« 箱根遠足③その日愛しい人に | トップページ | 箱根遠足⑤カレーとガラスの森 »

箱根遠足④王子さまの足あと

こんばんは、圭です。

箱根に行ってから早くも1週間。
しかし旅レポは続きます。


はじめから読む方はこちら

箱根遠足①記念旅行の始まり ②西洋骨董陶磁器店 ③その日愛しい人に


※『星の王子さま』を読んでいない方には一部意味不明かも。











 
ラリック美術館にて高級感びしばしの様式美を堪能したあとは、一転、子どもに返ります。
いざ、サン=テグジュペリ星の王子さまミュージアムへ。



「本日2館めだよ」のブイサイン。
France


あのね。
ここね。

『星の王子さま』を読んで、少しでもこころに残るところのあったひとは、行かにゃ損です。
我々ふたりとも、かの作品に泣かされた身でありますからして、たいへん感銘を受けて帰ってきました。



黄金週間まっただ中、晴天にもかかわらず空いていてラッキー。
Prince



こちらが入口です。



Entree



国境の短いトンネルを抜けるとおフランスであった。日の光が白くなった。

ミュージアムでありながら、同時に世界観を徹底したテーマパークのようでもある空間。
早速、気もちのいいフランス庭園にて王子さまに謁見しました。



優雅に礼するあきらさん。
Greeting



ごあいさつが済んだところで、
サン=テグジュペリの過ごした街をイメージ再現した通りを歩きます。



Path



ここに並んだお店には、実際に入れるわけではないのだけれども、
ショーウィンドウはちゃーんと凝っていて、覗くだけで楽しかったよー。

あきらさんもするりと街並みに溶け込んだので、1枚ぱちりと撮りました。


 
Cimg1752



あ「待ち合わせ風のポーズとってみたよ!」



看板に「ホテル」って書いてあるわよ。ホテルの前で待ち伏せ待ち合わせ?
なんと破廉恥な。懺悔を命令する!


ひとわたりフランス風の建物群にときめいたあとは、展示室に入ります。


こ・れ・が。すごかった。
遺族の皆さん、よくよく箱根を信頼して託してくださったんだなあーって。
サン=テグジュペリの写真や、彼に関する伝記風の解説だけならば、まあそれなりの資料館で終わってしまうのだろうけれど。

直筆の手紙。落書き。資料もあるある。
『星の王子さま』の手書き原稿まで。挿絵が本で見たとおりだわ。

ガラスケースの中の黄ばんだノートを見つめ、ただもう鳥肌でした。ぞわぞわ。

展示物だけでなく、展示室そのものの造りもとっても手が込んでいてね。
窓がなく、外がまったく見えないので、完全にその世界に嵌められる感じ。
ディズニー並みでした。いやあ、がんばった、TBS(運営)。

順路に従って次の部屋へ次の部屋へ進んでいくと、サン=テグジュペリの人生をなぞることとなりまして。
彼とその妻との関係を、王子さまと高慢なばらに重ねたり。
彼のペットのきつねの写真を見て、「なつかせて…」という耳の長いキツネの甘えた声を想像したり。



王子さまのばら。 
Cimg1755
※展示室内は撮影禁止。これは外の休憩室で撮影したものよ。


そしてたどりつく、最後の部屋。
小さな飛行機で飛び立ったまま、消息を絶ったサン=テグジュペリの「最期」を、ああ、こういう部屋で表現するのか…

王子さまの声が聞こえるようでした。
 
「ぼくは死んだように見えるかもしれない。でもそれは、ほんとうじゃないんだ」
うろ覚えなので用字てきとーです。


王子さまのめぐった星々が、プラネタリウムのように浮かびあがる中を、つまさき立ちで出口に向かいます。

あきらさんは既に半べそです。



「キツネェ…」



とつぶやいて、目をしばたたく彼女。おお、よしよし。愛しいったらないわ。


出口では、『星の王子さま』の他言語版が勢ぞろいして見送ってくれました。
うむうむ、こうして見ると、やはり、
「原題に忠実ではない」などと謗られることがあるとしても、
内藤濯氏の「星の」は出色だったとおもうなー。

ここはミュージアムショップも充実していて、妥協のないおみやげが買えました。ぱちぱち
お店の名前は、「五億の鈴」ですって。
お店そのものが、王子さまからわたしたちへのプレゼントなのね。しゃれてるう。


ちょっぴり泣いて、いのちの洗濯をしましたね、あきらさん?



「あー、おなか空いた! おなか空いたよ圭さん!」



わーい、わたしもおなか空いたー!

というわけで、次回やっとお昼ごはんへ。
 
 
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

前へ→箱根遠足③その日愛しい人に
続き→箱根遠足⑤カレーとガラスの森

« 箱根遠足③その日愛しい人に | トップページ | 箱根遠足⑤カレーとガラスの森 »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/45141603

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根遠足④王子さまの足あと:

« 箱根遠足③その日愛しい人に | トップページ | 箱根遠足⑤カレーとガラスの森 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ