« 暴露劇場その3 二重人格 | トップページ | おとうさん、わたしレズです »

上達するS■X

こんばんは、圭です。

はあ金曜日、金曜日!
しかし今週は、明日もまだ仕事があるんだな。
まる1日働くから、あきらさんには会えないな。
週末に会えないとなると、充電切れそうだな。寂しいな。

ってんで、3日前の火曜日、仕事帰りにふたりで夕飯を食べにいきました。
 

※分けます。










待ち合わせの本屋に行くと。
おっと、お嬢ちゃん、いいもん持ってんじゃねえか。ちょっと見しとくれよ。

先に着いたあきらさんは、入口の柱にもたれて『きのう何食べた?』の新刊を読んでいました。



「読み終わったら貸すよ」



はーい、待ってまーす。


夕飯は。
すしをこよなく愛するあきらさんが、元気ずしを提案。
回るおすしをもりもり食べました。

ここの板前のお姉さん、すっっごくきれいなのよー。

威勢はいいけれどしなやかで穏やかな優しさにあふれ、落ち着いた声でさりげなくおすすめを教えてくださる。



「わー、つやつやだ!」

ヒカリモノの背も。お姉さんのショートヘアも。



「なんてまろやか…」

トロの口あたりも。お姉さんの人あたりも。



「上品だねえ」

鱧のお吸い物も。お姉さんの声も。



「元気が出てくるね!」

おいしいすしを食べていると。お姉さんの笑顔を見ていると。

でれでれ。でれでれ。

すっかりさび抜き骨抜きになったレズふたり、腹をふくらませてカラオケに向かいました。


えー。
今回は、歌うことが目的ではなくてですね。
とりあえず、ふたりきりになれて、大きな音を出せる場所を目指したのです。きゃ。


あきらさんが、S■X上達したと言うので。
そのテクニック、見せていただきましょうと。
しけこみましたるフリータイム。




〜お披露目〜




おおー!
なんというえろい指づかい。

ものにしてるじゃないか。
サマになってるじゃないか。

すばらしい、すばらしい。


新しい趣味がほしいと言って、彼女が唐突に習い始めたSAX

「Amaging Grace」、「Scarborough Fair」、「雨に濡れても」、「ムーン・リバー」と、
わたしの好きな曲が次々に紡がれていきます。

サックスって、音をきちんと出せるようになるまでが長いと聞いたことがあるけれど。

半年でこんなに吹けるようになるなら、それはそれは楽しかろうね。
「楽器の練習歓迎」を掲げたカラオケ店で、深夜のパチ屋の駐車場で、
上達を目指し練習してきたあきらさんに脱帽です。

冬には発表会もあるんですって。
仕事と重なったりしなかったら、保護者のように厳かな顔で、聴きに行くんだ。
 

くちびると指と、力みのない愛情で。
また鳴かせて。
また聴かせて。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 暴露劇場その3 二重人格 | トップページ | おとうさん、わたしレズです »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/45484233

この記事へのトラックバック一覧です: 上達するS■X:

« 暴露劇場その3 二重人格 | トップページ | おとうさん、わたしレズです »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ