は海に憧れるらしい」 


水族館を堪能したあとは。
ちょうどお昼ですし、ここまで来たら、当然。

行きますよ。

水族館から車で5分、那珂湊おさかな市場へ。


※分けます。










先日、「出没!アド街ック天国」なるテレビ番組で
栃木県都の宇都宮が取り上げられていて、
「宇都宮には回転ずしのお店が多い」と言っていて。

そうとも、そうとも。

内陸県民は海に憧れる。
新鮮な魚介に憧れる。

茨城県まで来たからには、海辺の水族館に来たからには、
寄らでおくべきか、おさかな市場。


つやつやとぅるとぅるの生魚、貝類。
塩辛、昆布の佃煮、からしめんたい、干しいかなどなど加工品。

視界いっぱいに海の幸が並ぶこの市場を、わたしは愛してやまぬのです。
と言っても、大人になってから来たのは初めてだけれど。


鼻にはほんのり生臭み。目には潮風。耳には威勢のいい掛け声。
五官をこころよく刺激されながら、食事処に向かいます。

 
着きました、小舟


市場のなかには、魚料理をおいしくいただける店がいくつかあって、小舟はそのうちのひとつ。
あきらさんもわたしも、迷わず刺身を頼みました。
彼女はまぐろ丼。わたしは刺身定食。


Sashimi

Readytoeat


刺身ひときれひときれがぶあつくって、きちんとおいしかった。
小鉢の副菜も美味だったなあ。


食休みをしたら、夕飯のおかずを買って帰りましょ。


 
安いよ安いよ新鮮だよ、まだ鱗がついてるさんまだよ、さっき水揚げされたばっかりだよ。
さんまに鱗があるなんて、おねえさん知らなかったんじゃないのかい。

さんま20尾で500円! ください!

あいよ、刺身でも食べられっかんね。



ちょいと、おねえさん、この鮭も見てってよ。これ、いくらだとおもう?

 
Salmon

切り身の大きさ比較のため包丁を置いてみましたが、これ、いくらだとおもう?


正解は、300円。

きゃーお買い上げ。



あさりも、パックなんてちんけなこと言わずに、盥で売っています。
盥に一杯、ぎっしり詰まって850円。

おねえさんよ、まあちょいと黙って1000円出してみな。そしたらこそっと釣り銭渡してやっから。

なんでこそっとなのよ、と突っ込みを入れながら1000円札を出すと、おにいさんは早業でわたしの財布にコインを投げ込みました。
ん、ワンコイン?

そんなばかな。釣り銭500円。ずいぶん負けてくれましたね。あざす!



この他にも、ほっけと、いかの塩辛。
大収穫を抱えて帰宅です。


さんまのたたき。
Tataki


塩焼きに大根おろしとすだちを添えて。
Shioyaki


塩辛はそのまま白いごはんの上へ。
Shiokara


あさりはおみおつけの具に。
買った日に食べきれなかったぶんは冷凍します。

その冷凍あさりは、つい数日前にスパゲティの具になりました。
ボンゴレ・ビアンコ!
あきらさんの料理がおいしいことは繰り返し自慢しているけれど、
パスタは特に、ほんと、なにを作らせても一流です。

今日の夕飯はキムチ鍋の予定。
これで、あさりは食べきれるかな。まだまだたっぷりあるかな。


実に、贅沢な旅でした。


ところであきらさん、特別な日でもなんでもないのに、どうして茨城に旅行しようなんて言ったの?



あ「や、別に。連休だから?」



気軽に旅行に出られるように、なったもんだなあ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ



前へ→

« 内陸県民は海に憧れるらしい3 | トップページ | 凍りつくほどあったかい関係 »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/54040070

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸県民は海に憧れるらしい4:

« 内陸県民は海に憧れるらしい3 | トップページ | 凍りつくほどあったかい関係 »