« 失って初めて | トップページ | 内陸県民は海に憧れるらしい1 »

treat&treat

こんばんは、圭です。

残業に次ぐ残業、休日出勤。

あきらさんとふたりで過ごす時間も、日の差す時間も、短い短い季節がやってきました。


今年は夏が長かったけれど、
10月末ともなれば、さすがにもう遠くへ去ってしまったよね。

そろそろ、あれが恋しいよね。

あれですよ、入ったら最後、すべてのひとがからめ捕られる魔の机、こたつ。



あ「圭さん、ニトリに行こう。こたつぶとんを新調しよう」



寒がりのわたしがギャースカ言う前に、彼女のほうから言い出してくれるなんてすてきなことです。
つめたい手にはふはふ息を吹きかけながら、行きましょう、こたつぶとんを買いに。

店に着くと、そこかしこにあったかグッズが並んでいました。
こたつぶとんは入口正面に陳列されていましたよ、そんな店の策略に釣られクマー!!
   
ああ、そして、見てごらん。
こたつぶとんとおそろいのノルディック柄のクッション。
まるまると、ふかふかと、これ、絶対おしりにやさしい。



圭「でも、今だってクッションあるのに、新しいの買うなんてもったいないよね」

吝嗇の血がざわつくわたしを、あきらさんが的確に黙らせました。



あ「いいの、あのクッションは100均で買ったんだから。5年使ったんだから、元は取ったよ」



元は取ったよ… 元は取ったよ…

そ、そうね。
100円分以上は間違いなく使ったよね。

それにもうぺたんこになっているし、すり切れて糸が出ているし、洗濯で縮んじゃったカバーに無理やり詰め込んでいるからクッションが中でたわんでいるし、よくわからないしみがあるし、べえやんに齧られているし、買い換えてもバチは当たらないよね。


で、予定にはなかったクッションまで、ふたつお買い上げです。


うちに帰ってじゅうたんを敷いて。
本年のこたつデビューに際しまして、夕飯は塩にんにくゴマだれ鍋にしました。
ぶたひき肉、ちんげん菜がたっぷり2株、にらとねぎともやしと人参を入れて。


Shionin

アロマキャンドルなんぞも焚いてしまいましょ。


Jack




ところで、あきらさんは本日夜勤でございます。

家をきもちよくととのえ、わたしが夕飯に困らないよう、クリームシチューを作ってくれた彼女さま。


トリートへのご返礼はどうしましょうか。
明日からの1週間を彩る、お弁当のおかずを用意するのがよいでしょう。

それでは台所に立ってきます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 失って初めて | トップページ | 内陸県民は海に憧れるらしい1 »

04.ふたり暮らし記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/53741810

この記事へのトラックバック一覧です: treat&treat:

« 失って初めて | トップページ | 内陸県民は海に憧れるらしい1 »