« とろける寝室 | トップページ | 父に釣られて »

おフランス百合まんが

こんばんは、圭です。

最近のお気に入りまんがをご紹介しますが、先にお断り。
百合まんがではありません。

もう一度言うよー。
百合まんがでは、ありません。羊頭狗肉。

百合まんがではないけれど、でも、うん、にやにや。


先に作品名を示しましょうね、こちらです。


『ジゼル・アラン』


※百合好きクラスタ向けです。











ヨーロッパの。
どことも知れぬ街なか。
登場人物の名前はフランス語っぽいけどね。

窮屈なお嬢様生活から飛び出した少女、ジゼルさんはアパートの管理人をやっています。

気まぐれなのか夢だったのか、なんでも屋を開業した彼女と、
家賃を滞納しているがため、強制的にジゼルさんの助手にされた青年エリック(ロリコン)と、
その他アパートの住人や周辺のひとびとを、のーんびり包みこんだお上品なまんが。


世俗に疎いお嬢様のどたばた活劇が、1話完結でおたのしみいただけます。

アンティーク欧風調度品とか、ドレスやケープとか、蔦の這う煉瓦塀とか、
そういう細かい絵が好きなひとにおすすめしたいとおもいます。









って、それだけなら我がレズブログで紹介したりしませんぞ。

第3話。
なんでも屋ジゼルの元を訪れる依頼人は、美人なおねいさまコレット。

コレットはね、花街のスターなの。ストリッパーなの。
でね、ジゼルさんはね、お嬢様だからね、ストリップなんて知らないの。

そこで、だ。


コレット、ジゼルさんを抱きしめる!


 
「知らない物には触れてみればいいのよ」



コレット、ドレスの胸元を広げながら言う!



「私が 見せてあげる」



脱ぎます。
舞います。

まじで、きれいです。

でもって。

踊り終えたコレットは、うおおおおのしかかっちゃうか、ジゼルさんにのしかかっちゃうか、まだ子どもだぞ、うわうわうわうわあーっ

悶死。


レズビアンなのか、「女もイケる」のか、わからないけれど、
オタクレズにはとにかくコレットの挙動がいちいちツボでした。

とりあえず妖艶。
とりあえず秀麗。

2巻ではコレットの男装も見られるよ。


洋物百合っぷるが見たいひとに、おすすめいたします。


笠井スイ 著 『ジゼル・アラン GISELE ALAIN』1巻
㈱エンターブレイン BEAM COMIX 2010年7月


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


「レビューはまんがばっかりだね」
と、あきらさんに言われたので蛇足。

最近読んだ本で断トツにおもしろかったのは、
芥川賞をとった円城塔『道化師の蝶』

« とろける寝室 | トップページ | 父に釣られて »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/47709491

この記事へのトラックバック一覧です: おフランス百合まんが:

« とろける寝室 | トップページ | 父に釣られて »