« ないはずだったのに、母性愛 | トップページ | さよなら、愛の記録 »

勘違いアンチゲイ

こんばんは、圭です。

きのう平日にブログの更新なんてしちゃったら、文筆欲がふつふつと湧いてきたのであった!

さあさ連日更新しちゃいましょ。


職場でのカムアウトの話です。


※ちょっと長いので分けます。
 











そう、職場でのカムアウトの話なんだけれどね。
わたしね。

同期の連中には、ためらわずにヘイヘイカムアウトしています。
同期からさらに別のだれかへと、話が広まることもあろうけれど、なぜか大して気にならず。

プライベートについて突っ込まれれば、訊かれるままにほんとのことを言っています。
彼女がいるよーって。
わたしレズだよーって。


それでね。
こないだね。
やー、カムアウトに対する新しい反応を見たのよー。


これまでも、
大学の仲間。高校の友だち。きょうだい、両親…とカムアウトしてきて、
まーだいたい反応が類型化できていたのですが。


① 「うん、いいと思うよ」
 理解者アピール


② 「うん、知ってた」
 とっくにバレとるw


③ 「女同士ってセックスどうすんの」
 下ネタに走る


④ 「あたしの友だちにもいるよー」
 知人を引っ張る


⑤「意味がわからない!」
 無理解ミラクル


とまあ、だいたいこんな感じだったのですが。
ちなみに⑤は我が母です。


ついこないだカムアウトした同期の青年は言いました。



同「何それ、変だね圭さん、変わってるねーウケる( ^▽^)ノシ」



ちょ。
何これ。

わたし。
レズだっつって盛大に笑われたの初めてでした。



圭「そーなのよー、あなたから見たらきっと変だろうとおもうわー」

同「いやもう、ほんと変わってるよ、それ。へえええーおもしろーい!」



くずれない明るい笑顔。
目きらきらさせて、わたしのこと「変だ」って。「おもしろい」って。

今までこんな反応を見せたひとはいなかったなあ。


彼があまりにも「変・変!」を連発するので、
周囲にいた仲間は冷や汗だったらしく、フォローを入れてくれました。



「いや、おまえ、相手が圭だからいいけどな、ブチ切れられてもおかしくないこと言ってるぞ」

「変ってこたーないでしょ、別に、ねえ」



うむ。

変てこたーないのは、そう、そのとおり。
ひとによっては、「同性愛者 = 変」と呼ばわった彼に怒り狂うでしょう。

でもね、正直な感想を言おう。

わたし傷つかなかったよ。
変だって言われることに抵抗なかったよ。
むしろこの新しい反応、とてもすっきりしたきぶんになったよ。


セクマイって「被差別者さま」になっちまうことがあるのよね。
差別は悪で、差別撤廃を訴える側は正義 …ってことになってるから。

だからきっと、悪の差別者になり下がらないために、
本音では「同性愛は変だ」とおもっているけれど理解者ぶる羽目に陥っているひとって、いるとおもうの。


同期の彼は、「ぶっ」たりしなかった。
率直な感想を言った。
とっても、すがすがしかった。


もっと言えば、彼の言う「変」が一般論でなかったことにも、わたしは感銘を受けていたりしましたの。

「同性愛って、生物学的には異常」
「同性愛って、常識的に考えて変」


そんな言い方されたら、わたしだって「すがすがしかった」なんて言えなかったかもしれない。
不快だったかもしれない。


でもね、彼はね。
違ったのね。



「えー、おれだったら絶対女の子が好きだけどなー女の子がいいなー、圭は変だよー」



「おれだったら」
この一言ですぞ、この一言。

彼は、じぶんには理解できない「好み」としてわたしの恋愛をとらえてくれました。
彼は、わたしを変だと言ったけれど、
それは、

「えー目玉焼きに塩こしょうだけ? おれは絶対しょうゆがいい、おまえ変ー」

というのと同じ。

「えー塩こしょうおいしいじゃん。しょうゆなんて味濃すぎるよ、おまえ変ー」

と言い返せば済むこと。



「同性愛? うん、あれだよ、その、別に変なことじゃないよ、うん、いいと思うよ」

と、それなりにいっしょ懸命答えてくれるひとよりも、
実はずっとずっと差別意識の低い反応なんじゃないかな、なんて。

そんなことまでおもったりもしたのでした。



そのあと別の飲み会で顔を合わせた彼は。



「彼氏…じゃなかった、ごめんごめん、彼女げんき?」



ええ、そりゃ、もう。


「しょうゆ…じゃなかった、ごめんごめん、あなたは塩こしょう派だったね」
そう言ってもらえれば、じゅうぶんです。
 
 
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« ないはずだったのに、母性愛 | トップページ | さよなら、愛の記録 »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

更新待ってました!

自分も同じようなことを考えたことがあるので、
思わず画面の前で「なるほど」と言ってしまいました。

同じようなことを考えていても、自分はかたっ苦しく考えてしまう傾向があるので、
圭さんの記事は目から鱗です。

長ったらしくなってしまいましたが、つまるところ
「そうそう、それよそれ!」
というテンションです(笑)

相変わらず仲睦まじいご様子で何よりです。
これからも楽しみにしています!

keiさん、コメントありがとうございます。
おほほ、わたくしの記事も相当かたっくるしいと自負しております(どやっ

同意があるというのも嬉しいものですね。
ぼちぼち更新するので、お気軽にお越しくださーい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/41540316

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いアンチゲイ:

« ないはずだったのに、母性愛 | トップページ | さよなら、愛の記録 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ