« ふたりで喰って寝て住む人々へ | トップページ | 気まぐれのやる気 »

ひと夏を捧げる

こんばんは、圭です。

休暇をとったので朝からせっせと気もちよく洗濯をしていたら、
ゲリラ天気雨によって全体的にしっとりと仕上がりました。

どうしてくれよう。
どうしようもないけれど。
 

※だらだら夏祭り。










さて。
先週末、あきらさんとふたりで、
栃木県は那須烏山市の「山あげ祭」に行ってきました。

ささやかな出店がちょこちょこある、
まあよくある「地元の祭り」ではあるんだけれど、
それ以外にでっかい見どころがあってね。

公道をふさいで舞台を組み、野外で歌舞伎をやるのです。


舞台の背景は、烏山特産の和紙に描かれた山。
10mくらいあるその山を、ねじり鉢巻きの若衆が人力で立てる。

山を立てて、歌舞伎を演じて、山をしまって、
また別のところへぴゅーっと駆けていき、
また別の道路をふさいで、山を立てて、 

…ってのを1日に何回か繰り返し、それが3日つづくというもので、
知識はあったのだけれど、実物を見たことがなかったので、ようやく今年。


Ageage

 
Ekimae


Yama


こうやってエイヤホーと山を「あげ」るのよ。
すっげえギシギシいってる!


いざ設置された舞台はこんな感じ。
観客の頭越しに撮ってるからあんまりよく見えないけれども。

 
Yama2


Kabuki1


Kabuki2


Kabuki3


歌舞伎を生で観るのは初めてでした。


でも見られてよかったのは歌舞伎よりこっち。

Yukata

あきらさんの浴衣姿。
大正の書生さんのようじゃあございませんか。

写真撮るからポカリおろせって言えばよかった。
せっかくの好青年が。



「わー、あれ気になるー」



あきらさんが目をきらきらさせて立ち寄った屋台では、
おっちゃんに言われました。



「なんだ、女のひとか、おふたりカップルかとおもいましたよー」



カップルです。










女同士ですが、息子もいます。
 
Bee


Bee2


諸事情によりなかなかブログが書けなくなりましたが、
我々もべえやんも、変わりはありません。

山あげ祭の日をもって、同居生活がまる1年になりました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« ふたりで喰って寝て住む人々へ | トップページ | 気まぐれのやる気 »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/52752559

この記事へのトラックバック一覧です: ひと夏を捧げる:

« ふたりで喰って寝て住む人々へ | トップページ | 気まぐれのやる気 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ