« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

夜のおうちルール

こんばんは、圭です。

今週はあきらさんもわたしも忙しかったなあ。
彼女はまだ仕事中です。

でも明日は休日。やっと休日。
あと数分で日付変わるけどさ。


さて。

基本的に土日休みの我々カップル。
日曜日の夜と言えば、翌日の仕事のことを考えて憂鬱になっているお時間です。

サザエさん症候群? いえいえ。
ちびまる子ちゃん? いえいえ。
笑点? うーん、もうすこし早いかな。

だがしかし。
働かないわけにはまいりません。

おあしを稼がねばならんからな。

で、この憂鬱をすこしでも晴らすべく、我々の日曜日にはちょっとした秘めごと決めごとがあるのです。


題して「夜のおうちルール」


そりゃね、1週間が始まろうとしているときにわざわざ熱くなって汗かかなくてもいいとおもうよ。

それでも、月曜日からの元気のもとを蓄えたくて。
せっかく同居したんだし。
毎日とは言わなくても。
週に1回くらい。

やっぱりやりたいのよね。


※ちょっといろいろとあれなので、うん。


続きを読む "夜のおうちルール" »

同棲のおしたく 番外篇

こんばんは、圭です。

今日は1日、あきらさんの旧宅の片づけと掃除をして過ごしました。

わたしとあきらさんがふたり暮らしをはじめてそろそろ1ヶ月が経ちますが、
実はあきらさん、今まで荷物の約半分を旧宅に置きっぱなしだったのです。

荷物のほとんどは書籍である彼女。



「洗濯機とか食器とか普段着だけ新居に移して同棲スタートさせちゃって、退去日は遅めに設定して残りは少しずつ運ぶよ」



というわけ。

引っ越し料金もそのぶん安くなるものね。


しかし。
新しい生活リズムを築くことに汲々としているうち、あれよあれよと時は経ち。
「少しずつ」運ばれるはずだった荷物は旧宅に在るまま、あのう、退去日、26日だよね?


今朝7時半、ビニル紐やごみ袋を持って、あきらさんの住んでいたアパートに乗り込んだのでした。


※たらたらと覚え書き。

続きを読む "同棲のおしたく 番外篇" »

VS「結婚しないの?」

こんばんは、圭です。

あきらさんの職場は、ノリが体育会系だそうな。
そして、恋だの愛だのという話題が大好き。な御仁が多いそうな。


あるときあきらさん、ぼやきました。



「つきあって5年めの『彼氏』がいて、うまくやっていて、同棲はしてるけど結婚しない理由を、なんて説明しよう」



そうか。
そうだったね。

あきらさんは、職場では、「彼氏と同棲している」ことにしているのだったね。

 
でもさ、説明なんて、しなくていいんでないの。
笑って「なんででしょうねえー」とでも言っておけばいいんでないの。



「そういう返し方すると、『こいつ生意気』って目つけられちゃうんだよ。女の職場だからさ」



あら。
こわいー。こわいわー。女性ってこわいわー。
いや、女性は好きだけどね。



「どうしたらいいかなあ」


   
そうねえ。
「結婚しなくても、充実してしあわせなので」とでも言ってきゃわいく微笑してはいかが?



あ「そんなことしたら『こいつうぜー』って確実に目つけられちゃうでしょ! 特に彼氏とうまくいってないナースとかに!」



ぬ。
だめか。



あ「圭さんだったらどうするよ」



え。
わたしだったら。

そうね、訊き返してみる。かな。
攻撃は最大の防御。

「あなただったら、5年つきあって、不満のない彼氏がいて、同居するくらいなら結婚するの?」
 
「する」という答えが返ってきたらそこで一言。


「あなたとは違うんです」


Fy



「だから! 生意気だって! 目つけられちゃうって! 言ってるだろうが!」



ぬぬっ。
やはりだめか。


わかったわ。
なれば、「彼氏甲斐性ないんで…結婚までは…ちょっと…まだ…」とでも言ってくだされ。
薄給なのは疑いようもない事実。



ところで、わたしの職場での対応はと言うと。

相手がカムアウト済みのひとなら「彼女と同居」、
カムアウトしていないひとなら「友だちとルームシェア」と話しています。

いっしょに住んでいるひととの関係を偽るほうが、
いっしょに住んでいるひとの性別を偽るよりもらくちんだから。

ふたりで夕食の買い物をしているところ、同じ家に帰るところなどを職場の知り合いに目撃されても問題ないしね。








いや、問題あるか。

夕食の買い物をしているとき、あきらさんのおいしい手料理に期待して目からハートがほとばしっていない自信は、ない。
レズだとばれない自信は、ない。
   

でもね、前にも書いたけれども、ほんとうはわたし「見えるように暮らす」ことに抵抗がないのです。
だから、「友だちとルームシェアしている」と話した相手が、わたしと同居人との関係を勘ぐっても、かまわないとおもっているのです。
 
ただし、残念ながら今のところ、
「友だちと住んでるって言ってるけど、ほんとは彼氏なんじゃない?」と訊いてきたひとはいたものの、
「友だちと住んでるって言ってるけど、ほんとは彼女なんじゃない?」と訊いてきたひとはひとりもいません。つまんなーい。

前者の質問は、いつも明確にきっぱりと否定してますよ、むろん。



「いやいや、彼氏だなんて、女の子ですよ。女性ですよ。女子高でいっしょだったひとですよ」



話は変わるけれど今日はあきらさん特製クリームスパゲティをいただきました。うま。

Creampasta_2

しゃけと、しめじと、きゃべつと、玉ねぎが入っています。うまうま。


 
さて、後者の質問をぶつけてくるひとはいつか現れるのでしょうか。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

同棲のおしたく⑯引っ越しの日

こんばんは、圭です。

あきらさんと同居をはじめてもなお、ずるずる続けていた「おしたく」シリーズ。
引っ越し当日のことをさらさらっと書いて、これを最終回といたします。


※じぶんのための記録記事です。

続きを読む "同棲のおしたく⑯引っ越しの日" »

遠くなる彼女

こんばんは、圭です。

おとといから、彼女とふたりでベッドで寝ています。
それまでは寝具がととのっていなかったので、和室に客用ふとんを並べて寝ていたんだけども。

やー、セミダブルベッドって広いんですね。


※いつもながらしようもねー日常のろけ。

続きを読む "遠くなる彼女" »

憧れセミダブル

こんばんは、圭です。

お盆休みというものが存在しない我々カップル。今週もよく働きました。
ま、わたしは有休を1日つかってサボッたけども。

そして今日。
引っ越してきてから、ふたりともゆっくり休みの週末って、これが初めてなんじゃない?

わあ、どうする、どうする?
ゆっくりまったりごろごろする? する?



あ「圭さん、デートだ」



きゃー( *゜▽゜)!


※ただのデート記録です。

続きを読む "憧れセミダブル" »

新居になじむ

こんばんは、圭です。

あきらさんと同s…同居をはじめたため、
わたくしもまた、彼女が飼っていたうさぎの飼い主となりました。

調子にのってブログにカテゴリを新設したので、
早速に写真をお披露目。

携帯電話でてきとーに撮っているから、画質は悪いし色調もばらばらだけれども。
いいの、どうせただの親ばか写真なんだから!

Photo_4

木箱からひょっこり三つ指。


Photo_5

はらをぺったり床につけて涼むべえやん。

わたしが吝嗇なもので、
我が家の節電意識は高いつもりではありますが、
べえやんが熱中症にならぬよう、エアコンだけは日中つけっぱなしです。


Photo_6



名物「うさまんじゅう」

しっぽがおいしそう。



サークルを設置して、かごから出してやると、こうなりました。↓

Photo_7



よかった、リラックスできているようだ。
べえやんも新居に慣れた。かな。


わたしは今日やっと荷解きが終わりました。
明日は表札を買いに行きます。たぶん。


 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

同棲のおしたく⑮詰まらぬ!

こんばんは、圭です。

あきらさんとのふたり暮らしが始まる直前まで、「同棲のおしたく」てシリーズ記事を書いておりました。

が。

シリーズは完結させていないのに、同居おっぱじめちまったなあ。
まあよい、のんびり回想記録記事を書いてゆこう。


※というわけで、ただの荷造り苦労話。



続きを読む "同棲のおしたく⑮詰まらぬ!" »

「彼氏」のお名前は

こんばんは、圭です。

あきらさんとの同居開始 = 引っ越しにともない、役所や職場に書類をちまちま提出しました。

で。
賃貸住まいなもので、あきらさんの職場からは家賃補助が出たりするんですけれども。


あきらさん、職場では「彼氏と同棲」していることになっているのよね?
総務のひとに、もし同居人の名前をしげしげ見られたりしたら困るんじゃないの?

 
いいえ、見られても困らないのです。

ビアンカップルのささやかな悩みとして、ときどき見かける相方の名前ネタ。
「彼氏」の名前を訊かれたときに、ぐっと詰まるという、あれ。

あれ、我々カップルには無縁の悩みなのです。

 
なにせ、「あきら」と「圭」だもの。

「圭」なんてね、男だと言えばそれで通るのさ。

あきらさんは職場のひとに「彼氏のこと、なんて呼んでるぅ?」と訊かれたとき、「圭さんて呼んでる」と答えたそうですが。


「へえ、さん付けかあ」


終了。


わたしも同じ質問を受けたら「名前に『さん』を付けて呼んでいるよ」と答えておりますが、
ぶっちゃけ「あきらさんだよ」と答えてもレズだとはバレないとおもう。
 
同様に、「はるか」と「みちる」カップルも言い逃れできましょう。異論は認めませんよ。


 
子どもの名付けについて、男女がはっきり判る名のほうがいいって意見があります。
名前は親の願いや想いをこめる以前に一種の識別記号なのだからって。
性のわかる名のほうが、「いい」名前だって。

でもね、わたしは、個人的に、それだけで性別の判断をつけかねる名前が好き。

なんつーの、名前がふしぎな色気をまとっているようにみえるっつーか。
わたしのあたまのなかには中性=色気という回路ができあがっているのです。おほほ。
 
というわけで、特に意味もなく中性の名前をもつ方々にご登場願いましょう。


 
大泉洋は男性

一青窈は女性

You





藤原智美は男性

西本智実は女性

Tomomi





松山千春は男性

伊調千春は女性
 
Chiharu





甲斐谷忍は男性

大野忍は女性

Shinobu





立原あゆみは男性

海堀あゆみは女性

Ayumi





要潤、黒板純、石川淳は男性

長谷川潤、美保純、紫吹淳は女性

Jun





小山内薫、小林薫、北村薫は男性

八千草薫、高村薫、光宗薫は女性

Kaoru





以上、とっさにぱっとおもいつく中性名の方々でした。

写真は雄弁。なはず。

諄々と並べましたけども、このなかにひとりフィクションの登場人物がいます。
ぱっと見てすぐにどれだかわかったひとは、とりあえず表に出ようか。いっしょに富良野に行こう。


 
で、なにが言いたいかっつーと、
別にノンケに「彼氏」の名前を訊かれたときにラクだからとかいう理由ではなく、
彼女もじぶんも性別不詳な名前でよかったな。と、そういうことなんでした。
以上!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

我が家の中性お色気担当は、ただいまとなりで熱心にサックスのお手入れ中。

「あたいのサックス、百合の花が描かれてるのよ!」

あなたがぎょうざに包むもの

こんばんは、圭です。

昨日久しぶりに記事を上げて、やうやうブログ村に復帰。
ほんとはもうすこし早く復帰できるはずだったんだけれども、
N○Tから機材が届き、設定さえすればネットがつかえるようになっていたその日、
わたくし寝込んでおりまして。

のど風邪をひき、洟だぱだぱ、頭がんがんぎんごん、うっすら熱まで出したのです。
面目ねえ。


そんなとき、あきらさんは。

ヨーグルトを買い、のど飴を買い、
体温計を出し、冷えピタを出し、
涼しい部屋にふとんをのべ、
「そのくらいの風邪なら汗かいちゃったほうがいいよ」と風呂を沸かし、
薬ぎらいのわたしを説得して風邪薬を与え、タオルケットでわたしをくるむと颯爽とサックスのレッスンに出かけていきました。
 
ちなみに彼女、夜勤明け。


( ゜□゜)


ナースって、タフだね。

バファリン以上のやさしさ含有率を誇るあきらさんに、もうほんと頭が上がりません。


夕飯には、「食欲が落ちてないなら元気の出るものを食べようね」と言ってぎょうざを焼いてくれました。
風邪菌をぎょうざの皮に包みこんじまうわけにいかないので、タネを練るのも包むのも、あきらさんひとりのお仕事。

50個作ったんよ、あの子。
ひとりで。

熱に負けてうつらうつらするわたしの耳に、ときおり彼女のひとりごとが届きます。



「あーあ、タネ手水に落としちゃった」

「これ中まで火とおってんのかな」

「1個くずしてみっか…」



そして。



「圭さーん、焼けたよー」



お手本にしたいほどきれいにひだひだが付いたぎょうざが山盛りになっていました。
「キャベツとにら多め、焼きあがってもタネが緑色のぎょうざのほうがジューシーでうまい」というわたしの好みをみごとに反映させた、翡翠に羽がはえたようなぎょうざ。

すぐさまがっついたから写真は撮りそこねたけどな!


弱ったからだに生姜が、ねぎが、にらが利く利く。
惜しむらくは、鼻が完全につまっていて、味がよくわからなかったこと。

でもね、風味がわからないだけなんだよ。
おいしいってことは、わかるんだよ。
ありがとうね、あきらさん。



「プライスレスな調味料を入れてくれたもんねえ」

と、デレてみたところ、

「食べたらちゃんと薬のむのよ」

と、流されました。



「半分は冷凍してあるから、圭さんが治って味がわかるようになってから焼くね」



つくづく、よくできた彼女です。

さ、完治はしていないけれど、今日はわたしが食事当番。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

冷やし中華と同棲はじめました

こんばんはー、圭です。
お久しぶりです。

気づけば立秋を過ぎており、連日徹夜の寝不足レズを多数うみだしたロンドン五輪も終幕。
最後にブログを更新してから、だいぶ間があきました。

だが幸い、早く更新したい…と夢のなかでまでログインを繰り返していたおかげで、パスワードはしっかりと脳のしわに刻まれており。

つつがなく、ブログ再開です。

更新しないと宣言してあるというのに、日々覗いてくださる方がいらしたりして、あまつさえランキングクリックまで押してくだすてたりして、それがけっこう嬉しくありがたくおもえたわたしは露出狂。


 
さて。

まず、なにをおいてもこのことを書きたいな。書かねばな。


最愛の彼女あきらさんと、おつきあい5年めにして同棲をはじめました。


同棲。

きゃ。
甘やかなひびき。

なーんて恍惚とするほど乙女じゃねえわい、実際につかってみてからわかったけども同棲っつー表現て羞かしいね羞かしいわうおお羞かしいわ!

えー、ですから、今後わたくしは「同棲」ではなく「同居」ということばをつかいたいとおもいます。よろしいか。よろしいね。
 


引っ越した当日の夜は、ろくに寝られませんでした。
新しい環境で寝泊まりすると、いつもこうなるんだよなあ。

げほげほ、げっほげほげほ、ぐはっげほごほあはん
のどの鳴る音、ぜこぜこ、ひゅうひゅう

ビアンで鼻炎で呼吸器が弱いわたくし、軽いシックハウスです。
気管支拡張剤と簡易吸入器はお友だち。

翌日すぐに空気清浄機を買いに走ったのは、もちろん頼もしき我が彼女です。好き。

 
寝られなかった要因はもうひとつありまして、それは、ちょっとした夏の怪談。

深夜、ふるーい家屋の和室から廊下にかけて点々と血のしみが浮かびあがっての。
なんでも、この家に住むビアンで鼻炎で粘膜の弱い女が、テンションと体温の上がりすぎで鼻血を噴いたということじゃ。

鼻をつまみ、ティシュを求めて黒髪をふりみだす女。
鼻血は一向に止まらなくてのう、女は嫁さんから厳しく言われたそうじゃ。



「圭さん、ハッスル禁止だよ。また鼻血出ちゃうからね」



それでいったんはおさまったんじゃが、困ったことにのう、明け方、朝風呂をつかった嫁さんが部屋に戻ってきたと見るや、またもや鼻血ぴゅー



「湯上がりのあたしの色気にやられた?」



さらに一発ぴゅー


もうほんと、寝られませんでした。

ちなみにこのたび禁止された「ハッスル」とは、
ハッスルハッスル叫びながら手足をぐるぐるばたばたさせるという幼児がごとき昂奮行動のことであり、
決して性的昂奮を示唆するものではありません。邪推無用。


ところで。

引っ越してからすでに幾晩も経過しておるわけですが、
これからいつもあきらさんといっしょに食べて寝られるんだ!という嬉しさは、実はさほどこみあげていません。

なぜって、それは。

いまだに実感が湧かないの。

今は和室にふとん並べて寝ているんだけれども、なんつうの、きぶんは夏の山小屋キャンプ。
荷解きが完了していないために生活臭が薄い台所では、なにを作ってもおままごとのよう。
「ただいま」「おかえり」といった日々のあいさつも、新婚ごっこをやっている。みたいな。



「連泊しちゃったねええ、うっしっし」

「お、今日で5泊ですぞ、あきらさん」

「なんと、もう10日も経つのですなあ」

「おやまあ、3週間めですってよ」



毎日にやにやカウントするたび、かわいそうな目で見られています。

「夢みたい」とはこういう状況を指すのかもしれないね。


でもほんとうは、ここからが現実のはじまり。
じぶんたちがきゃっきゃうふふと同s…同居しているだけでは物足りない。
傍目にも、きちんきちんと暮らしている、なんだかしあわせそうである、そういうふたりでありたい。
 
ご近所さんは言いました。



「若い方たちが越してくるって聞いてたのよ。よろしくね。困ったことがあったら言ってね」



堅実な生活を築こうと決意しています。うっす。



以下、従前から読んでくだすている方向けの事務連絡!

カテゴリを編集しました。

あきらさんとのなれそめはこれまでどおり「おつきあい事情」へ。
中距離恋愛ちゅうの湿っぽい記事から「同棲のおしたく」シリーズ記事までは「同棲にいたる道」へ。
「カムアウト関連」は「セクマイばなし」に統合(まだ統合が完了していないのですが)
「ふたり暮らし記」を新設し、日常ネタを書く場を確保。
そしてネタがないときはこれ、「本日のうさぎ殿」。我らが愛息子、うさぎのべえやんを激写します。



かくて、ゆるりと再開。
あらためてよろしくお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ