« 耳の遠さはわたしの専売特許 | トップページ | 禁じられた遊び »

上司にカムアウト…ではないが

こんばんは、圭です。

しばらく書こうとおもってあっためていたんだけども。
職場での話。


※分けておきます。











わたしの職場ね、上半期が終わって秋になるとね、課長と1対1の面談があるのです。
そのための提出書類があってね、それにはね、「家族」について書く欄があるのです。

扶養親族がいるひとはその確認のためだとおもう。

それ以外にも、
例えば親の介護がきついとか、
家を買って借金が増えたとか、
「もうすぐ結婚するので新婚旅行の休みをたぶん申請します」とか、
そういう「仕事にも影響するかもしれないプライベート事情」を話してよい場。って感じなのです。


んでだ。


その書類の「家族」欄には、注意書きがありました。

「同一世帯にある者を記入すること」


わたし、迷った。迷いました。

この欄、愛する彼女、同居している彼女あきらさんを報告するか、否か。


ふむ。「同一世帯」ね。

住民票上、我々カップルは「別世帯」。
ふたりとも世帯主で、ただ同一住所に住民票を置いているだけの関係。

報告する義理はない。


でも。
事実上、わたしたち「同一世帯」だよな。どうすっぺ。

事実だからって、やっぱり申告する義理はない。
ないのだけれど。


わたし、書きました。
彼女の名前、書きました。
「続柄」欄には「同居人」と書きました。


迷ったけれど結局書いた理由は、みっつ。



ひとつ。
じぶんでじぶんを用語で縛るのは癪だったから。

お堅い様式に明朝体で打たれた「同一世帯」という文字に、怯むな、わたしよ。
「同性カップルは同じ世帯になれない」とかなんとか、不遇を歎くのは自由だが、それはわたしの仕事ではない。

役所に提出する書類じゃないもんねー、上司に見せるだけだもんねー、
いいもん、書いちゃうもん。

えい、「わたしと同一世帯にある者 … あきら」

 

ふたつ。
わたしが緊急事態に陥ったときのことを危ぶんだから。

わたしが出張先で事故に遭ったとしたら。
独身のわたしの緊急連絡先は、まずもって我が両親です。

で、それは、例えあきらさんを「同居人」として申告していても変わらないとはおもうのね。

でも、それでも。
「圭には同居人もいる」ということを、誰かが思い出してくれたらいいな。と期待する次第です。


ちなみにわたくし、彼女の入院騒ぎがあってからは、
事故・事件に巻き込まれたとき身元確認でいじくられるであろう場所に、常にメモを装備しております。

財布のなか、免許証ケース、保険証、名刺入れ。

「わたし圭の緊急時には、下記の者にご一報願います。

あきら 携帯電話○○○-○○○○-○○○○」



みっつ。
興味本位。


人聞きのわるい言い方をすれば、課長を試しました。

様式を見る限り、こういう回答って想定されてないよなあ、想定外のことをやったらどんな反応が返ってくるかなあ。という興味です。



かちょ「この『あきら』さんっていうのは、女性ですか?」



きた。



圭「はい、女性です。名前だけだとどちらともとれますが…」

かちょ「じゃ、端っこに『女性』って書いといて」



はーい。



かちょ「配偶予定者じゃないってことがわかるように」



はーい。
つまり、「彼氏と同棲」ではないということがわかればいいのでしょう。



かちょ「我々は、あなた方のような暮らし方を想定していないから、さ」

かちょ「様式外だけど、書き足しておいてください」

 

課長、我々って、だれですか。

職場の皆さんですか。人事担当者ですか。「ふつう」の方々ですか。


あなた方って、だれですか。

わたしとあきらさんですか。ルームシェアの若者ですか。



それとも。

それとも。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 耳の遠さはわたしの専売特許 | トップページ | 禁じられた遊び »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

>報告する義理はない。
>でも。
>事実上、わたしたち「同一世帯」だよな。どうすっぺ。

>わたし、迷った。迷いました。

きっと本当はそんなに迷っていないですよね。
言いたくて仕方ないんですよね。おそらく。

あとは、
そんなに心配なさらなくても緊急連絡先に書いておけば、家族でなくとも連絡がいきます。優先順位を書いておけば、なおさら。わたくし医療関係者ですが、緊急時とはそういうものです。自己申告って強いんですよ。

ユイさん

彼女も医療関係者なので話は聞きますが、
実に自己申告は強いようですね。

あとは「緊急時」が発生しないように、
気をつけられることは気をつけまあす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/48044322

この記事へのトラックバック一覧です: 上司にカムアウト…ではないが:

« 耳の遠さはわたしの専売特許 | トップページ | 禁じられた遊び »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ