« 湘南紀行④浮揚するスパ | トップページ | 二人で生きている生きている »

湘南紀行⑤鎌倉蛇尾

こんばんは、圭です。

この週末は4月らしい陽気。
先週末から数日続いた極寒の卯月とは、ひとまずおさらばです。
というか間もなく卯月そのものとおさらばです。

気温の乱高下は夫婦げんかにつながりやすいとテレビが言っていましたが、
レズビアン諸嬢におかれましてはいかがでしょうか。

我々はですね、ゴールデンウィークのさなかにあっても別行動です。
気温的にも、そろそろ「だんだん彼女が遠くなる現象」が始まることですし。


と。
いうのはおたわむれ。


あきらさん、今日はお仕事なのです。
ほぼ暦どおりの休みをもらってのうのうとしているわたくしは、
今週のお弁当のおかずを独りで作ることで罪悪感を消しました。


さ、2週間前の旅行記を仕上げましょ。


※とりとめないので分けます。










2日めの朝。
江の電に乗り、由比ガ浜を目指します。

この旅は、あきらさんの誕生日祝という名目があることはあるのですが。
わたしの希望する行き先もひとつ、組みこんでもらっていました。

それすなわち鎌倉文学館。
由比ガ浜駅から徒歩7、8分でしょうか。
鎌倉文士の資料館です。
 

百合まんが『青い花』で、あーちゃんの通う藤ヶ谷女学院の外観は、鎌倉文学館がモデルなんですってよ。

折しも、企画展は「ミステリー作家・翻訳家」がテーマ。

百合好き・日本文学科卒・好きな作家はアガサ=クリスティであるわたくし、行かないわけにはいきますまい。


で、江の電。

Enoshimast



わたし鉄道オタクではないけれども、江の電て、ふしぎとこころはずむ乗り物だなあとおもいます。

一般のおうちすれすれをすり抜けて走っていく緊張感や良し。海沿いの景色や良し。
沿線には車の渋滞ができていて、それを尻目に先へゆくも爽快。

最後尾の車両に乗っていると、いま抜けてきたトンネルがすうっと遠ざかって緑に囲まれるのが見えて。ジブリの絵みたい。

 

鎌倉文学館のエントランスも、千と千尋の…のような、なんというか、異世界への入り口。
のどかな住宅街の奥に門があって、のぼり坂が大きく右へ曲がっていく。表から、ゆく先が見えないのです。

緑の天井に石畳。木の葉擦れさやさや。


ちょっと歩くと、お、チケット売り場の横に。
 
Bungakukan


まんま、藤ヶ谷の校門です。


Tunnel


ほら、まんがをお持ちの方は見比べてみて。


Honkan


ほらほら、藤ヶ谷だ。


展示も満足のいくものでした。
資料は膨大でもなく、ちゃちでもなく、入館料300円ということを考えればすごく良心的なボリューム。

『噫無情』とか『巌窟王』を黒岩涙香版で読みなおしたくなってしまった。



あ「圭さん、おなかが空きました」



う、おお、もうお昼だね。意外と長居したね。
文学館近くのおすし屋さんで贅沢ランチのあと、やっとこ鎌倉へ。

鎌倉駅に着くやいなや。



あ「圭さん、鎌倉コロッケがあるよ」



買い食い。

Kamakurakorokke


ほろほろほくほくでした。


あとは軽くまとめてしまおう。

小町通りをふらふらうろうろ歩いて、和紙のお店とかお香のお店とか覗いて、鳩サブレー買って、帰ってきましたよ、と。
写真は撮っていませんよ、と。

あらやだほんとに手抜き。


でもね、小町通りのハイライトは、
混雑でまぎれてしまわないように、手をつないでいたことだったので。

あきらさんと手をつないでいると、わたしあたまからっぽになるので。







えーとえーと。


た の し か っ た です! (←小学生ふう)


おわり。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 湘南紀行④浮揚するスパ | トップページ | 二人で生きている生きている »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(^^)

鎌倉文学館、私も3年くらい前に前の彼女さんと行きました。
青い花の聖地巡礼だとかいって江ノ島、鎌倉をぷらぷらと。
楽しいですよね(^^)!

私もカレンダー通りの休みではなくて、学生の彼女さんは実家に帰省というすれ違い生活なので一緒に住まれているあきらさん圭さんがうらやましいです(>_<)

はじめまして!
ちらちらブログ読ませてもらってます(^^)

私もGWで彼女と鎌倉行くので、とても参考になりました。
行きたいとこあり過ぎて迷ってしまいそうです(笑)

圭さんの旅行記は2人の楽しさも伝わってきますが、行ったその場所の楽しさも伝わってくるので好きです(´∀`)(笑)

ピヨさん

お久しう。

お、文学館行かれたんですね。
ネットの海を漂っていると『青い花』の巡礼をやっている方は少なくないぞ、という印象を受けます。
ばらの季節ではなかったけれど、じゅうぶんいいところだったなあ。


ふたり暮らしは、我々もようやっと去年から始めたばかりですが、やっぱり落ち着きます。

最新記事のような想いをお持ちのピヨさんだから、
「うらやましい」で終わらせない関係をこれから築いていかれるのでしょうね!

さきさん

コメントありがとうございます。
ゴールデンウィークにご旅行ですか。そいつぁすてきだ!

鎌倉は名所・旧跡が多いから、たしかに目移りしますね。
「参考になる」だなんて、もったいのうございます。

彼女さんと仲良く、ごゆるりと楽しまれませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/51389154

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南紀行⑤鎌倉蛇尾:

« 湘南紀行④浮揚するスパ | トップページ | 二人で生きている生きている »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ