« おとうさん、わたしレズです | トップページ | 異国情緒を追求する週末 »

きらりぐさり母の勘

こんばんは、圭です。

父へのカムアウトについてごちゃごちゃ綴った前回の記事
ずいぶんたくさんの方が読んでくださいました。

わー
わかぞー
不器用だねー

って、他人事のように読みなおしたりもしましたが、
それでも「お疲れさま」と言ってくださるレズのおねえさま方があらせられる。

ぢーん。

ブログ、書いててよかった…。


それでさっ
母に対して、「わたしレズだよ」って積極的に言わないことに決めたんだけれどもさっ
その直後に、こんな記事書いてしまうけれどもさっ

んー
なんか
母に探りを入れられてんのかとおもいました、今日。


夕飯前に、母とふたりで柿の種ぼりぼり食っていまして。
わたしは寝そべって新聞の折り込み広告を読み読み茶をすすりつつ。
母はテレビを見つつ。



圭「これ、にゃかろんだって。猫形のマカロンだよ。食べちゃいたいね」

母「なんてお店? ねこまる茶房? 東京よね、こういうかわいいお店は東京よねえー」



お茶、ずずーっ


 
母「あんた、泊まるときふとんどうしてるの」



ずぶしごふっおえ゛

まんが的表現をするならば、こんな擬音で茶を吹くところです。
なんつー脈絡のなさだ、母よ。



圭「…借りてます」

あきらさんのベッドの半分を。



母「しょっちゅう泊まりに行っているから、あんた専用みたいなことになってんじゃないの」

圭「あーまーそーかも…? いや、でも、わたしのってわけじゃありませんよ」

家主がいっしょに寝てるからな。



母「そのふとんを、そのままじぶんのにする気?」

圭「いや、それはないっす。お客さん用のふとんはお客さん用のふとんです」

あきらさんちには、実際お客さん用のふとんが一組あるのです。
ま、わたしはつかったことないけども。

同棲するにあたりましては、新しくセミダブルベッドを買う予定だし。



母「圭は圭で、ちゃんとじぶんのふとん持っていかなきゃねえ…」

圭「え、いい、いい、要らない要らない。じぶんで好きなの買うから。実家から一組持ち出すとか要らないから、ほんと、そういうの要らないから!」



ぎゃー!
めんどい、めんどいよ。
どうしてそんな所帯じみた細かいことおもいつくんだろう。
 
そらそうか、所帯じみた細かいことに気をくばって30年やってきたひとだもの。

しっかし、
ふたり暮らしの餞別だなんつって、母にふとん用意されたらめんどうだな。
手出し無用、口出し無用、釘をさしておかなくちゃ。


と同時に。
ごめんね、おかあさん。
もしおかあさんが、探りを入れているのなら。
わたしは答えをはぐらかしていることになる。

「実は……、いっしょに寝ているんだ」

と事実で答えたら、それは、もしかしたら、
わたしとあきらさんとの関係を正しく理解してもらう一歩になるのかもしれないけれど。

ごめんね、おかあさん。
わたし、おとうさんと決めてしまったのですよ。

おかあさんには、黙っていようって。
今は、まだ。
 

いや、でも、この先いつか母にカムアウトすることがあるとしてもだ、
寝室事情には踏み込んでもらいたくない…な…

親でも。
親だからこそ。


既に同棲されている皆さま、そのへんいかがですか。
 
 
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« おとうさん、わたしレズです | トップページ | 異国情緒を追求する週末 »

05.カムアウト関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/45543431

この記事へのトラックバック一覧です: きらりぐさり母の勘:

« おとうさん、わたしレズです | トップページ | 異国情緒を追求する週末 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ