« 同棲のおしたく⑥突撃不動産! | トップページ | 同棲のおしたく⑧ふたりの関係 »

同棲のおしたく⑦突撃不動産!!

こんばんは、圭です。

あきらさんとの同棲を目指し、めぐるめぐる不動産。

おしたく⑤から続けて読んでね。


※長いので分けます。










【ピー】不動産を出た。
雨は降り続く。



「緑色の地球外生命体だって家を見つけてもらえるのに、レズはSUUM●星人以下か!」


Suuxx



あきらさんが憤る。


しかし、実は1軒めの不動産、収穫がぜろだったわけではない。

我々の希望のうち、どれがかくも物件を限定するのか、判ったのだ。
(こちらが訊いて初めて教えてくれたわけだが)



「ペット可の物件は、少ないんですよ」



なんと。
予想外だった。

おもわず食い下がる。



「うさぎでもでしょうか。鳴かないし、ケージで飼うので壁や床をかじったり汚したりはしませんが」

「ペット可と明示しているところ以外は、無理です」



そういうものであったか。
おもいいたらなかった。
認識が甘かった。

かくてすごすごと引き下がった我々ではあるが、切り替えの早さには定評のあるあきらさん。
さあ次いこ次!


優先順位2位の不動産屋へ…っとその前に。



あ「この近くにもう1軒、別の店があるみたいだよ」



オーライ、では先にそこへ行ってみよう。

2分ほど走った。



あ「迷った」



超方向音痴のわたしが強い親近感をおぼえて胸を熱くしていると、彼女は挽回するように言った。



「あ、ほら、ここ、ここも不動産だよ!」



目の前の駐車場に車を押し込む。
優先順位は6番めくらい、この日まわる予定にはなかった店だった。



「いらっしゃいませ」



あたたかい声。

しかし我々は、つい先ごろ痛い目をみている。
おいそれと気を許せない。



「予約も事前連絡もしていないんですが、よろしいですか…?」

「もちろんです!どうぞおかけになってお待ちください」



ほっ

そして対応してくださったのは、またまた女性の営業員。
先ごろ3度めの結婚をして話題になった往年のアイドルを、2まわり若くしたような。

この女性(以下松田さん)、我々が部屋を探していることを告げると、すぐに訊いてきた。
引っ越しの時期が決まっているかどうかを。


おおー。

これだけのことなのに、なんだか、すごくプロっぽい(失礼
慣れているって感じ。

「仕事は納期を確認するのが基本」。
入社研修で習ったフレーズがあたまのなかを右から左に流れていった。


続いて簡単に希望を説明すると、松田さんは。



「この条件だとよりどりみどりですよ。設定家賃を下げるとか、あるいはさらに絞り込んだエリアのご希望などはありますか?」



ぬぁにぃ?

そんな、いくら不動産屋によって手もちの物件に差があるとは言え、
「ないですね」が「よりどりみどり」に化けるものなのか?

おもわず彼女と顔を見合わせてから、おそるおそる話した。


実は、つい先ほど別の不動産を訪問したのだと。
この条件では、「ない」と言われてしまったのだと。
特に、「ペット可」が足枷になったようだと。


松田さんは、ふむふむと話を聞き、
やおらわたしの書き出した条件の紙を手にとると、



「ちょっとお借りしてよろしいですか。ご希望を満たす物件を出してまいります」



請け合ってくださった。

そして数分後、待ちに待った物件の情報が示されたのである。
それも、複数。

我々の希望を叶えたうえで、オプションの解説まであった。



「この物件は、周辺の道路が広くて環境もいいんです。あきらさんはお車で通勤されるそうですから、広い道はポイント高いのでは。圭さんはバスですね、大通りが近いのでバス停もすぐですよ」

「この物件は都市ガスで、毎月のランニングコストが安く済みます。南側が開けているので、日当たりが最高ですよ。今日みたいな雨の日でも室内が明るいです」

「この物件は、古いわりにきちんと新しいほうの耐震基準を満たしているし、大家さんが水回りもふくめて最近リフォームしたのできれいです。おすすめ度は下がりますが、同等の物件より安いですよ」

「女性のふたり暮らしだから、治安のいいところがいいですかねー」

「この物件の近くにはおいしいパン屋さんがあるんです」

 

ほおー。

身を乗り出して聞いてしまう。
もちろん松田さんはこれが仕事なのだから、営業トークだ。営業トークなんだ。

それでも、親身になってくださっているのを感じた。
ハートがあった。

お任せしようかな。
このひとに頼りたいな。

肚は決まった。


 
10分後。
我々ふたりは、松田さんの運転に揺られていた。
これから下見をしようとしている物件の、間取り図のコピーを握りしめて。

さ、翼の生えたブーツであきらさんと同じ青春走ってゆきますかね。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

はじめから→同棲のおしたく①いっしょに相撲

前へ→同棲のおしたく⑥突撃不動産!
続き→同棲のおしたく⑧ふたりの関

« 同棲のおしたく⑥突撃不動産! | トップページ | 同棲のおしたく⑧ふたりの関係 »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

おおー、圭さんの語り口、うまいー。
まさに地獄(的にアレな営業マン)から天国(的にまともな営業マン)の差が描かれていて勉強になります(笑。

ペット可、楽器可、ルームシェア可が物件の幅をぐぐんと狭めるのは事実で、賃貸業界では、「犬を買う前に、家を買え」と言う言葉があるほど。

そこをよりどりみどりと言ってくれる松田さん、かっこいー!
どんな内見だったのか、わくわく、次が楽しみです!

勉強だなんて、いやいや畏れおおい。
でもほんと、あまりにも営業員の質に差がありすぎて、じぶんで書いたくせにフィクションかとおもいました。

松田さんかっこいいでしょでしょ。
でも内見の話はちょっと先送りしますのでよろしく!

ヨコさんのリアルタイムレポ記事も、これから楽しみにしていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/45704589

この記事へのトラックバック一覧です: 同棲のおしたく⑦突撃不動産!!:

« 同棲のおしたく⑥突撃不動産! | トップページ | 同棲のおしたく⑧ふたりの関係 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ