« 5年記念のおフレンチ | トップページ | 夏来たるらし »

さいしょでさいご これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音

こんばんは、圭です。
感動が熱を失わないうちに、昨日のつづき。


※おいしいものの話とひたすらのろけ。












肉料理を下げるとき、お店の方に訊かれました。


「今日は、記念日かなにかですか」


ええ、ちょっとした、ね。

照れて詳しくは答えられず、おもわず下向き。



お店の方の姿が見えなくなってから、
なんだか、どきっとしたねえ、と話しかけると、あきらさんがふっとやさしい目をなさいました。



あ「デザートの前に、圭さん」



取り出される、濃青の小箱。
 
え、あれ、あきらさん、今日は男装するからって、かばんを持たずにやって来たじゃない。
どこから出したの、手品? じゃなくて、えっと、それは。

それは。

 
Ring


 
あ「5年間、いっしょにいてくれてありがとう。これからも、ずっといっしょにいてください」



プロポーズ、されました。

左手のくすり指に、嵌めてもらいました。
 
ぴったり、でした。
 
 
あきらさん、素知らぬ顔していたのね? わたし気づかなかった!
おもいがけなくて、ちょっと、どうしたらいいのかわからない。


 
あ「今までサプライズ失敗したことなかったから、今回も圭さんは察してないだろうとおもってた」



言われてはじめて焦点を結ぶ、数日前のひとコマ。

そうだ、5年前にくれた指環を、あなたはふざけてわたしの指から抜き取った。

「あれ、すこしゆるいとか言ってなかったっけ? 今はぴったりなんじゃないの? もしかして圭さん太った?」

からかうあなたをぼかすか叩いた。


「もーらった!」と指環を掲げ、「ほら、あたしの小指にちょうどだわ」と言うあなたに、
返せ返せーと抱きついてごろごろ転がった。



サイズ、測ってたんかい。



あ「この計画があったからね、すてきなワンピース着てほしいって言ったのよ」



あきらさんは、こうも言ったのです。

「圭さんには、ワンピース着てほしいなあ。そのワンピースを見たらいつも、『あのとき着てた』って思い出すような、とっておきの」



「あのとき着てた」って。「あのとき」って。

5年記念のおしゃれレストランで着てたねって、そういう意味ではなかったのね。
プロポーズのときって意味だったのね。
 
ふだんづかいの、カジュアルなワンピースで済ませないで、よかった。



あ「最初に約束したでしょ。5年経ったら、結婚しようって」



そう、でし、た、うん。
あー、書いてて羞しくなってきたぞ。

でももらったことばは宝物なので、書きます。遺します。


あきらさんは、言ってくれました。



あたしたちが生きているあいだに、日本で同性婚が法制化されるのは、むずかしいとおもう。
それでも、圭さんは、あたしといっしょに生きていくと言ってくれた。

ということは、圭さんが今後、「既婚者」になることは、たぶんないんだ。
「既婚者」として扱われることは、表向きは、ないんだ。
 
だけど、圭さんには、「わたし独りで平気ですから」って顔して生きるのではなくて、
「わたしにはプロポーズしてくれたひとがいるんだ、パートナーがいるんだ」って、
胸張って過ごしてほしいんだよ。

レズだってね、プロポーズされるっていうひとつのしあわせ、味わってもいいんだよ。



わたしには、結婚願望はありませんでした。
そして、それは、なにも結婚を「諦めて」いたわけではないつもりです。
レズビアンだと自覚する前から、結婚はしないとおもっていたしね。
 
あきらさんも、そのことは知っていました。


彼女とつきあうようになってからも、
あきらさんがいてくれて、これからもふたりでいようと意志が確認できていて、
それでじゅうぶんだとおもってきました。

 
結婚 = しあわせ ではない。
しあわせ = 結婚 ではない。

 
そうおもっています。おもってはいるのですけれども。


こんなふうに、おもいがけないかたちでプロポーズされたらば、じわじわと泣けてしようがありません。
 
諦めていたんじゃない、諦めていたんじゃない、そうじゃない、でも、でも。

 
ありがとう。


わたしの生き方まで、気にかけてくれて。愛してくれて。



うれしすぎて、お口直しは写真を撮り忘れました。
 
仕方がない、食器だけ。

Cimg2915


グレープフルーツのグラニテが入っていました。
苦さが残っていておいしい。グレープフルーツ好き。


デセールは、こちら。

Dessert


食用ほおずきが華やかに咲いた、同じくほおずきのソルベ。
メレンゲのお菓子がさくっほろっころっ。
クリームなんとか(忘れた)がソルベのざぶとんになっています。
上からかけてあるミルクには、スターアニスやシナモンの香りがうつしてあるのです。
わたしの好物はカレーだけどね、それというのも、つまりわたしはスパイスが好きなのよ。

やさしい乳製品の甘さ、すっきりスパイシーな泡。
ほおずきはトマトみたいな食感で、ぷちゆっと一口。

これを食べに、もう一度来たいとおもいました。

ああでも一期一会なのよね、きっとね。



コースの最後は、紅茶といっしょにプチフール。

Cimg2918


オレンジをまぶしたホワイトチョコレート。
ラベンダーのマカロン。しっとりスポンジのチョコレートケーキ。

一口サイズ。ぺろり。


でね、このマカロンなんですけどね。


もう1回載せっちまう。
Cimg2919

わたし、こんなおいしいマカロン食べたことありません。

正直なところ、マカロンは嫌いな部類でね。
もさもさくちゃくちゃするばっかりで、はいはいカラフルですね、見ためはかわいらしいですね。

でも、マカロンて、別にしょっちゅう食べるものじゃないじゃないですか。
わざわざ「わたしマカロン嫌い」というような事態って、ないじゃないですか。


それがね。
これを食べてわかったの。
 
わたしが今までマカロンだとおもって食べたものは、マカロンではなかったんですね。

これがマカロン。これぞマカロン。
んで、ほんもののマカロンは絶品。


ごちそうさまでした。
出がけに話していたのとは違う意味で、忘れられないイベントになりました。
 
 

帰り着いた我が家が、いつもと違って見えて。

新婚きぶんで、6年め突入です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 5年記念のおフレンチ | トップページ | 夏来たるらし »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

すごく、素敵ですね。
読んでいてふわっとあったかい気持ちになりました。
うん。やっぱり、素敵。

素敵なプロポーズですね。
おめでとうございます。
とても羨ましくなりました。

こんばんは。
お二人にとって記念となるディナーのお話、ありがとうございました。
5年の記念日。そして6年目に入るのですね。
これからもずっとお幸せに。

心があったかくなりました。
二人の幸せを祈っています。
(コメントが短くてごめんなさい)

すごく、すごく
心がポカポカしました。

しあわせをありがとうございます。
これからも、2人でお幸せに過ごして下さい。

新婚さん!
おめでとうございます(^^)

にやにやしながら読んじゃいました(笑)

あれ、ところでプロポーズに対して圭さんはなんてお答えをしたんですか?
もしよかったら教えてください。(答えは決まってるとはおもいますが)

まあこさん

ありがとうございます!
わたしのふわっと浮かれた気もちが伝わったのならうれしうございます。
 

クロさん

お祝のことばをありがとうございます。うれしい。
羨んでくださる方があるほどに、わたし、傍から見てもしあわせなようですよと彼女に報告いたします。
べたべたなのろけ失礼しましたっ

アルさん

こんばんは。
しあわせのだだ漏れにおつきあいくださり、
うれしいおことばまでくださって、ほんとうにいつもありがとうございます。

記録と言いつつのろけ散らかし、ごめんくださいませ!

白ヤギさん

あっためますあっためますー(うざい
祈りをありがたく受け止めました。ほわ。

やまださん

や、まだ!さんでしょうか。
逆にお礼など言われてどぎまぎ。ありがとうございます。

心がポカポカ…碇君といっしょにいるとポカポカ…

ピヨさん

コメントありがとうございます。

あ、言われてみれば返事については書いていませんでしたね。
「ふつつかものですがつつがなくよろしくお願いします」と言ったところでしょうか。なははん。

満5年とご婚約、おめでとうございます。
あきらさんすてきな方ですね。ほほえみと感動の涙がいっぺんに出ました。うらやましい。
読み手にまでしあわせの欠片をお届け!してしまう圭さんの筆力にも感服しきりです。ほわほわ。

小夏さん

いつも読んでくれてありがとうございます。
そして「あきらさんすてき」とはとてもうれしいことばです。重ねてありがとう。

わたしの筆力ではなく、こなっつぁんの感受性です、よ。

ちょっと…
ちょっと…もう、なんなんですかー。

こりゃ素敵すぎですわ。飯の記事のつもりで読み進めたらまさかの感動、くはー!

はじめまして、気まぐれコメンテーターですがよろしく。これからも仲良くおすごしください。
W(`0`)Wフォォー

通りすがりのノリマキさん

すっかりお返事が遅くなりました。
すみません。

ノリマキさんこそ、素敵すぎるコメントをありがとうございます。
感動の押し売りをするために書いた記事ではないけれども、
わたし自身の感動が伝わったのなら嬉しいです。

またぜひお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/51694144

この記事へのトラックバック一覧です: さいしょでさいご これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音:

« 5年記念のおフレンチ | トップページ | 夏来たるらし »