« 初めてのS■X | トップページ | さよならクリスマスデート »

養子縁組、却下!

こんばんは、圭です。

過日11月22日は、いいふーふの日というんだそうな。
調べてはいないけれども、ワンワンニャンニャンで「ペットと戯れる日」ってな定義もある気がしますな。
なんて話題、12月になってから出すな、と言われそうな気もしますな。
 
それはそれとして。
 
そんな日に、我が敬愛する祖父が彼岸へ旅立ちました。
息を引き取るそのときまで祖母がみまもっていたと聞き、おおお、いいふーふの日じゃ…とうっすら涙ぐんだわたくし。


しかし。
そんな情緒的でうるはしい面だけを見て終わることはできないのが弔事というもののようです。
葬儀の形式、親族の軋轢と連携、家や土地のこともふくめた各種手続き、遺された祖母のこれからのこと。

否応なく、「家族」のひとつの姿を目の当たりにすることと相成りました。


※やや長くなるので分けます。










ところで。

我々同性カップルが「家族」になる手っ取り早い方法として、「養子縁組」なるものがありますね。
実際に縁組した方から「手っ取り早いとはなにごと!?」とお叱りを受けるかもしれないけれど、
そこは、同性婚認可を目指して活動するよりも手っ取り早いという理解でお願いします。

既存の制度を利用するのだから。


で。
この養子縁組。
我々カップル、「それは絶対にいやだよね」と話しています。

理由はとてもシンプル。


あきらさんの名前に、わたしの苗字は似合わないから。
それだけ。

制度上、誕生日の早いほうが「親」になり、「子」は親の苗字を名乗るんでしょう?
するてえと、わたしの方が早く生まれているから、あきらさんはわたしの「子」になるんでしょう?
彼女、わたしの苗字を名乗るんでしょう?

やだそんな、かわいそう。
あきらさん、かわいそう。


たかが苗字、とお思いでしょうか。
ならば例を挙げてみましょう。


瞳さんは、人見さんちに嫁ぐ前に、
真紀さんは、真木さんちに嫁ぐ前に、
佐和さんは、澤さんちに嫁ぐ前に、一瞬二の足を踏むんじゃないかとおもうのです。

澤選手の嫁になれるなら喜んで!というドレズは計算に入れないものとします。

田中彩香さんは「わたしの名前、ぜんぶア段なの」って言うだろうし、
星野志穂さんは「わたしの名前、上から読んでも下から読んでも同じなの」って言うだろうし、
水田麻理さんは「わたしの名前、水たまりなの」って言うだろうし、
田口由加さんは「わたしの名前、なんか四角いの」って言うだろうし、


まあつまりなにが言いたいかっつーと、苗字と名前って組み合わせ次第でネタ化し得るんです。
覚えやすくていいともいうけれども。


さて。
あきらさんがわたしの苗字を名乗るようになりますと。

荒木あきら

あるいは

吉良あきら

このくらい「え、それ本気で本名?」というような、あわれで醜い、かわいい我が娘となってしまうのです。

実際どんな名前になるのか知りたい方は、リア友になりましょう。



圭「やだよね、こんな名前はやだよね」

あ「やだ。やだな、やだ」



我が彼女はかやうに正直であるからして、わたしとあきらとが縁組を検討することは、まずもってなかろう。

年を重ねていくうち、制度が保証してくれるよすがを欲する日はくるかもしれない。
でもそれまでは、「家族」になれないふたりの関係をまもっていくだけで、いいかな。うん。

葬儀の後の会席で、
親戚のおっちゃんには「圭は早く結婚しそうだな」と言われ、
あんちゃんには「おまえまだ女とつきあってんの」と言われ、
レズとしてはちょっとクサクサしたのでこんな記事。おほほ。

既に「うちの嫁が」「うちの奥さんが」などと口にし合っていることはおいといて、一生こいびと同士でも、いいのよ?


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 初めてのS■X | トップページ | さよならクリスマスデート »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/43151341

この記事へのトラックバック一覧です: 養子縁組、却下!:

« 初めてのS■X | トップページ | さよならクリスマスデート »