« 湘南紀行①水族館がお好き | トップページ | 湘南紀行③夕方に向かう »

湘南紀行②江の島ブランド

こんにちは、圭です。

昨日の夜は、彼女がお風呂に入っているあいだ、
一足先にふとんに入って眠りこけてしまいまして。
彼女がお風呂から上がってきたときも気づかず寝てまして。

起きてから、
あきらさん、わたしベッド占領してなかった? ちゃんと寝られた?
と訊きましたところ、
だいじょうぶよーと笑って答えなさったというのに、
ツイッター見たら「ベッドの領土配分がおかしい」などとつぶやいてあって落ち込みました。


ぬーん


さて。
あきらさんの誕生日祝い旅行in湘南の記録は、
初日の午前中が終わったところでございます。


※長い・写真多いです。OK?










湘南紀行①を読んだあきらさんは、言いました。



「圭さん、江の島に渡るとき走ってなかったよ」



ことばの綾です! 綾なの!

そうよね、走ろうったって走るのは無理だったとおもう。
島に渡る橋も、島内のわくわくするほど狭い道も、人人人人人人人人。
列をなして、押されるように流れていくのです。

大人数がリゾートアイランドを目指しゆく図には、宗教色すら感じました。

民よ、いざゆかん楽園へ。地上から切り離された、約束の地へ。前へ進め。橋を渡れ。

そして確かに江の島は、一種のテーマパークでした。


 
島に渡るや、「江の島と言えば生しらすだよね」と盛り上がるあきらさん。

そうみたいですね。
どのガイド本を見ても、生しらす丼を食わせる「とびっちょ」なる店の情報が載っていますもんね。

なになに、「超超人気店」? 「4時間並んだ」?
…まじで?

しかし。
いざとびっちょの近くまで来てみると、おやおや、数組が順番を待っているだけのようですよ。
これ、もしかして我々ラッキーなのでは…と勇んで店頭まで行くと、見慣れぬ機械が置いてありました。



じ、自動整理券発行機、だと…?


Fuji



「ただいまの待ち時間は90分です」



パネルの表示が、そう告げていました。

つまり、あれだね。
店さきが混んでいなかったのは、整理券を発行した皆さんが、
表示を目安に、どこぞで待ち時間を有効活用しているからなんだね。

ファストパスシステムと似たにおいを感じます。

あーあ。
やめだやめだ。

我が彼女が求めているのは、いま空腹を満たしてくれる店であって、
有名店で誕生日の祝御膳を食したという経験ではないのだ。


ほら、じゅうぶんおいしそう。

Shirasu


そしておいしかった。

Shirasu2



でも、そうね、生しらすのおいしさよりも、
ふっくら火の入った釜あげしらすの味がこころに残りました。

しょうゆと生姜がしっかり利いてうまー。
いっしょに頼んださつま揚げも生姜もりもりでうまー。



腹ごしらえしたらば、ゆったりと散策。
缶ビール片手に、のんびり歩きます。


あ「そう言えば、今年はこれが初のお花見だね」


Sakura2


Sakura


「今年は」て言うけれど、わたしたち、お花見は今までほとんどしたことないのよ。
でも、浮かれぽんちな春の旅行って感じで、いいですね、お花を見るってのも。


あたしがどのポケ○ンをイメージしたか、そろそろわかってもらえたかしら?
Flowers



以下、さらに浮かれた写真集。

View1

View2

Sea

Sea2


海風が強かったなあああ。

スカートもショールもぶんぶんなびいてしまいます。
あきらさんにもらった特別なショール、風にさらわれてなるものか、とがっちり首に巻きつけました。



あ「そのショールが風に飛ばされたら、海から来た色が海に戻っていったんだとおもうことにしようね」



飛ばされる前提で話をしないでください。
ぎゅっと縛ったら首が絞まりました。(あたりまえ)


ところで、あきらさん。
この旅行であなたのやりたいこと、なんでしたっけ?

甘いの食べたいって、言ってませんでしたっけ?


江の島の西南端、海を見渡すテラスのある小さなカフェで、パンケーキを頼みました。

キャラメルバナナ♪
Pancake



あ「きゃああああ、これ、食べていいの? いいの?」



そのために来たのだ、さあ、食べたまえ。
わたしは甘いものを笑顔で食べているあなたを見るのが好きなのだよ。



あ「甘いね、火を通したバナナ甘いね!」



お店からこんな写真も撮れました。

Cimg2860



あ「三段もあるー! でも入っちゃうー!」



パンケーキにいそいそとナイフを入れるあきらさん。
うむ、喜んでおる喜んでおる。
この顔を見なきゃ生きてる甲斐がないよなあ。

 

島内の神社には縁結びの樹がありました。
あきらさんは「今より良縁がありますように」なんて言っていたけれど、
それがおふざけだとわかっているからしあわせであります。


え、おふざけ、ですよね…?

 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


つづく

« 湘南紀行①水族館がお好き | トップページ | 湘南紀行③夕方に向かう »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しております!
あまりにも楽しそうな誕生日デートでしたので
思わずコメント失礼します……!

水族館もお花も海も生シラスもパンケーキも…
どれもキラキラしててとても綺麗ですね!

海ってすごく気持ちがいいですよね。
私も山か海かと聞かれると「海」派です。
波の音も風の香りも…なんだか行きたくなりました!


お二人のポ○モンがなんなのか
わかったような気がしましたが、間違っていると
とても恥ずかしいので!(笑)

正解を楽しみにしています♪

えのしまー(*´∀`)おふたりの行かれた、裏のほうってほとんど行ったことなくて、新鮮です!なんて楽しそうー!風がびゅーびゅー!!
羨ましくなったので、まねっこしちゃおうかしら☆

あきらさんのツイッターのあのつぶやきは
てっきり惚気だとおもってました(*´∀`)
まあ仲良しさんめーひとつのベッドで眠ってー( ´ ▽ ` )このこの!

や、まだ!さん

楽しそうだからとコメントいただけるなんて嬉しうございます。
しかしじぶんでのろけたくせに「きらきらしている」などと言われると恥ずかしいものですな。

海、行きたくなったときが行きどきですよ。

ユキちゃん

ユキちゃんが「えのすい」というかっこいい略語をつかっているのを見て、
やっぱり神奈川県民は江の島が身近なんだわあと尊敬していたのです…!
新鮮に読んでもらえてよかった。
よかったらまねしてまねして(*´ー`)

風はほんとうに強かったのよ。
でも腕組もうが手つなごうが言い訳になる感じでした。ほこほこ。

のろけは通常運転です(`・ω・´)
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/51273529

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南紀行②江の島ブランド:

« 湘南紀行①水族館がお好き | トップページ | 湘南紀行③夕方に向かう »