« 点取り虫の看病 | トップページ | ブログの仕様を変えました »

鼻血止まらぬバレンタイン

こんばんは、圭です。

久しぶりに、あきらさんの家から更新しています。

「久しぶり」と言うのは、あきらさんのうち、しばらくネットが切断されていたためです。
ケーブルをね、うっかりしっかり我が家のアイドルべえやんにかじられてしまってね。
 
べえやんをケージから出して遊ばせるときは、ケーブルをじゅうたんの下にくぐらせて隠していたんだけどね、ヤロウじゅうたんごとかじりやがりました。じゅうたん、穴開きました。

あまりにも的確ないたずらに、しばし唖然。

べえやんの身の安全のため、やつをケージから出すときは、ケーブルを撤去することをあきらさんと約束。
はよう無線LAN飛ばそう。



さて。
バレンタインですね!

ちょっと気が早いのは承知だけれども。だけれども!

いやさ、あきらさん、今日わたしと会うや、爆弾発言かましてくれちゃったもんだからさ。


 
「今年最初のチョコレートは、圭さんからじゃなくて職場の子からだったよ」



とな。

待て待て、ちょおっと待て。

なに、なんなの。
もうもらったの。もらってしまったの。

大の甘党の彼女のため、細心の注意をもってチョコレートを選び、いつもありがとうと鼻息荒くプレゼントし、わああチョコレートだありがとう!という狂喜の声とともに彼女のとろけるような笑顔を受け取る予定だったのですよ、わたくしは。
 
それを。
先を越されてしまったと言うのですか。

不覚。

バレンタインデーに最も近い週末ですもの、今日買いに行こうとおもっていたのに。

しかも、その職場の方からのチョコレート、手作りだって言うじゃありませんか。

負けたな。ほんと、負けた。

ここは負けを認めた上で、だ。
こっちもなるべく早く贈りものをしたいよねって話です。


で。
わたしは、わたしにしかできないことをやるんだ。やってやるんだ。と心に決めました。
 
打ち破れ、バレンタインの常識を。
我を解き放て、手作りチョコレートの呪縛から。


「チョコレート以外じゃ、だめ…?」と言って小首をかしげた彼女のリクエストにお答えし、今年のバレンタインは舟和の芋ようかんを贈りました。


相手が喜んでくれるのが、いちばん。

舟和だってね、「和菓子でバレンタイン」なんてキャンペーンやってるんだからね。がんばってるんだからね。



ところで。
チョコレートって、食べすぎると鼻血が出るといいますね。
鼻血つながりで書くけども、わたし、最近よく同じ夢をみるんです。


鼻血が、止まらない夢。


※生々しいので分けます。

 










 
出血の状況は様々。

砂浜に倒れてひたすら出血していたり、
くしゃみしていたら、そのうち鼻から血が噴出したり、
じぶんが掘った落とし穴をのぞきこむようにして(酔っぱらってトイレの便器を抱きかかえるのと同じポーズ)、延々とたれ流したり。

とにかくただ、ひたすら大量に、ごふごふ血が出る。

止まらない。

口の中も血であふれかえって、噎せる。


ここ1ヶ月で何度も、何度も。
そういう夢をみているのです。

やーね、我ながらけっこうグロいこと書いてるね。
でも続けちゃうけどね。


で、そのことを、今日あきらさんに話してみました。


 
圭「…というわけで、しょっちゅう夢のなかで出血大サービスをしているのですよ」

あ「よし、夢占いをみてみよう」


 
おお、さすが勉強熱心・好奇心旺盛なあきらさん。


 
あ「…鼻血の出る夢は、物事が動き始める暗示」

圭「動き始めるのか。変化か。なんだろ」

あ「これまで不可能だとおもわれていたことが可能になります」

圭「謹聴、謹聴」

あ「血の量が多いほど、それは大きな利益を生む変化」

圭「わー。すごい量の血なんだよ、ほんと血の海ができるんだよ」

あ「ただし、ティシュでふき取るなど、止めようとしている場合は逆に損失を表すので注意」

圭「ばんざい! あのね、あきらさん、わたしね、流しっぱなしなの。止まらないの。ほんと、だだ漏れなの。止めようなんておもったことないよ」


 
なぜか必死にアピール。

ええと。
大きな変化で、これまで不可能だとおもわれていたことが可能になって、しかもじぶんにとって得になる…。


 
圭「わたしら、遂に結婚できちまうんじゃね!?」


 
大興奮のわたしをちらりと一瞥、あきらさんは最後の一文を読み上げました。


 
あ「鼻血が出る夢は、性的な悩みの象徴でもありま…あははははははっ



知ってるよほっとけよ、セックスレスだよ!


なんということでしょう。
夢占い、侮れません。
わたしの秘めたるおもいが暴露されてしまいました。


 
あ「ほおほお、こんな夢までみるほど、イチャコラしたかったのかあ」



あきらさん、このあとしばらく ほおーへえーふうーん、と、さんざんにやにや。
わたしがむっつりだと知って、そんなにうれしいですか。さようでございますか。



あ「まあ、今日もしないけどね。夢じゃなくてリアルに出血が」



そうですね。
生理中は一切手出し無用。それが我々の鉄の掟。


心底どうでもいい余談ですが、わたし生理を「女の子の日。キャッ」ていうの苦手です。



えー、そういうわけで、2週間ぶりのお泊まりではありますが、
スイートスイートフロートアパートなバレンタインは過ごさない方針の我々。
チョコレートもセックスもなし。なしなし。
 
それでも。
わたしのブログ更新を待ちながら、こたつで爆睡してしまった彼女が、何はなくともいとしい。
いとしくてたまらん。

ハンターハンターの総集編を枕に、ユニクロのしましまパジャマですやすや。なんて無防備。
寝ながらあたまをときどき掻きます。眉毛がぼさぼさです。
もうほんとにかわいい。天使、天使。


あんまりかわいくてほんものの鼻血が出そうです。

さ、記事をアップしたら、あきらさんを起こしてベッドに連れていこう。
熟睡しているところを起こした瞬間の、ほやほやっとした顔がまた萌えるのよね。楽しみ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 点取り虫の看病 | トップページ | ブログの仕様を変えました »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/44081135

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻血止まらぬバレンタイン:

« 点取り虫の看病 | トップページ | ブログの仕様を変えました »