« 湯西川温泉記①秘湯の民宿 | トップページ | 湯西川温泉記③落人の里 »

湯西川温泉記②山奥ディズニー

こんばんは、圭です。

あきらさんとの温泉旅行記、第2部を書くよー書くよー。


はじめから読む方はこちら。

湯西川温泉記①秘湯の民宿


※のろけまみれ旅行記です。












夜。
愛する彼女とのお泊まりデートの夜。

やることは、ひとつでしょう。


ロマンチックな夜のお散歩。


しかも、ただ歩くだけではなくてですね。
お目当ての祭りがあったのよ、祭りが。


お、やってる、やってる。


Tele



湯西川温泉かまくら祭りです。
日本夜景遺産とかいうものに認定された、静かな名勝。

ちょっと写真だとわかりにくいんだけれども、あきらさんが立っているのは川べりです。
2,3歩踏み出せば川に転落、というところ。

眼下に見えるのは、中洲に積もった雪の上にぱあーっと並ぶ、高さ30~50cmほどのかまくらたち。

かまくらの中には、ひとつひとつろうそくが燃えていてね。
冷たい空気の下、川風に揺れる小さな灯。その数2000。


橋の上から撮ってみました
Riverside



こんなところに初々しいカップルが来てみなさい、どうなるか目に見えているから。

「きれいだねー」

「え、あ、うん…」

意を決して手を握って、こそこそっとつなぎ返してもらって、ちょっと無言。
ちらっととなりを見たら、目が合っちゃったきゃー。うおおおまえら恥ずかしいよばか!


しかし。
もうじき4周年を迎える我々は、違ったね。


あ「きれいだねー」

圭「うっわ、足もとにちゃにちゃどろどろ。さっきまで雨だったからなー」

 
圭「写真、そうだひとの写ってる写真を撮ろうよ」

あ「しまった、まだ1枚も奇怪なポーズをとっていない…でもここはひとが多い…くっ」


あ「圭さん、出し物が始まるよ。ダンスだよ」

圭「ごめん寒くて腹こわした。トイレ行ってくる」


あきらさんはね、おやさしくていらっしゃるからね、
わたしがトイレで唸っている間のダンスを、録画しておいてくれました。

うう、ありがとう、もったいなや。
「げりぴーなう(´・ω・`)」なんてメールを送りつけた小汚い彼女のために、そこまでしてくれるとは。


おきつねさまの面をかぶったダンサーが火をともすと、ファイアダンススタート
Fire_dance



きれいな闇のなか、きつねの顔が白抜きに浮かび上がります。
「百鬼夜行にまぎれこんだきぶん」だと、あきらさんが言いました。

かくて幻想的に幕を開けたパフォーマンス、
曲が盛り上がるにつれて演舞も激しくなってゆきます。

そして、ついに。


Force



フォースだ! スターウォーズだ! ライトセーバーだ!


参考画像
Star_wars



完全に一致。



ダンスが終わってもわたしはこころ浮き立ったまま。
そう、夜は長いのですよ。

ファイアダンスのあとには、「オーロラファンタジー」という見せ物が始まりました。
しくみはよくわからないのだけれど、けむりを焚いて、レーザー光線をそのけむりに映しているって感じかなあ。

空が染まります。


Cimg1646  Cimg1647


光の三原色が飛び、踊る。
BGMといい、神話をからめたナレーションといい、まるで小規模なディズニーワールド。

星がよく見える山あいの空を広々とつかった、目に鮮やかなショーでした。



宿に帰る道、あきらさんは すすっとわたしの手をとってじぶんのぽっけの中へ。

て。
照れ。
照れる。

あなたのそういうところに弱いのだよ、わたしは。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 湯西川温泉記①秘湯の民宿 | トップページ | 湯西川温泉記③落人の里 »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

いつも思慮深い記事を書かれるので
コメントするときに力んでしまって
結局なにも言えないことが多いのですが
楽しんで読み逃げさせていただいてます。
旅行記、写真付きでおもしろかったです。
雪にあかりが映えるとすごく綺麗なんですよね!
圭さんの手をさりげなくぽっけに入れなさるあきらさん、さすが萌えどころを押さえていらっしゃる。。!
でも、げりぴーなうで噴き出してしまいました(笑)お大事にです。

あきらさんは帽子が素敵でサックスがとても似合う方ですねと
ネバヤが申しておりました(*´ω`*)
圭さんはピアノ弾かはるんですよね。ふたりで演奏されるときには
聴きにいきたいです!いいなあ!いいなあああ!

ユキさん

ししし思慮ぶかいだなんてあばば。
ゆゆゆユキさんに楽しんで読んでいただけているとは光栄至極です。
勝手に親近感をおぼえておりますからして。

あ、げりぴーは恢復しました(`・ω・́)ゝ

あきらのサックスもわたくしのピアノも、
ぜんっぜんひとさまに聴かせられるレベルではないのですが、
デュエットを夢みて精進しますどたばた

憧れのネバヤさんに「帽子が素敵」などと言われ、
彼女が浮かれておりますことを、あわせてここに報告いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/44555031

この記事へのトラックバック一覧です: 湯西川温泉記②山奥ディズニー:

« 湯西川温泉記①秘湯の民宿 | トップページ | 湯西川温泉記③落人の里 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ