« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

そんな大つごもり

こんばんは、圭です。

やあ、あたしね、毎年この時期になるとね、おもいだす落語があるんですよ。
ちがうよ、よしとくれよ、「時そば」じゃないよ。


知ったかぶりってえのは傍で見てると滑稽なもんで、

「ねえ、先生、この、『つごもり』ってのはどういうわけなんでしょうね」

「おまえ、そりゃ、その、年の暮れはつごもりに決まってるだろう」

「だからね、なんでえ『つごもり』っていうんで?」

「そいつぁ、つごが漏るから『つごもり』ってんだ」

「へえ、つごなんてもんは、漏ったりしますかい」

「ああ、漏るとも」


という枕にはじまる落語「ちはやふる」。
ちがうよ、よしとくれよ、競技かるたをネタにしたまんがじゃないよ。
あたしゃ少女まんがはほとんど読まないんだ。



大つごもりですね。

しかし。
この1年を振り返る記事を書くには時間が足りないので、
今日1日をゆるゆる振り返って。


※分けます。

続きを読む "そんな大つごもり" »

ドビュッシーに百合をのせて

こんばんは、圭です。
 
年内の仕事はこれで終わり。
ゆっくりこたつに入って、たまには百合まんが以外の書籍レビューをやっちまおうかしら。
先週読んだばかり、『さよならドビュッシー』です。

「第8回このミステリーがすごい!大賞」で大賞をとった作品。

 
※直接的なネタばれはしませんが、結末の「察しがつく」可能性があるので未読のひとは閲覧注意!

 

続きを読む "ドビュッシーに百合をのせて" »

彼女の家族と聖夜祭

こんばんは、圭です。

先日。
あきらさんから打診がありました。



「うち、毎年クリスマスごろに親戚が集まってるんだけど、今年は圭さんも来ない?」



え?



「って、叔母が」



えええ!?



「ぜひ来てちょ。って」



ふおお。
彼女の実家のクリスマスの集いに、招待されてしまいました。


家族の集まり。
毎年恒例。

い、いいのだろうか。
そういう場に、なんかひとりよそもんがまぎれていいのだろうか。

「圭 = あきらの彼女(同棲中)」と承知している方と、
「圭 = あきらの友だち(ルームシェア中)」と認識している方と、
それぞれいらっしゃる。

わたしがおじゃますることで、
「家族だけの集まり」ならばありえない、変な緊張感が生まれたら、いやだなあ。


あきらさんには、正直にそう話しました。

ぜひ来てちょったって、ことばどおり受け取っていいの?

あとね。
わたしは訊きたい。

あきらさんは、「来ない?」と誘っているけれど。
あきらさんは「連れていきたい」の? 「圭さんの希望に合わせたい」の?



あ「あたしは、来てほしいな」



そうか。
そうかあ。

わたしがヘテロの男性で、あきらさんとつきあっていて、同居までしているんだとしたら。
やっぱりごくごく自然にお招ばれしたのだろうか。

わたしはやたらコミュ障だと自覚しているのだけれど、
お招ばれしたらにこやかに出かけていたのだろうか。
 


ところで話は変わるけれども、
今月の「モーニング」で「きのう何食べた?」を読んだ方いらっしゃる?


※ネタばれします。コミックス派、注意!

「きのう何食べた?」はご存じゲイカップルの日常記まんがです

続きを読む "彼女の家族と聖夜祭" »

乙女チックでゲイテイスト

こんばんは、圭です。

クリスマスイブです。
彼女が日テレの壇蜜さんにかぶりついているあいだにブログ更新しまーす。

あの方、「ネコが好き」とか言ってらっしゃるんですけど、
あの、「ネコの子が好き」という了解でよろしいですかね。バイだそうですが。

 
※だらだら日常記。

続きを読む "乙女チックでゲイテイスト" »

ボーナスつかってダブルデート

こんばんは、圭です。

昨日は、あきらさんもわたしも仕事が休み。

で、買ってきました。

寝室用のルームランプ。
スライド式の本棚。
圧力なべ。
連名の表札。

ほしかったものを、計画どおりに。

ランプと本棚は、まだ届いていないけれども、
大掃除を済ませて部屋がきれいになったころに迎え入れることができそうです。

たのしみ!

調子に乗って、クリスマスリースまで購入。
玄関にさげたんだ。この浮かれトンキチめ。


しかし、まだ予算には余裕がありました。
もちろんボーナスはこの冬につかいきる必要ないのだが…



あ「圭さん、Aちゃんからメール来たー。飲みに行かないかって」



最後に会ってから約1年、数少ないビアンカップル友だち。
行きましょう、行きましょう!


同居の報告をして、ぐだぐだとしゃべるしゃべる4時間半。
ほとんどずっと仕事の話で盛り上がっていたような気がする。


ビアンカップル友だちだからって。
いつでもどこでもセクマイトークをしているとおもうなよ、と。
 
知り合ったきっかけが「レズビアンであること」だとしても、
わたしは、それをそれだけを理由にはひとと結びついていられない。

 
わたしがあきらさんに対する気もちを。手の内を。
晒してもかまわないとおもいきることができたのは。

あきらさんがレズだったから。

それでも。

わたしがあきらさんを好きなのは。
あきらさんがレズだからでは、ない。



ふたり暮らしで迎える初めてのクリスマスは。
あきらさんを独り占めの予定。

Christmas


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ボーナスのつかいみち

こんばんは、圭です。

ボーナスが支給されました。
あきらさんも、わたしも、どうやらこうやら賞与がいただける職場にいます。ありがたいこと。

去年のボーナス8万円は、全額貯金にまわしたけれど。
今年は、ふたり暮らしをちっとばかし充実させるのに、つかうのだ。きひひ。
 


わたしは、寝室のルームランプがほしい。

背が高くて、凝った透かし模様が入った、やわらかい灯りの、金属製のランプ。
アジア家具のお店で、もう見つけてあるのです。


あきらさんは、本棚がほしい。

いまね、書斎の床の上がひどいことになってるからね。
これからまた引っ越すのか、それとも古本屋に売り込みに行くのかとおもうよ、はたから見たら。


そして、昨日。

ぶり大根を火にかけながら、あきらさんが言いました。



あ「圧力なべとか、あってもいいよね」



いいね、そうだね、そうだよね。
わたしの実家では炊飯器ではなく圧力なべでごはんを炊いておりましたが、
これがまあびっくりするほどおいしく炊けるんですってことを彼女に力説。

しかも、米をセットしてから炊けるまでの短いことと言ったら。

沸騰したら、1分。
それだけ。



圭「いまの炊飯器さ、壊れてないから買い換える気は毛頭ないけれどもさ、早炊きとふつう炊きの所要時間が10分しか違わないってどうなのよ」

あ「安さが売りのド●キ製品ですから」



しかし言うまでもなく、圧力なべは炊飯器の代用品にあらず。



圭「ポトフもきっと、すぐおいもがやわらかくなるんだねえ」

あ「あたし角煮つくりたーい」

圭「角煮! 角煮!」

あ「そしたら、かたまりの豚肉買ってきちゃうんだー」

圭「かたまり! かたまり!」


ふたり 「いえーい!」



いま、圧力なべのティファールとかフィスラーのサイトを見てます。

あきらさんの手元には、梅酒。
わたしの手元には、ウイスキー。

こたつのなかで、彼女の足を踏み踏み。


まだ火曜日なんだけどな、こんなんでだいじょうぶなんだろか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

【圭&あきら】同棲同性カップルに20の質問

同棲を始めてから4年が経っているので
2016年に更新版を書きました。
よろしければどうぞ↓

「20の質問」アップデート (2016.8.17)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんばんは、圭です。

すこし前にヨコさんが書いてらしたお題記事、我々カップルの回答を書きました。

「同棲にいたる道」のカテゴリでも似たようなことはさんざっぱら晒しているはずだが。
つくづく露出狂だな、わたしは。


※過去記事の集約のような。

続きを読む "【圭&あきら】同棲同性カップルに20の質問" »

過去四半世紀で最上の

こんばんは、圭です。

25歳になりました。

で。
誕生日。
のディナー。

わたしとしては、あきらさんとふたりできゃっきゃとごはんを食べられさえすれば、
とりたてて献立に希望はなかったのだけれど。


 
「圭さんの好きなものばっかり、作るよ!」



彼女が腕をふるってくれました。


※食べものが並ぶだけよ。

続きを読む "過去四半世紀で最上の " »

そう、こういう百合まんがよ!

こんばんは、圭です。
 
いやあ、わたしねえ、こんなすばらしい、
ぐっと来るっつーか、読むとはしゃいでしまうっつーか、
 
きゅんきゅんらぶらぶくっそ、このリア充が!と叫ばされるのにファンタジックな嘘くささをもたず、
4コマの落ちをたいせつにギャグっぽくもありながらちょっとお互いが好きすぎて切なくなるような独白の甘さをはらみ、
下手にエロくないのに生活の一部としてセックスを感じさせる色気をもち、
それでいて絵柄はシンプルな描線で淡泊で見やすく、
ノンケとレズビアンと男性との登場バランスがほどよく、
加えてボーイッシュめがねというわたしの好物はいるわ、
「活字が好き」なひとへの共感で舞い上がらされるわ、
しあわせで濃厚で、
もうこんなまんが、
出逢ったことがありません。


この際、上記一文のねじれは気にしないでくれ。
書いたものを読み返す余裕すらないんだ、わたしのブログをのぞいてくれるレズビアンズに一刻も早くこの感動をぶちまけたいんだ。

歓喜の歌を歌わん、Freude Schöner Göttelfunken!!


これだ。
わたしのほしかった百合はこれなんだ。

帯には「社会人ガールズラブの決定版」と書いてあるけれども、そのとおりだとおもった。

濃縮。これ一作で、おなかいっぱい。
しばらく他の百合は要らぬ。



年中Tシャツにジーンズ姿、本ばっか集めて集めて集めまくっている高校教員と、
読む活字なんて雑誌だけ、服ばっか集めて集めて集めまくっている若社長。
 
ふたりの愛に、日常に、萌え禿げてのたうちまわれhshshs



あ「…絵は、かわいいよね」



あれ。

絵は。

絵は?

あきらさん、あんまりお気に召さなかった?



あ「日常系なら、最後までゆるい日常系で行ってほしいのに、ときどき少女まんがチックなせりふが出てきて恥ずかしくなる」



なにをおっしゃる、そこがいいんだろ。


ギャップがさ。
油断していたら心奥を突かれた、みたいな、さ。

これぞ百合。



あ「でも、最終話はよかったな」



同感です。
最終話がいちばん好き。

じぶんの感情をじぶんで認める過程、
そのこころの動きは、
自信家ですなおな「彼女」の性格が
反映されてこそいるけれども、
ある意味では普遍的。

そうね。
「好き」って、そういうことよね。


うれしいことに、表紙には「①」の印字が。
ふふふ、つまり、続きがそのうち出るってことだな。

待ってます。


西UKO 作 『Collectors コレクターズ』
白泉社 2012年12月


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

禁じられた遊び

こんばんは、圭です。

今日。
うちに帰ったら。

上着を脱ぎ、かばんを置き、めがねをはずしたら。

後ろからあきらさんに声をかけられました。



「圭さん、誕生日おめでとう」


※とりあえずのろけ。

続きを読む "禁じられた遊び" »

上司にカムアウト…ではないが

こんばんは、圭です。

しばらく書こうとおもってあっためていたんだけども。
職場での話。


※分けておきます。

続きを読む "上司にカムアウト…ではないが" »

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »