« ワルいオトコ | トップページ | グレーゾーン! »

借金にまみれて

こんばんは、圭です。

ちょっとおかたくて明けすけな話をいたしましょ。

カネだよ、金の話だよ。




はい、まず国民年金保険の話。

20歳になったらみんな払うこの保険。

わたくしは、学生納付特例制度を活用して、
保険料の支払いを猶予してもらっていました。


月々1万5000円ほど、固定費として将来のために納める?
やあだー、もったいない。
そんな金があったらH●Bや●太郎で4,5回豪快に飲みますわ。


そういう学生でした。


そうして23歳の春まで学生ぶっこいて、さて昨年4月に就職。
先月届いた年金定期便には、3年ぶんとちょっと、きっちりと未納期間が記されていました。


こいつを払わなくても、将来受け取る年金額が安くなるだけ。

しかし。
薄給の女ふたりで生きていくつもりのわたくし、もらえる年金は千円でも多いほうがありがたい!
というわけでね、毎月1ヶ月ぶんずつ、未納分を払ってゆくことにしました。


地元の年金事務所に電話をかけ、追納の申し込みをし、
届いた分厚い納付書の束を、月に1枚ずつ消費する。

そんな日々のスタートです。

あ、払いそこねた年金は10年前までさかのぼって納めることができるんだぜ♪という豆知識。もしや常識?


それはさておき。
これがまあ、なんというか、始めてみれば地道な借金返済のようでな。
じぶんが文字どおり「未来ある人間」であることを変に意識してしまうのです。

未来あるつったって、「見通し明るい若者☆」とかそういう意味ではなく。
ほんとに文字どおり、明日もあさっても生きている(と思われている)人間という意味で。


将来永きにわたり、
あなたは金を稼いでは、
あなたが必要としたときにわたしが与えたものを、
わたしに返し続ける。ふはは。



そう言われながら暮らすってことですから。


ところでね。
わたくし実は、年金よりもっとはっきりくっきり明確な「借金」を抱えています。

それは。
奨学金。

大学に行きたい、家を出たい、東京にひとり暮らしだ!
と燃えた5年前、母に言われました。



「東京であなたがひとり暮らしできるほどの仕送りはできないから、奨学金を借りなさい」



ええ、借りました。
大金を借りました。
利子も膨大になりました。

いま、月々23,000円+αを返しているところなんだけどね、これがね、20年弱続くんだね。
おそろしや。



それでもさらに。

わたしはきっと、この先もうひとつ借金を背負いこむとおもいます。

家。
すまい。

あきらさんとふたりで生きていくならば、家なりマンションなり買ったほうがいいとおもっているから。

だってふたりとも給料安いでしょー、
定年は60でしょー、
で、日本女性の寿命何歳よ?

仕事を退いてから25年ものあいだ、家賃なんか払ってられっけや。

というわけ。


これはもちろんふたりで背負うものとして。



とりあえず。
わたしが奨学金を完済するときには、
となりにアラフォーのあきらさんがいてくれると信じてる。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« ワルいオトコ | トップページ | グレーゾーン! »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/43928171

この記事へのトラックバック一覧です: 借金にまみれて:

« ワルいオトコ | トップページ | グレーゾーン! »