« 息子との1年 | トップページ | とろける寝室 »

同居のはじまり③お金のはなし

こんばんは、圭です。

「坂道を下るように気温が下がる」という表現がございますが、
わたしの実感としては「階段をずしんずしんと下りていくように」であります。

1日いちにちと寒さが募りますな。
我が家は今朝ストーブを出しました。


さて。
彼女とふたり暮らしをはじめた盛夏を思い起こしながら、記録記事をば。


※いつもながらじぶん用メモ。











①引っ越し費用
 
敷金・礼金・最初の1ヶ月分家賃・保険・旧宅の精算などなどなど、
削れない、ケチれない、そういう費用が、ふたりあわせて40万円くらい。
 
引っ越しなんて何度もやるもんじゃありませんや。

ちなみに、引っ越し屋さんについてだけ言えば、
わたしは20箱+ふとんと机、運送保険込みで1万5千円でした。
 
親に反対されているもんで手伝いは見込めず、ためらいなく業者にお願い。
相場はろくに調べなかったけれど、気もちとしては割安だったとおもっています。



②家財をそろえる


これが、地味に嵩みました。

ベッドやローテーブルといった大型家具。
新調したかった衣装ケースや掃除道具。
ほしかったし、置き場があるので買ってしまったシュレッダーや空気清浄機。
ほとんどきれいにつかいきってから引っ越してきた、洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品。

あきらさんはそれまでひとり暮らしをしていたので、ふたり暮らしのために洗濯機や炊飯器を買う必要はなかったし、
また、わたしは実家にいたので、ふたり暮らしのために洗濯機や炊飯器を処分する手間もお金も要らなかったのに。

 
いやあ、遣ったねえ。

何人の諭吉先生に別れを告げたことか。10人~15人くらいかしら。

直近ではダイニングテーブルを買いました。
ふたつ前の記事で「入荷待ち」と書いたんだがね、ふふふ、届きましたよ。



③日々の管理

毎月の給料日に、「ふたりの財布」に同額拠出しています。
 
あきらさんのほうがすこし稼ぎが多くて、
わたしのほうが金を貯めるのがうまいので、
「同額」でさっくり合意。

光熱費、食費、ちり紙や洗剤などの日用品、
べえやんのえさやトイレ砂、車のガソリンなどをそこから払います。


ところで自慢だけれども!
我々カップル、1ヶ月の食費は昼ごはん込みで2万~2万4千円です。
あきらさんの作ってくれるお弁当あってのことですが、『きのう何食べた?』のシロさんに負けない家計管理をしている自信があるぜ。
 

「ふたりの財布」にお金を出して、家賃を折半したら、残りは貯金しようが飲み歩こうが自由。
おこづかい多いな。共働きってすばらしい。



その自由なお金をつかって、あきらさんは本日突然iPhoneを買ってきました。
ネバヤさんに唆されておすすめされてからまだ2週間しか経っていません。相変わらず決断の早い子め。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 息子との1年 | トップページ | とろける寝室 »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/47670819

この記事へのトラックバック一覧です: 同居のはじまり③お金のはなし:

« 息子との1年 | トップページ | とろける寝室 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ