« 声色七変化の末路 | トップページ | 同棲のおしたく⑪いざ賃貸契約 »

刺激的なレズ

こんばんは、圭です。

昼休み。
職場の先輩(男性)が携帯電話を片手に、わたしの席にやってきました。

見上げ見下ろす顔と顔。
はらりこぼれる言の葉の。
意味を定かにつかみかね。



「…おれも、刺激を受けて彼を作ってみたんです」



※特に意味はないけど分けます。











彼…

彼…?

彼…!?

ま・じ・で!?




昼ごはんはとっくに食べ終えていたのに、噎せるかとおもいました。


これ、これって、あの、その、一大告白よね?

なんたること、なんたること!
まさか職場にゲイ仲間ができる日がくるとは。
そしてそのことを、本人の口から教えてもらえるとは。

1年と3ヶ月、同じ職場で働いてきたけれども、わたしのゲイダーはまったく反応しなかった。
教えてもらわない限り、気づかないままだった。

これはすごいことだ!

しかも「刺激を受けて」だって?

あれか、プライベート大充実のラブラブでれでれ若手レズに刺激されて、久しぶりに彼氏ハントをしたと、そういうことか。

このひとにカムアウトしてからいままで、独り身のゲイを刺激するほどのろけたんだっけか?
きゃーきゃー、じぶんが恥ずかしいよ。

   
どぎまぎしながらも、祝福のことばを贈ります。



「おめでとうございます。それはすてきですね」



彼は嬉しそうな照れたような表情で、続けます。



「写真があるんです」



わーおわおわお、それで携帯電話をお持ちなのね?
彼氏の写真を、わたしに見せてくださるって言うのね?
見せようとしているってことは、ご自慢の彼なのね?

ひゅーひゅーいつの間にー
のろけたいんだな、このこのー


 
「拝見していいんですか? 見ますよ、見ちゃいますよ」



示されるまま、画面を覗きこみます。

ああ、そこに映っていたものは。










Photo_3
註:イメージ画像












たっぷりとろり、皿いっぱいに盛られたカレー。

「刺激を受けて、カレーを作った」という報告。


いかなカレー好きのわたしも、こればっかりはちょっと脱力しました。


なんだ、「刺激を受けて」ってそういうことかあ。


さかのぼること5日。
実は、その男性といっしょに、これまた別の先輩(女性)の家にあがりこんでカレーをごちそうになっていたのです。
粉スパイスからよく炒めた、骨付きチキンのトマトカレー。豆の食感がたのしい。

それがとっても旨かったから、「刺激を受けた」のね。
そして写真を見せてくれたのは、わたしのカレー好きを知ってのことだったのね。
レズはお呼びでなかったのね。


妙に悔しくなって、じぶんの勘違いを話してみました。



「彼を作ったのかと、わたしの刺激を受けちゃったのかとおもってどきどきしちゃったじゃないですか」



そのひとはさんざん笑ったあと、にやりと一言。



「それは、すてきですね」



ひぎいああああ
やめて、さっきわたしが言ったのと同じことばをつかわないで!


どうやらわたしは、早とちりで心拍数を浪費したようです。


ちなみに先ほどのイメージ画像は、
このブログを立ち上げてしばらく経ったころ、つまり3年前にあきらさんが作ってくれた夏野菜のカレーです。

あの刺激的な味が、今年も恋しい。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 声色七変化の末路 | トップページ | 同棲のおしたく⑪いざ賃貸契約 »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

思わず声を出して笑ってしまいました。
お二人のやりとりが微笑ましいですね🤗
私も大のカレー好きで、辛党の彼女のおかげでどんどん辛いものにハマっていってます、、
圭さんは、カレーはどろっと派ですか?それともサラサラ派?

薫さん

こんな古い記事にコメントをありがとうございます。
そう言えばこんなこともあったなあ。

カレーならばなんでも好きですが、強いて言えばどろっと派。
さらさらは辛口でないとものたりませんが
どろどろなら甘口でもおいしいので!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/46002852

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激的なレズ:

« 声色七変化の末路 | トップページ | 同棲のおしたく⑪いざ賃貸契約 »